#不登校は不幸じゃないin東大阪

#不登校は不幸じゃないin東大阪

イベント形態/座談会
内容・講師等/専門家の先生も交えての座談会。当事者同士の情報交換、カウンセリング等 参加対象:学校がつらいお子さん、その周辺の大人、過去に不登校経験のある方
開催日時/2019年8月18日(日)午後1:00~午後5:00
会場/コミュニティサロン&レンタルスペースえがお(大阪府東大阪市花園東町1-17-30、河内花園駅から徒歩七分)
参加費/500円(高校生以下無料 お茶・お菓子を用意します)
主催者/宿女和子
ホームページ/https://atumare-egao.jimdofree.com/
メールアドレス/3ndga@ahk.jp

ユースアドバイザー養成講座(奈良県天理市)

ユースアドバイザー養成講座(奈良県天理市)
<市政ニュース>ユースアドバイザー養成講座令和元年度受講生募集
ユースアドバイザー養成講座とは、ニート・ひきこもりなど、社会生活を円滑に営むことに困難を有する子どもや若者を支援する上で必要な知識やスキルを学ぶ講座です。
現代社会の中で若者が抱える悩みや現状などについて学びながら、子ども・若者支援とは?自分に何ができるのか?など考えてみませんか。
子ども・若者支援に少しでも関心のある人なら誰でも大歓迎です。
時間:13時30分~15時
場所:市役所5階533会議室(第2回のみ地下B31会議室)
定員:50人(先着順)
申込み:電話または申込書により申込み(郵送・FAX可)
申込書は市ホームページからダウンロードできます
◇本年度の講座一覧表
8月20日(火)「夢てんり」の活動とユースアドバイザーとの連携事例
9月9日(月)よりどころのない現代青年の心を支える
11月17日(火)若者支援の高齢化について(5080問題)
12月17日(火)ひきこもり支援にとりくんで10年
20年1月9日(木)傾聴ボランティアの活動と傾聴スキル
主催:子ども・若者支援てんりネットワーク
問合わせ:教育総合センター
〒632-0033天理市勾田町109番地1
(【電話】63-0316/【FAX】63-0053)
〔広報「町から町へ」2019年8月号 奈良県天理市〕

悩みを抱える子ども・若者のための合同相談会(静岡市)

■悩みを抱える子ども・若者のための合同相談会
不登校やニート・引きこもり・発達障害などの悩みに個別で応じます。
対象:おおむね40歳未満の不登校やニート・引きこもり・発達障害などで悩んでいる人またはその家族、学校関係者など
日時:8月24日(土)午後0時30分〜3時30分
場所:静岡市教育センター(静岡市葵区)
参加料:無料
※入退場自由
問合せ:県教育委員会社会教育課
【電話】221-3305
〔広報ふじえだ 令和元年8月5日号〕

夜間中学卒業生等「第8回 花咲け出愛 スピーチ大会

夜間中学卒業生等「第8回 花咲け出愛 スピーチ大会」ご案内

【日時】8月25日(日)午後2時~5時(開場1時30分)

【会場】アクロス荒川・1階ホール(荒川区荒川二丁目57-8 TEL03-3803-6221)

     (東京メトロ千代田線[2番出口]及び京成線「町屋駅」より徒歩5分)

 http://www.arakawa-shakyo.or.jp/facility/across_arakawa_access.html 

【入場料】無料

【主催】夜間中学校と教育を語る会 (連絡先:庄司 080-5913-8287 ) 

■スピーチ大会当日、以下資料を各20部ご用意する予定です。

【その①】「第1回~第7回スピーチ大会・記録誌」(1部200円でお分けします)

【その②】パンフレット「夜間中学の基本事項Q&A ~義務教育機会確保法と文部科学省の方針を踏まえて~」改定第3版

(2018年8月9日 夜間中学校と教育を語る会)

【その③】パンフレット「不登校・形式卒業者の方の学び直しの場 夜間中学」(2016年3月 夜間中学校と教育を語る会)

研修会「発達障害ってどんな障害?」(茨城県鹿嶋市)

◆鹿島病院からのお知らせ 研修会「発達障害ってどんな障害?」
トリプル発達障害の沖田×華先生を再びお迎えして、当事者が望む支援について考えます。
講師:佐藤奈美医師 コメンテーター漫画家 沖田×華先生
内容:発達障害について
期日:8月27日(火)
時間:14:00~15:15(受付13:30~)
場所:鹿嶋市勤労文化会館大ホール
対象:精神障害者支援に携わる方、教育関係、公的機関、一般の方
参加費:無料
申込方法:氏名・所属・職種等を記入の上、FAXでお申し込みください。
※一般の方は申込不要。
申込期限:8月16日(金)
問合せ・申込先:主催:公益財団法人鹿島病院
【電話】0299-82-6538
〔市報行方 お知らせ版 No.149(令和元年8月1日)〕

不登校を考える集い(福岡市)

夏休み明けに子どもが学校に行けなくなったとき、どうしたらよいのかを一緒に考えます。
基調講演は、不登校サポートネット代表の長阿彌幹生(ちょうあみみきお)氏です。
不登校を経験した若者の体験談の発表もあります。
日時:8月31日(土)午後1時半~4時半
場所:西市民センター視聴覚室
対象:不登校の生徒の保護者や家族、または支援者
料金:無料
申込み・問合せ:電話か、ファクスまたはメールで氏名(ふりがな)、電話番号を書いて、8月30日(金)までに区生涯学習推進課
(【電話】895-7026 【FAX】882-2137 【メール】gakushu.NWO@city.fukuoka.lg.jp)へ。
〔福岡市政だより 西区版 令和元年8月1日号〕

いじめ・暴力防止市民フォーラム(兵庫県丹波市)

■いじめ・暴力防止市民フォーラム開催
市民全体にいじめ・暴力をなくそうとする意識の輪を広げます。
日時:8月31日(土)午後1時30分~
場所:ゆめタウンポップアップホール
問合せ:学校教育課(山南庁舎内)
【電話】70-0811
〔広報たんば 2019年7月号〕

基礎教育保障学会第4回研究大会

基礎教育保障学会第4回研究大会について、

詳細は右学会ホームページ「大会情報」をご覧ください。http://jasbel.org/taikai  
  

<9月1日(日)研究大会>

【会場】京都教育大学・藤森キャンパスhttps://www.kyokyo-u.ac.jp/access/access01/  

8:30受付 9:00 ~10:00総会

10:00~10:20特別報告:「教育機会確保法の見直し作業の現状と夜間中学増設の動向」

     岡田敏之さん(京都教育大学/文部科学省 夜間中学設置推進・充実協議会座長)

10:30~12:30全体シンポジウム:「困難な状況にある子どもたちと基礎教育保障」

    村井琢哉さん(NPO法人山科醍醐こどものひろば理事長)

    地主明広さん(NPO法人そら理事長)

    高田一宏さん(大阪大学大学院人間科学研究科教授)

12:30~14:30昼食・ポスター発表/14:30~17:00自由研究発表・実践報告/17:30~19:30交流会

【ポスター発表】(12:30~14:30)

 京都市立洛友中学校    代表者:川端宏幸

 札幌遠友塾自主夜間中学  代表者:遠藤知恵子

 識字・日本語連絡会    代表者:森 実

 トヨタ財団国際助成プログラム・日韓基礎教育共同プロジェクト 代表者:長岡智寿子

 夜間中学校と教育を語る会 代表者:庄司 匠

【研究発表・実践報告】(14:30~17:00)

 【第1室】自由研究発表(F棟1階・F12講義室) 司会 樋口とみ子(京都教育大学)

  14:30~14:55 韓国で識字能力はどのように測られているのか

         ○金侖貞(首都大学東京)・新矢麻紀子(大阪産業大学)

  14:55~15:20 沖縄戦は義務教育未修了者を生み出したのか?

          ―日本の有人離島における国勢調査小地域集計とカウントデータ分析

         碓井健寛(創価大学)

  15:20~15:30 休憩

  15:30~15:55 千葉県における識字・日本語学習支援活動と子ども・若者支援への展開

          ―日本語教室データベース「あなたの町の日本語教室」を手がかりに

         相良好美(東京大学)

  15:55~16:20 定時制高校高校生の学ぶことへの想いと要求―アンケート調査から

         鈴木敏則(東京理科大学大学院)

  16:20~17:00 討議

【第2室】自由研究発表・実践報告(F棟1階・F16講義室)司会 津田英二(神戸大学)

 <自由研究発表>

  14:30~14:55 夜間中学実践における対話を支える要因についての一考察

 溝内亮佑(九州大学大学院)

  14:55~15:20 生活困窮家庭の子どもが地域活動に参加する可能性

          ―乳幼児期からの地域参加支援実践の事例より

         相戸晴子(宮崎国際大学)

  15:20~15:30 休憩

  15:30~15:55 インクルーシブな基礎教育の保障は脆弱性の開示につながるか

         ○井上太一(神戸大学大学院)・猪原風希(神戸大学大学院)

<実践報告>

  15:55~16:20 視覚障害当事者による「読書バリアフリー」のための理解促進の啓発と教育的実践

          ―誰もが「文字・活字文化の恵沢を享受できる社会の実現」に向けて

         渡邊健一(図書館と市民をつなぐ会・相模原)

  16:20~17:00 討論

【第3室】実践報告(F棟2階・F26講義室) 司会 桜井克典(尼崎市立成良中学校琴城分校)

  14:30~14:55 自主夜間中学「えんぴつの会」における高齢中国帰国者の日本語教育実践報告

         奥元さえ美(自主夜間中学「えんぴつの会」スタッフ)

  14:55~15:20 「学ぶこと」で 生きてきた私をみつめ直す

         黒川優子(鶴見橋よみかきありがとうの会)

  15:20~15:30 休憩

  15:30~15:55 大学が識字・日本語教室を開設・運営する

          ―大阪教育大学における実践をふりかえる

         ○岡田耕治(大阪教育大学)・○森実(大阪教育大学)

  15:55~17:00 討議

【基礎教育保障学会事務局】ホームページhttp://jasbel.org 

メール:info@jasbel.org 所在地:福岡大学・添田研究室

 〒814-0180福岡県福岡市城南区七隈八丁目19番1号

第15回児童虐待防止に関する講演会(栃木県小山市)

小山市制65周年 第15回児童虐待防止に関する講演会
日時:2019/9/1(日)13:30~15:50(13:00開場)
会場:文化センター小ホール
内容:
(1)講演会 講師:NPO法人「だいじょうぶ」理事長 畠山由美氏
演題:「もうだいじょうぶあなたはひとりぼっちじゃあない」~児童虐待を防止するために地域社会ができること~
(2)パネルディスカッション「小山市の児童虐待防止の取組みと課題」
座長:栃木県公認心理師協会会長 秋場博氏
コメンテーター:NPO法人「だいじょうぶ」理事長 畠山由美氏
パネリスト:大木こどもクリニック院長 大木丈弘氏
小山市こどもの居場所「おひさま」代表 高橋弘美氏
市教育委員会学校教育課職員
市子育て包括支援課職員
対象:子育て中の保護者、子育て支援に関わる方、一般市民
定員:350人程度※参加無料、申込不要
問合せ:子育て包括支援課
【電話】22‒9854
〔広報小山 2019年8月号〕

ひきこもり家族学習会(大阪府泉佐野市)

■ひきこもり家族学習会
日時:9月3日(火)13時30分〜15時30分
ところ:泉佐野保健所3階講堂
内容:ひきこもりの正しい理解とコミュニケーションのヒント
講師:浜中利保(りほ)さん(三家クリニック医療福祉相談室長)
白石裕一さん(ひきこもり体験者)
対象:ひきこもり状態にある人の家族
定員:先着20人
申込み:8月1日(木)から電話で
問合せ:泉佐野保健所
【電話】462・4600
〔広報はんなん 2019年8月号〕