Archive for the ‘ひきコミ93号’ Category

41. 後楽園・狛江 そしてある高校生

野球体育博物館
 6月11日、野球体育博物館(東京都文京区後楽)に行きました。大学野球選手権に関する企画展示もありました。野球界に貢献した人の業績を讃える野球殿堂もあります。野球殿堂に展示されていた人の中では、阪神タイガーズや巨人の監督をした藤本定義、かつて、松竹ロビンスのオーナーをつとめていた田村駒次郎などが印象に残りました。

 『青鞜』創刊百周年記念
 同日には、文京区男女平等センター研修室A(文京区本郷)にて開催された「男女共同参画週間記念講演会 2011男女平等センター事業 『青鞜』創刊百周年記念 『元始 女性は太陽であった』……新しい女たち男たちのメッセージは今……」にも行きました。
 講師には、NPO法人らいてうの会会長で、「らいてうの家」館長で、元山梨県立女子短期大学教授で女性史研究者の米田佐代子氏でした。
 日本における女性解放運動のパイオニアである平塚らいてうが、男女共同参画社会の考えをさきどりした雑誌「青鞜」を創刊してから、今年は百周年にあたります。
 この講演会では、雑誌「青鞜」やらいてうの思想、らいてうとともに「青鞜」をつくったひとたちの人間模様などが語られていました。らいてうが男女平等の運動だけではなく、安保闘争や反ベトナム戦争などの平和運動に尽力したことも語られていました。
 同日には、近くの櫻木神社にも行きました。この神社では、天神様が祀られています。

天台宗玉泉寺
 同日には、狛江市東和泉にある玉泉寺という天台宗の寺院を訪問しました。この寺に安置されている不動明王像とおしゃもじ様という仏像が、かつて信者の家々を巡行する習俗があったことが、民俗学の研究者の間から衆目されていました。
 現在、境内には、西国三十三観音霊場の石像や六地蔵、地蔵、お稲荷様の狐などの石仏や石像があります。
 境内にあるボダイジュの木は、狛江市の指定天然記念物に指定されています。
 また、狛江市では、元和泉にある泉龍寺という寺院でも、かつてこの寺の子育て地蔵尊の仏像が、信者の家々を巡行する習俗があり、この習俗も民俗学の研究者の間で注目されていました。
 これらの巡行習俗に関しては、狛江市教育委員会発行「狛江市文化財調査報告書第8集 狛江市の巡行仏 -狛江市の民俗Ⅲ-」や松崎憲三著「巡りのフォークロア」名著出版などに詳しい記述があります。また、泉龍寺では、弁財天池も有名です。

アスペルガー症候群の高校生
 また、最近、気になることがありました。以前、近所の剣道道場に通っていました。そこにアスペルガー症候群の高校生が通ってくるようになりました。彼と私は、20ぐらい歳も離れていましたが、彼は、私に親近感をいだいたらしく、親しく話しかけてきました。
 アスペルガー症候群は、知的障害をともなわない自閉症ということで、彼は、学校でも友だちがあまりいなかったのでしょう。メールも頻繁に来ました。でも私は、彼と考え方や価値観などにギャップを感じ、彼と親しくなることがどうしても出来ませんでした。
 彼は、私の家に行きたいともいいました。誕生日プレゼントが欲しいというので、彼にプレゼントをあげたこともありました。さらに、私も郵便局で働くことになり、仕事を覚えたりするのが大変になって、剣道をやる余裕もなくなり、彼の相手をする余裕もなくなり、また、彼とはもう合いたくないという気持ちもおきて、剣道をやめました。
 私は、心が、狭いというか、心が大きくないということを強く感じました。私は、何年かして郵便局の仕事を覚えて、郵便局にしっかり定着して、心に精神的な余裕が出来たら、剣道を再開したいと思っています。そのときには、もっと大きな心を持って、彼に接していけたらと思います。