「こどもの貧困」について考える:第7回

〈シリーズ「こどもの貧困」について考える:第7回〉 開催要綱

支援サービスの狭間で浮遊する10代の子どもたち

~「居場所」を喪った中学卒業後の子どもたちの現実
&必要とされる支援とは?~ 

1.趣旨
ネグレクト・虐待、不登校、ひきこもり、あるいは「非行」などにより学校や家庭、地域の中に「居場所」を見つけることができないまま中学を卒業した後に進学や就職もできない(しない)、あるいは高校中退を余儀なくされ“浮遊”している子どもたちがいる。その中には「アンダーグランドの世界」(夜の世界)で生きる道を選択せざるを得ない子どもたちもいる。
いったん「世間が求める通常のレール」を外れてしまった子どもたちを待ち受ける現実は、厳しい。また、そのような子どもたちをサポートする既存の支援サービスも、子どもたちのニーズを満たすものとはなり得ていない。
    私たち「おとな」がすべきことは、既存の制度・サービスの中身を問い、そしてその枠組みを超えた、子どもたちが自らの人生に希望を見いだし、自らを取り巻く世界に対して信頼を抱き、自らを肯定して生きることができる、そのような「居場所」(支援サービス)を創り出すために努力することであろう。
    本シンポジウムでは、“浮遊”する子どもたちが直面している現実から彼・彼女た
ちの「リアルな姿」と「声なき声(ニーズ)」を学ぶことを通して、必要とされる支
援のあり方について皆さんと一緒に考えてみたい。

2.主催 独立型社会福祉士事務所 子どもと家族の相談室 寺子屋お~ぷん・どあ
共催 一般社団法人 てのひら
一般社団法人 静岡県社会福祉士会 こども家庭福祉委員会
   
3.後援(予定) 静岡県、静岡県教育委員会、静岡市、静岡市教育委員会
         社会福祉法人静岡県社会福祉協議会
         
4.開催日時 平成31年2月17日(日曜日)12:00~17:00

5.会場 静岡県総合社会福祉会館シズウエル 7階703会議室
       〒420-8670 静岡市葵区駿府町1番70号
       TEL:054-254-5221  FAX:054-254-5210  ※次頁に地図

6.参加対象者
      県・市町行政職員、こども家庭福祉従事者、学校教職員、教育・福祉・心理・医療・保健・司法などの領域の支援者、スクールソーシャルワーカー、スクールカウンセラー、「子ども・若者の居場所」「こども・若者・女性の貧困」などの問題に関心のある方など。

7.定員 200名(先着順に受付し、定員になり次第、締め切らせていただきます)

8.参加費 無料

9.その他 
本シンポジウムは「平成30年度 社会福祉法人静岡県社会福祉協議会 ふれあい
基金」の助成を受けて開催されます。

10.シンポジウム内容 ※次頁

11.お申し込み先 別紙参加申込書に必要事項を記入し、一般社団法人/静岡県社会福祉士会事務局までFAX、メールまたは郵送にてお申込みください。
   〒420-0856 静岡市葵区駿府町1番70号 静岡県総合社会福祉会館シズウエル4階
        E-mail:shizuokacsw@yr.tnc.ne.jp
        TEL:054-252-9877 FAX:054-252-0016
※申し込み締め切り:2月8日(金)

【個人情報の取り扱いについて】
本シンポジウム申込者の個人情報は、本シンポジウムの運営、及び今後のシンポジウム等のご案内、ネットワーク作りに係る目的のみに使用し、他の目的で使用することはありません。

12.お問い合わせ先
    独立型社会福祉士事務所 子どもと家族の相談室 寺子屋お~ぷん・どあ
    (事務局)〒424-0901 静岡市清水区三保1554の1
         TEL 090-8155-4046(川口正義)
         E-mail:terakoya.open-door@nifty.com

生活保護の自動車保有問題を考える公開学習会

 生活保護行政の現場では、どんなにオンボロの自動車であっても「資産」であるとみ
なされ、持ったままの生活保護利用は原則として認められていません。そのため、特に
地方で、母子家庭をはじめとする多くの生活困窮者が生活保護の利用をあきらめ、保護
基準以下の生活を余儀なくされる事態を招いています。

 資産価値のない自動車も「資産」とみなす、このような運用の不当性は以前から指摘
されてきましたが、厚生労働省も平成30年度ブロック会議の際、全国の福祉事務所に
対して自動車保有要件の緩和についての意見聴取を行うなどの動きが見られます。

 そこで、今改めて、この問題の運用や裁判例の現状と課題を学び、自動車保有要件の
緩和に向けて、どのような取り組みが必要か、議論をする場をもうけることとしました

思いをともにする方々とともに考えたいと思います。多数ご参加ください。

日時:2月17日(日)13:30~16:30
     (受付開始 13:00)

場所:エル・おおさか南館南734号室
  (大阪市中央区北浜東3-14)

資料代:1000円(申告により無料)

申込:不要・定員74名

【プログラム】
■DVD上映
「弱い人が車に乗れるようになった日~佐藤キヨ子さんの闘いの記録」

■特別対談
「生活保護の自動車保有をめぐる裁判を闘って」
佐藤キヨ子さん(枚方自動車保有訴訟原告)
森田みち子さん(枚方・交野生活と健康を守る会事務局次長)

■特別報告
「地方都市の実情~福井からの報告」
茂呂信吾さん(弁護士・北陸生活保護支援ネットワーク福井事務局)

■基調講演
「生活保護の自動車保有問題をめぐる現状と課題」
吉永純さん(花園大学教授)

■質疑・意見交換

主催:生活保護問題対策全国会議/反貧困ネットワーク大阪

ひきこもりCRAFT家族教室〈全10回/相模原市〉

ひきこもりCRAFT家族教室〈全10回/相模原市〉
ワークブックを使って、引きこもりの仕組みや家族間コミュニケーション、問題解決の方法などを学び、実際に練習します。
日時:平成31年2月18日、3月11日の月曜日 午後2時~4時
会場:ウェルネスさがみはら
対象:社会的に引きこもりの状態にある人の家族
定員:8人(申込順) ※事前に面接あり
申し込み:直接か電話で、精神保健福祉センター(電話042-769

発達障害にかかる巡回相談(奈良県)

発達障害にかかる巡回相談(奈良県)

発達障害について心配・不安のある人や、その家族からの相談を行います。
「奈良県発達障害者支援センターでぃあー」の専門職も交えてお話をお聞きします。
秘密は厳守しますので、気軽にご相談ください。(要事前予約)

巡回相談日:2月19日(火)午前9時~午後4時
場所:役場内会議室
申込:福祉子ども課窓口または電話でお申し込みください。
申し込み時に、簡単な聞き取りと、巡回相談の時間の予約をします。
なお、相談枠が定員となった時点で受付を終了しますのでご了承ください。

問合せ:福祉子ども課
【電話】内線125
〔広報斑鳩 お知らせ版 平成31年1月15日号〕

発達障害にかかる巡回相談(奈良県斑鳩町)

発達障害にかかる巡回相談 (奈良県斑鳩町)
発達障害について心配・不安のある人や、その家族からの相談を行います。
「奈良県発達障害者支援センターでぃあー」の専門職も交えてお話をお聞きします。
秘密は厳守しますので、気軽にご相談ください。(要事前予約)
巡回相談日:2019/2月19日(火)午前9時~午後4時
場所:役場内会議室
申込:福祉子ども課窓口または電話でお申し込みください。
申し込み時に、簡単な聞き取りと、巡回相談の時間の予約をします。
なお、相談枠が定員となった時点で受付を終了しますのでご了承ください。
問合せ:福祉子ども課【電話】内線125
〔広報斑鳩 お知らせ版 平成31年1月15日号〕

韓国と日本におけるひとり親家族支援と支援団体の現状とこれから(大阪)

韓国と日本におけるひとり親家族支援と支援団体の現状とこれから

現在の韓国におけるひとり親家族研究の第1人者と言える、協成大学のソンチョンヒョン教授とソウル特別市ひとり親家族支援センター長のイヨンホさんをお招きして、韓国の支援の現状について報告していただきます。

どうぞ、ふるってご参加ください。

1 日 時:2019年2月19日(火)13時30分から16時

2 場 所:大阪府立男女共同参画センター(ドーンセンター)大会議室1(4F)

     大阪府大阪市中央区大手前1丁目3-49

3 題 目:韓国と日本におけるひとり親家族支援と支援団体の現状とこれから

4 報告者:

1 日本におけるひとり親家族の支援と支援団体の今 神戸学院大学教授 神原文子

  2 韓国ひとり親家族支援政策の現状と争点    韓国協成大学教授 ソン チョンヒョン

  3 ソウル市のひとり親家族支援政策-センターの事業を中心に-

                    ソウル市ひとり親家族支援センター長 イ ヨンホ

  4 日本における男女共同参画センター等におけるひとり親家族支援

             (一財)大阪府男女共同参画推進財団 理事兼本部長 仁科あゆ美

  5 外国籍のひとり親家族の支援における現状と課題 

                 (一財)アジア・太平洋人権情報センター 研究員 朴君愛

5 入場無料

6 問い合わせ先:opecom0219@gmail.com

神戸学院大学現代社会学部 神原文子研究室

〒650-8586 兵庫県神戸市中央区港島1丁目1−3

神原 文子(KAMBARA Fumiko)

神戸学院大学現代社会学部現代社会学科教授

〒650-8586 神戸市中央区港島1-1-3

TEL:078-974-1551(代表)

E-mail:kambara@css.kobegakuin.ac.jp

家族グループミーティング「ひきこもり専門相談実施」(茨城県稲敷市)

家族グループミーティング「ひきこもり専門相談実施」(茨城県稲敷市)
当事者を抱える家族同士の交流ならびに、家族がどのように本人に関わっていくか考えていく場です。
同じ悩みを持つ方々と、日頃のさまざまなことを話し合いませんか?
日時:原則毎月第3水曜日
平成31年2月20日、3月13日(※第2水曜日)》午後1時~(予約制・要事前面接)
場所:竜ケ崎保健所
担当相談員:心理士および保健師
費用:無料
その他:グループで話された内容は、秘密を厳守します。
問合せ:竜ケ崎保健所【電話】0297-62-2367
〔広報稲敷 平成30年7月号〕

「ひきこもり家族教室」(鳥取県倉吉市)

■「ひきこもり家族教室」(鳥取県倉吉市)のご案内
ひきこもりで悩んでおられるご家族とひきこもりに関する学習や情報交換をし、家族がどのような対応をしたらよいかを皆さんで考えます。
日時:平成31年
2月21日(木)、3月20日(水)
午後1時30分から午後3時まで
場所:中部総合事務所2号館(福祉保健局内)
2階保健指導室(倉吉市東巌城町2)
※初めて参加される人は事前に下記までご連絡ください。
問合せ先:中部総合事務所福祉保健局障がい者支援課 心と女性の相談担当【電話】23-3147
〔広報ことうら2018年7月号〕

公的扶助研究関西ブロックセミナー

●第34回 公的扶助研究関西ブロックセミナーを開催します!
【テーマ】貧困・格差・「健康で文化的な生活」に向き合う私たち~より良い未
来に向かってつなぐ~
【日時】2019年2月23日(土)9:45~16:30
【場所】神戸女子大学 ポートアイランドキャンパス
【参加費】(一般)1,500円、(大学生以下)無料、(会員) 500円
【懇親会】(自由参加)3,000円(会場近くを予定しています)
【参加申込みはこちら】
  https://ws.formzu.net/fgen/S11419946/
【詳しいくはこちら】 34回関西ブロックセミナー要項.(全国公扶研HP参照

http://www.kofuken.com/)

 公扶研Facebookページ

→◆午前の部 (午前9時45分 ~ 12時15分)=全体会

○「高校生は貧困と生活保護にどう向き合ったか
~大阪府立松原高校の取組み~」
大阪府立松原高校の生徒さんと木村悠先生

松原高校では、総合学習で「誰もが自信をもって生きていける社会は実現可能か」
をテーマに、生徒さんたちが、「貧困は自己責任なのか」について、駅でのアン
ケート(100人)をとったり、生活保護ケースワーカーにインタビューしたりす
るなどして取り組みました。
その結果、貧困は自己責任ではないことを学び、「1ミリでも世の中を変えるき
っかけ」にするため、高校内外で「子ども食堂」を始めています。その取り組み
の内容と高校生の思いをお話しいただきます。

○「児童福祉施設からみた子どもの貧困と行政への期待」
宮本 由紀さん (乳児院「神戸少年の町」施設長)

公的扶助の分野で子どものいる世帯の支援ではつい保護者中心になりやすく、子
どもの状況にまで目が向けにくい状況があると指摘されています。ドラマでも生
活保護ケースワーカーが児童福祉施設に出向くシーンがあったように、実際に施
設とケースワーカーとの連携により世帯に統合する時の支援がスムーズにいくこ
とがあります。公的扶助分野が子どもの問題、貧困を理解する視点を違った角度
から持つ必要があると思われます。児童福祉施設での実践から見える問題提起、
そして行政だからこそ可能な支援への期待を語ってもらいます。

○「子どものいる世帯の生活保護ケースワーカーの役割」
山田 祐子さん (神戸市役所 東灘福祉事務所)
近年生活保護行政において子どもの発達支援、進学・就学支援が大きく捉えられ
てきています。ケースワーカーが子どもに意識的に関わる支援をしていくことで、
的確に世帯を把握でき、さらに世帯がいい方向に変わる可能性があります。児童
相談所、生活保護、児童虐待支援の場面で長くその意識を持ちながら世帯を支援
してきた山田さんから、生活保護ケースワーカーだからこそ可能な支援と期待に
ついて話してもらいます。

●公的扶助研究関東ブロックセミナーを開催します。
【テーマ】福祉のおもいでつながるソーシャルワーク
【日時】2019年2月16日(土)10:00~16:15
【場所】埼玉県立大学南棟2階(東武スカイツリーライン「せんげん台」駅西口
より、徒歩20分または、バス(埼玉県立大学行)5分)
【参加費】(一般)2,000円(会員・学生)1,000円、【交流会】(自由参加)4,
000円
【詳しくは】関東ブロックセミナー開催要項.(全国公扶研HP参照

http://www.kofuken.com/)

【参加申込みはこちら】https://form.os7.biz/f/09bb81f9/