91 都内の巣鴨、三ノ輪、歌舞伎町あたりをめぐる 2015/9

江戸五色不動の一つ、目黄不動尊
まず、先月紹介した中目黒の正覚寺ですが、伊達騒動で知られる三澤初子のゆかりの寺院で、銅像や墓があります。
8月20日には、旧巣鴨村の総鎮守で、有名な大塚の天祖神社に行きました。境内には、子育て狛犬、稲荷社、縁結びのイチョウ、「君が代」に歌われたさざれ石などがあります。
8月24日には、三ノ輪の浄閑寺に行きました。この寺は、吉原の遊女が死んだときに
死体が投げ込まれた寺院で、遊女を供養する「新吉原総霊塔」があり、永井荷風の文学碑もあります。
他にも墓地にひまわり地蔵尊や独特の表情が印象的な地蔵尊もありました。遊女たちの悲しい歴史を感じさせる寺院です。
境内にも「南無阿弥陀仏」と刻まれた如来の石像もありましたが、比較的、最近のものです。近くには目黄不動尊もあります。目黒不動や目白不動とともに、江戸五色不動と云われた寺院です。
近くにある飛不動尊は、飛行機など航空関係の安全にご利益のある寺院です。境内には、仁王の石像もあります。近くには、最上稲荷もあります。
三ノ輪にはトイ・ボックスという有名なラーメン店もあり、食べたことがあります。行列のできるほどの人気店で、スープに生卵の味が効いているのが特徴です。近くの家には壁面に個性的な男性を描いた、印象深いペイティングがありました。
その足で、鶯谷の元三島神社に行きました。元弘の弘安の役の際に、河野通有が伊予国大三島神社に、必勝祈願して、分霊を勧請した神社です。下谷七福神の寿老人を祀っています。
近くに安倍首相と、東京都議の服部ゆくお氏が並んでいるポスターがありました。
その足で、平井のもう一つの目黄不動尊にも行きました。平井の駅前は、近くの神社の
お祭りが近いらしく準備をしていました。
近くに、衆議院議員の大西ひでお氏と安倍首相が一緒に写っているポスターがあり、日本共産党の区議会議員のセバタ勇氏の事務所もありました。
目黄不動尊には、観音像などの石仏群、最勝稲荷、仁王門があります。周辺にも寺院がいくつかあり、境内には地蔵尊、稲荷社、「永代供養」と刻まれた如来の石像がありました。

新宿歌舞伎町の近くの花園神社など
8月29日には、三井記念美術館で「蔵王権現と修験の秘宝 天空の神と仏」という特別展を見ました。奈良の吉野金峰山や、「投げ入れ堂」で知られる鳥取の三佛寺などの文化財を展示しています。
同日には、鎌倉国宝館で、「仏像入門 ミホトケをヒモトケ」、平塚市美術館で「ペコちゃん展」も見ました。
8月31日は、川崎市中原区の大戸神社にも行きました。境内には、「天照皇大神」の碑、
狛犬、稲荷社、「平和の礎」碑、「御嶽神社」碑、庚申塔などがあります。
9月2日には、新宿歌舞伎町のゴールデン街近くにある花園神社にも行きました。芸能関係者の信仰が厚い芸能浅間社や、区の文化財に指定されている銅の唐獅子像などがあり、「酉の市」で知られています。
近くの鬼王稲荷神社は厄除けや、干支の縁起物で知られます。近くの長光寺には、境内に「しあわせ薬師」のお堂や観音石像があり、島崎藤村ゆかりの寺院でもあります。

Leave a Reply

XHTML: You can use these tags: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong> <img localsrc="" alt="">