ひきこもり家族セミナー(千葉市)

ひきこもり家族セミナー(千葉市)
「不登校」「ひきこもり」は、病名ではありません。
けれど、ひきこもっている若者の中には、病気を抱えている人もいます。
生活を見守る家族の方は、どこから心配すべきか、迷っていませんか。
社会に居場所が見つけられず引きこもっている若者に、どのように対応していいかわからず、悩んでいるのではないでしょうか。
本人に先んじて、動ける人から動く、という方法があります。
ご家族の方、同じ状況にある人達の話をきいて、参考にしてみましょう。
恥ずかしい事ではありません、ご自分も本人のことを話して、悩みを共有し、解決の糸口を考えましょう。
毎日の生活で、家族が安心して本人と接することが出来るようになるために、セミナーに参加して、学んでみませんか。
 
開催日程:平成29年2月24日(金曜日)時間13時30分~16時30分
会場:千葉市こころの健康センター会議室(センター内に案内あり)
対象者:家族に、不登校・ひきこもりの若者がいる、家族の参加をお待ちしています。
「家族の対応を考える」というテーマで、参加者が、今困っている状況について話し、助言を受けます。
千葉市こころの健康センターまで:電話番号043(204)1582

第32回公的扶助研究関西ブロックセミナー

第32回公的扶助研究関西ブロックセミナー 開催要綱

貧困・格差・不平等~できる支援とは
《と き》 2017年2月25日(土)10時00分~16時30分
(※午前9時30分から受付を開始)
《ところ》 尼崎市立中央公民館 尼崎市西難波町6丁目14-34 (06-6482-1750)
《主 催》 第32回公的扶助研究関西ブロックセミナー実行委員会

一部の先進諸国では、格差社会の広がりが大きな社会問題となり、既成政治への批判が強まっています。
我が国においても、生活保護利用世帯が史上空前となるなど、貧困問題が深刻化しています。
政治戦略として選択された経済成長政策は、国民の生活を豊かにすることはありませんでした。
経済政策の恩恵を受けることなく格差の拡大と貧困に苦しんでいる国民への手当は不十分で、逆に所得の再分配機能を有する社会保
障を後退させようとしています。
そして、生活保護法改正後の運用も変わり、資産申告の定例化、扶養義務の履行指導の強化、転居への指導指示など、保護利用者の苦しみや不安に共感する寄り添う支援ができにくくなっています。
一方では、生活保護現場は背負いきれない業務量が強いられていますし、雇用が不安定な非正規の職員も増えています。
ケースワーカーの余裕がなくなり、生活保護利用者への効果的な支援を難しくしています。
困窮する人々を救済し、人が人らしく生きられるよう最低生活を保障するというのが生活保護業務に携わる者の使命です。
要保護者や保護利用者の生活に向き合って、住民の貧困・格差・不平等の解消を考えなければなりません。
ケースワーカーが誇りを持ってできる支援を行えば、様々な問題を抱えた生活保護利用者の生活も変わるに違いありません。
福祉事務所を地域の人々から頼りにされる機関にしていきましょう。

進学支援に特化した独自の取り組み「発達障害(LD、ADHD、ASD)・グレーゾーンの進路選択セミナー」

進学支援に特化した独自の取り組み「発達障害(LD、ADHD、ASD)・グレーゾーンの進路選択セミナー」開催のお知ら

2月25日(土)に大阪、2月26日(日)東京にて開催。
発達障害児童の進学支援に特化した「個別指導のコーチング1」による、LD、ADHD、ASD等の発達障害・グレーゾーン児童の保護者を対象とした進路選択セミナー。
「特別支援教育」と「普通教育」のメリット・デメリットを比較しながら、中学受験・高校受験の可能性を考えるイベントです。
株式会社AXT(本社:東京都新宿区、代表取締役 岡田彰秀)が運営する「個別指導のコーチング1(以下、同団体)」は2月25日(土)に大阪、2月26日(日)東京にて発達障害・グレーゾーン児童の保護者を対象にした「発達障害(LD、ADHD、ASD)・グレーゾーンの進路選択セミナー」を開催します。
教育業界では「特別支援教育」という制度で発達障害児童の支援が進んでいます。
一方で「特別支援教育」に移籍すると教育課程の違いから「普通教育」へ復帰することが難しく、進学・進路が限定されるという問題が生じています。

今回のセミナーは「特別支援教育」と「普通教育」のメリット・デメリットの比較、中学・高校受験の可能性とリスクの考察、発達障害児童を受け入れている学校情報などを提供し、発達障害児童とその保護者に適切な進路選択を行ってもらうことが目的です。
進学支援に特化し、2123件の相談事例(2016年12月時点)に基づいた同団体のノウハウと独自情報が凝縮された内容になっています。
参加費は無料、事前予約制となります。

【進路選択セミナーの概要】
実施日時:
[大阪]2017年2月25日(土)10:30~11:30(10:15会場)
[東京]2017年2月26日(日)11:30~12:30(11:15会場)
会場:
[大阪]阿倍野市民学習センター第一会議室(大阪府大阪市阿倍野区阿倍野筋3-10-1-300)
[東京]ちよだプラットフォームスクエア・506会議室(東京都千代田区神田錦町3-21)
テーマ:発達障害(LD、ADHD、ASD)・グレーゾーンの進路選択セミナー
対象:発達障害・グレーゾーンの生徒の保護者
参加費:無料
プログラム概要:
1.発達障害児童の進路についてのアンケート
2.特別支援教育のメリット・デメリット
3.中学・高校受験の可能性とリスク
4.事例紹介
5.質疑応答

“子どもの貧困って何ですか?”

“子どもの貧困って何ですか?”
~データからひも解く現代社会の実態~
2017年2月25日(土)13:30~15:00(13:00開場)
会 場 コーププラザ東葛
(旧東葛組合員会館:松戸市中根長津町12 定員40名)
講 師 松戸市役所子ども部・教育委員会学校教育部参事監
胡内 敦司さん
参加費 300円
要予約:参加ご希望の方はお電話またはメールでお申し込みください
保育あります(無料)
お子様の年齢・人数を2月16日までにお知らせください     
 子どもの未来を考える会
 副理事長 井口 和子
 ☎ 047-347-8370 
   090-8509-8932
 comikamail@gmail.com

教育講演会 いま最も大切な 親・家族の役割とは~社会的ひきこもりと不登校からの旅立ちに~(埼玉県富士見市)

教育講演会 いま最も大切な 親・家族の役割とは~社会的ひきこもりと不登校からの旅立ちに~(埼玉県富士見市)
悩み苦しんでいる子どもや若者が自分の道を歩むようになるには、親や関係者はどのように支援すればよいか考えます(無料、申込不要)。
とき/2月25日(土)午後1時30分~4時
(午後1時開場)
場所/水谷公民館
講師/村上公平(きみひら)氏(NPO法人おおさか教育相談所 理事・相談員)
相談・意見交換会(要予約)
講師を交え、自由に話し合います
とき/2月26日(日)午前9時30分~正午
場所/水谷公民館
共催/不登校・引きこもりを考える親の会「まわりみち」
問合せ/水谷公民館
TEL 049-251-1129
〔広報ふじみ 平成29年2月1日号(NO.917)〕

映像で考える不登校「わが子の心が見えない」「登校拒否に打ち勝つ」

映像で考える不登校「わが子の心が見えない」「登校拒否に打ち勝つ」を上映します。
とき 2月25日(土) 午後1時30分から
※当日会場へ直接
定員 100人(先着順)
費用 無料
申込・問合先 大阪府門真市青少年活動センター
 TEL 072(800)7523
※木曜日は休館

〔広報かどま 平成29年度(2017年)2月号 〕

ひきこもりの子どもを持つ「家族のための勉強会」(神奈川県鎌倉市)

ひきこもりの子どもを持つ「家族のための勉強会」(神奈川県鎌倉市)
対象は就労に問題を抱える子を持つ家族。
各先着30人。個別相談もあり(本人の相談は後日)。
*2月25日、3月4日の土曜日…湘南・横浜若者サポートステーション(小袋谷) 15時00分~17時00分
【申し込み】同ステーション 電話42-0203
〔広報かまくら 2017年1月1日号〕

脱・ひきこもりを地域・家族で支援する『若者が一歩を踏み出すためにできること』

脱・ひきこもりを地域・家族で支援する『若者が一歩を踏み出すためにできること』
日時:平成29年2月25日(土曜日)午後6時から午後8時まで
会場:府中駅北第2庁舎 3階会議室
対象:わが子の自立や就職に悩む保護者または関係者・支援者
定員:先着50名(無料)
内容:セミナー
現代の若者事情と動けない「わが子」「あの子」への接し方
講師:育て上げネット保護者支援員

かつしか区民大学「不登校は問題行動か?」

かつしか区民大学「不登校は問題行動か?」
葛飾区には、「かつしか子ども・若者応援ネットワーク」という、子どもや若者を支援しているネットワークがあります。
不登校に悩んでいる方、保護者の方、サポートしたい方、ネットワークと一緒に話してみませんか。
タイトル:「不登校は問題行動か?」
内容 前半:(加藤主事に)葛飾区内の不登校の現状・対応についてのお話。
  後半:年齢などを参考にしながら、話し合いのしやすいグループに分かれて、不登校を考えます。参加者の皆様は、聞いているのみのご参加でも大丈夫です。
場所:かつしかエコライフプラザ(立石図書館3階)
開催日:平成29年2月26日(日曜日)
時間:午前10時 から 午後0時30分 まで
会場:かつしかエコライフプラザ研修室(〒124-0012 東京都葛飾区立石1丁目9番1号 )
対象:どなたでも
申込方法:往復ハガキ、ファクスまたは電子申請で、「不登校」・住所・氏名(フリガナ)・年齢・電話番号(ファクス番号)をご記入の上、お申込みください(多数抽選)。

不登校状態等の児童・生徒とその保護者支援事業 (京都市)

不登校状態等の児童・生徒とその保護者支援事業 (京都市)

対象 不登校状態かその傾向にある、市内在住か市立学校在籍の(1)小中学生(2)小中学・高校生の保護者(3)小中学・高校生
申込み・問合せ 生徒指導課(電話213-5622、FAX213-5237)に申込方法を確認の上、開催日の(1)(2)前日(3)3日前までに(必着)。多数抽選

(1)ぷらねっと・クラブ=2月16日10時(6時間)
生きものとの触れ合いを通じた交流
会場 フリースクールわく星学校(左・岩倉長谷町)
料金 500円

(2)あんようほのぼの・ワークショップ=2月22日・3月2日14時(2時間)
専門家を招いての学習会他
会場 ギャラリー恒河沙(北・紫野下鳥田町)
料金 無料

(3)きらきら☆ボクシング=2月26日10時(2時間)
ボクシングを通じた支援
会場 本橋プロボクシングジム(山・大宅細田町)
料金 高校生1850円、小中学生800円

〔きょうと市民しんぶん 平成29年2月1日〕