Archive for the ‘ひきコミ70号’ Category

18.2009年7月に出かけたところ

飯能市の竹寺
7月26日、埼玉県飯能市にある竹寺を見学しました。この寺は、本尊である牛頭天王を拝し、本地仏である薬師如来を祀る神仏習合の姿を今に見る、東日本唯一の遺構です。
本殿に祀られている本尊の牛頭天王像は、十二年に1回、丑年にご開帳される、丑年の守り本尊です。平成21年は、丑年にあたっているために、3月15より、12月15日にまで、この牛頭天王のご開帳がおこなわれ、「竹寺 丑歳 大開帳」と銘打って、さまざまな行事がおこなわれています。
この寺では、精進料理でも知られています。武蔵野観音霊場33番としても知られています。奥武蔵俳句寺としても有名です。多くの俳人が、来ています。境内には、医王稲荷もあり、狐の像がたくさんありました。
私が来た日、本殿では、副住職の大野邦弘氏を導師に、牛頭天王像に対する法要がおこなわれていました。大野氏は、日本石仏協会の副会長もつとめられている方です。
7月4日の日本石仏協会の第183回石仏談話室(東京芸術劇場小会議室にて)では、「牛頭天王について」という、大野氏による講演がおこなわれていました。この講演で配布された資料によると、牛頭天王はスサノオノミコトと同じということです。
26日、竹寺の境内で昼食をとっていると、お寺で飼われている犬が、食べ物をほしそうな表情で近づいてきました。
ただ、この寺は、交通の便が悪く、西武池袋線飯能駅より、国際興業バス中沢行きにより、40分ほど乗り、終点の中沢で下車し、さらに40分ほど歩いて行った、山の中にあります。バスの本数も少ないです。ハイキングコースとして、親しまれています。
行きは、タクシーを利用しました。帰りは、幸運にも、寺のかたが、飯能市長選挙の投票に行くとのことで、車で中沢バス停近くの投票場に行くとのことから、中沢バス停まで車で送ってもらいました。

 

たばこと塩の博物館
7月18日には、渋谷区のたばこと塩の博物館を訪問しました。「第31回 夏休み 塩の学習室 しらべてナルホド! 塩づくり」という企画が開催されていました。小中学生や親子連れが数多くきていました。
博物館前の公園通りを通っていくと、代々木公園や渋谷区役所、NHK放送センターがあります。また「二・二六事件」で亡くなった人を供養する観音像である「二・二六事件 慰霊像」もあります。周辺には、北谷稲荷神社もあります。明治神宮のほうへ足を伸ばすと、原宿駅にでます。
原宿駅前の積雲画廊では、「中澤レイコ・グループ展」をやっていました。中澤氏は、中国から帰化したかたで、絵画教室の講師などもされているとのことです。私は、中澤氏に似顔絵を描いてもらいました。
原宿駅周辺には、宗教法人生長の家本部、渋谷区立中央図書館、東郷神社、竹下通りなどがあります。
生長の家本部では、建物の外側にある神様の像が印象に残りました。渋谷区立中央図書館は、歴史のある図書館で、私は興味のある民俗学や政治学の文献を見ました。東郷神社は、日露戦争の英雄である東郷平八郎を祀り、私が訪問した日には、結婚式をやっていました。竹下通りには、若い人向けの店が多く、若い人がたくさんいました。

 

グレース・ケリー写真展
また、7月22日には、日本橋三越本店にて、開催中の「グレース・ケリー写真展」を、見ました。アメリカを代表する女優の一人で、のちに、モナコ王妃になったことでも知られるグレース・ケリーのきれいな写真が多数展示されており、印象に残りました。