夜間中学ドキュメンタリー「こんばんはII」上映会と意見交換会>

夜間中学について1/18(土)静岡で上映会と意見交換会が開催されます。
以前こちらのMLでもお知らせを流してくださっていました、近くなりましたので恐縮ですが再度の情報提供です。
(今日、高知県・徳島県が県立夜間中学の設置を決めたというニュースも飛び込んできました^^)

2020年1月18日(土)13:30〜18:00
アイセル21ホール・参加費300円
気軽にご参加ください。
詳しくは下記チラシ・趣意書・新聞記事などご覧いただければ幸いです。
(ダウンロードアドレス)

https://yahoo.jp/box/w9dCDj

・・・
秋山博子 
425-0071静岡県焼津市三ケ名(サンガミョウ)815-1
Tel:054-621-5757  
Fax:054-621-5747
090-1981-8760 
pirori2@plum.plala.or.jp
・・

https://www.hirokohiroko.com/

https://www.facebook.com/hiroko.akiyama.56

プロボノ×NPOの交流会~必要な人材と出会うためには~

プロボノ×NPOの交流会~必要な人材と出会うためには~

<概要>
社会貢献活動を行っているNPOが組織運営をしていく中で悩み事はあるけれど、
ミッション遂行や日常業務に追われ、根本的な解決ができない状態でいる
団体が数多くいます。 その中で組織運営等について支援してくれるのが、
個人が持つ職業上のスキルや専門的な知識を生かしたボランティア活動「プロボノ」。
今回の交流会をきっかけにNPO団体とプロボノ支援団体の両者が出会うことによって、
NPO本来の活動が、より具体的なものへ進展することを願って開催します。

日時:2020年1月18日(土)13時30分~16時30分
場所:新宿NPO協働推進センター 5階501会議室
参加費:500円(資料代等)
定員:50名
対象:NPO/NGO団体、中間支援団体(プロボノ支援等も含む)、
社会貢献活動に興味のある個人の方

<内容>
(1)基調講演「プロボノとは」
曽根 泰夫 氏 (COACH/HRD 人事コンサルタント)
認定NPO法人サービスグラント元番頭として各地でプロボノについて
普及活動やプロボノワーカーのケア、プロボノ活動に参加しやすい方策等を行ってきた。

(2)社会貢献活動応援団体の紹介

①BLP-Network
瀧口 徹氏(副代表 弁護士)
ビジネス法務の知識や経験を活かしてNPOやソーシャルベンチャーを法的に
支援したいという意識を持った弁護士のネットワーク。これまで100件以上の
案件を対応してきた。またネットワーク著書にNPO等の法律案件ケースをまとめた
「NPOの法律相談知っておきたい基礎知識 60」を出版。

②認定NPO法人藤沢市民活動推進機構
手塚 明美氏(理事・事務局長)
1998年NPO法の制定をきっかけに、藤沢市民活動推進連絡会の創設に参画。
2001年~2013年藤沢市のNPO支援センターのセンター長を務める。
NPO支援の在り方を柱に、情報収集と発信を進め、NPOを中心とした
非営利組織のマネジメント支援、ソーシャルビジネスの起業支援、
NPOと他セクターとの連携支援に取り組んでいる。

③認定NPO法人サービスグラント
岡本 祥公子氏
プロボノワーカーが持つビジネススキルや専門知識を活かして、
社会的課題解決に取り組む非営利組織(NPO・地域活動団体等)の
基盤強化を支援する「プロジェクト型助成」を行っている。

(3)パネルディスカッション

(4)交流会

<お申込み方法>
イベント名、氏名、所属(役職)、電話番号 (なるべく携帯)を
下記問い合わせ先までご連絡下さい。

<問い合わせ先>
新宿NPO協働推進センター(休館日:毎月第2火曜、年末年始)
交流事業担当:西郷・島・谷田川
電話:03-5386-1315(受付:9時~21時)
mail : hiroba@s-nponet.net

<施設案内>
当施設では全国のNPO法人、ボランティア団体、企業のCSR活動等の
社会貢献活動を対象とした会議室、多目的室等の施設貸出も
行っています!
利用方法等の詳細は下記HPをご覧ください!!
Facabook : https://www.facebook.com/shinjuku.npo.center/
Homepage : https://snponet.net

児童養育の実状

テーマ 児童養育の実状(乳児院などの新しい役割)
   代替養育のあり方が国の方針として大きく変わろうとしています。
      講師は里親支援事業に携わっており、自身当事者として新しい
      あり方を実践しています。
講 師 都留和光氏(当事二葉乳児院長、里親支援機関受託)
講師の背景などは添付チラシ参照してください。
日 時 1月18日(土)18時30分~
主 催 Npo法人フク21フラットホーム(代表:福田茂雄)
会 場 千代田区かがやきプラザ研修室1・・地下鉄九段下駅 徒歩3分
参 加 参加自由(20名定員・・連絡先 info@npofuku21.org)
——————————-
青葉紘宇090-6938-0246
東京養育家庭の会 所属
aobakouu@yahoo.co.jp
———————-

ひきこもりについて家族同士(鳥取市)

ひきこもりについて家族同士(鳥取市)
〇5回目:2020年1月21日(火)10:00~12:00(受付9:45~)
講演:「ひきこもりについて学び、対処や工夫について考える」
講師:鳥取県立精神保健福祉センター所長 原田豊先生
〇6回目:2020年3月17日(火)10:00~12:00(受付9:45~)
講演:「家族の関わり方と役割について」(2)
講師:ひきこもり生活支援センター理事長 山本恵子さん
※いずれの回も交流会を予定しています。
場所:さわやか会館3階多目的室(住所:鳥取市富安2丁目96)
問合せ:鳥取市保健所障がい者支援課
【電話】0857-22-5616
〔 広報いわみ 2019年7月号 No.718 鳥取県岩美町 〕

2019年度「ひきこもり家族教室」(鳥取市)

2019年度「ひきこもり家族教室」(鳥取市)
ひきこもりに至る経過はさまざまで、いくつかの要因が重なっていると言われています。
ひきこもりについて家族同士で交流してみませんか?
日時:10:00~12:00(受付9:45~)
内容:
〇5回目:2020年1月21日(火)
講演:「ひきこもりについて学び、対処や工夫について考える」
講師:鳥取県立精神保健福祉センター所長 原田豊先生
〇6回目:2020年3月17日(火)
講演:「家族の関わり方と役割について」(2)
講師:ひきこもり生活支援センター理事長 山本恵子さん
※いずれの回も交流会を予定しています。
場所:さわやか会館3階多目的室(住所:鳥取市富安2丁目96)
問合せ:鳥取市保健所障がい者支援課
【電話】0857-22-5616
〔広報いわみ 2019年7月号 No.718 2019年度〕

ひきこもり家族教室(愛知県半田市)

ひきこもり家族教室(愛知県半田市)を開催します

■認知行動療法をベースとした学習会と家族会
「ひきこもり100万人時代」と言われる昨今。
ひきこもりの方への支援にあたっては、専門機関や地域との関わりもさることながら、まずは一番身近にいる家族の理解と協力が必要不可欠となります。
そこで、家族自身の負担を軽減することや家族関係を改善することを目的に、臨床心理士が“当事者と向き合うコツ”についてお話します。
日にち・内容:
(5)令和2年1月25日(土)・・・・・上手にほめて望ましい行動を増やす
(6)令和2年2月8日(土)・・・・・・・先回りをやめ、望ましくない行動を減らす
(7)令和2年2月22日(土)・・・・・家族自身の生活を豊かにする
(8)令和2年3月7日(土)・・・・・・・相談機関の利用を上手に進める
※全8回のプログラムです。いずれかの内容のみへの参加を希望される場合はご相談ください。
時間:13時30分~15時30分
場所:一般社団法人JAWS(有楽町6丁目62番地ボラン有楽1階)
対象:市内在住で、ひきこもりの方を抱える家族(本人も可)
定員:10名(先着順)
講師:有馬正道氏(一般社団法人JAWS/臨床心理士)
受講料:無料
申込み・問合わせ:11月1日(金)~19日(火)に、電話、Eメールで一般社団法人JAWS(半田市生活困窮者就労 準備支援事業受託団体)へ
【電話】0120-987-618
【メール】info@jobaws.or.jp
〔2019年(令和元年)はんだ市報11月1日号(NO.1500)

福祉行政を考える連続学習会ー自治体の福祉行政を調べる:組織、民間委託、職員の仕事

大阪弁護士会・大阪精神保健福祉士協会・ 大阪医療ソーシャルワーカー協会・大阪社会福祉士会の4団体共催企画、

◆福祉行政を考える連続学習会

がもうすぐ始まります。

福祉行政がその本来の役割を果たすためには、福祉行政には、十分な専門性、過重負担とならない人員体制、経験・スキルを蓄積できる人事異動、地位の安定性などが保障される必要があります。

しかし、福祉行政の現場では、職員の専門性が軽視され、人員削減による過重負担、頻繁な人事異動、非正規化や外部委託化による地位の不安定化が推し進められる傾向が顕著です。

そこで、さまざまな現場の実態と課題を把握することを通じて、社会保障・社会福祉を利用する市民のために、本来あるべき福祉行政の姿を創るには何が必要かを考える連続学習会を企画しました。

多数ご参加のうえ、現場や市民からの声もお聞かせください。

チラシはこちら↓

http://www.osakaben.or.jp/event/2019/2019_0926.php

※いずれも18時30分~20時30分 大阪弁護士会館。
※無料。事前の申込み不要。1回だけのご参加も可能。

<5> 2020年 1月27日(月)
    自治体の福祉行政を調べる:組織、民間委託、職員の仕事と働き方

    五石敬路さん(大阪私立大学准教授)

/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
弁護士 小久保 哲 郎
〒530-0047 大阪市北区西天満3-14-16
西天満パークビル3号館7階  あかり法律事務所
TEL 06-6363-3310
FAX 06-6363-3320
E-mail tk-akari@wmail.plala.or.jp

第12回子供の心を考える都民フォーラム

子供の心を考える都民フォーラム2/1、参加者500名募集
第12回子供の心を考える都民フォーラム
東京都立小児総合医療センターと東京都福祉保健局は2020年2月1日、イイノホール&カンファレンスセンター4階ホールにて「第12回子供の心を考える都民フォーラム」を開催する。
参加無料。申込締切は2020年1月23日(必着)。
東京都では、発達障害や児童虐待、いじめ、ひきこもりなど、子どものさまざまな心の問題に関わる地域の関係者などを支援するため、2008年度から「子供の心診療支援拠点病院事業」を実施しており、その一環として都民向けに「子供の心を考える都民フォーラム」を開催している。
第12回を迎える今回は、「子どもの心と新しい学びの場」というテーマで、従来の教育システムとは異なる「学びの場」について考える。
フォーラムは2部制。
第1部では、不登校や学習障害をはじめとする発達障害などのため、地域における単独の教育機関では対応できない子どもたちの学習を支援する「新しい学びの場」について、地方行政、通信制学校、地域の民間学習支援に関わる者が登壇し、それぞれの視点から議論する。
第2部では、第1部の演者全員によるディスカッションを行う。
対象は、都内在住・通勤・通学をしている高校生以上。
申込みは、Webサイトおよびはがきにて受け付けている。
締切りは2020年1月23日(必着)。定員は500名(先着順)。
定員を超えた場合は、締切りより早く受付を終了することがある。
すべての申込者に対して、受付票を締切後おおむね1週間程度ではがきにより送付する。参加無料。
なお、当日は専門業者に委託し、無料の託児スペースを設置。対象は、生後3か月から就学前の子ども。
定員は20名(先着順)。東京都立小児総合医療センター医療連携室にて電話で受け付ける。
申込期間は2020年1月6日から17日で、受付時間は平日午前9時から午後5時。
◆第12回子供の心を考える都民フォーラム
日時:2020年2月1日(土)13:30~16:30
会場:イイノホール&カンファレンスセンター4階ホール(東京都千代田区内幸町2丁目1-1飯野ビルディング)
対象:都内在住・通勤・通学をしている高校生以上
募集人数:500名(先着順)
締切:2020年1月23日(木)必着
※定員を超えた場合は、締切りより早く受付を終了することがある
参加費:無料
申込方法:Webサイトまたははがきにて申し込む
※すべての申込者に対して、受付票を締切後おおむね1週間程度ではがきにより送付する
<託児>対象:生後3か月~就学前の子ども
募集人数:20名(先着順)
申込期間:2020年1月6日(月)~17日(金)
※受付時間は平日9:00~17:00
〔2019年12/12(木) リセマム《リセマム 桑田あや》〕

ひきこもり家族教室(愛知県半田市)

ひきこもり家族教室(愛知県半田市)を開催します

■認知行動療法をベースとした学習会と家族会
「ひきこもり100万人時代」と言われる昨今。
ひきこもりの方への支援にあたっては、専門機関や地域との関わりもさることながら、まずは一番身近にいる家族の理解と協力が必要不可欠となります。
そこで、家族自身の負担を軽減することや家族関係を改善することを目的に、臨床心理士が“当事者と向き合うコツ”についてお話します。
日にち・内容:
(6)令和2年2月8日(土)・・・・・・・先回りをやめ、望ましくない行動を減らす
(7)令和2年2月22日(土)・・・・・家族自身の生活を豊かにする
(8)令和2年3月7日(土)・・・・・・・相談機関の利用を上手に進める
※全8回のプログラムです。いずれかの内容のみへの参加を希望される場合はご相談ください。
時間:13時30分~15時30分
場所:一般社団法人JAWS(有楽町6丁目62番地ボラン有楽1階)
対象:市内在住で、ひきこもりの方を抱える家族(本人も可)
定員:10名(先着順)
講師:有馬正道氏(一般社団法人JAWS/臨床心理士)
受講料:無料
申込み・問合わせ:11月1日(金)~19日(火)に、電話、Eメールで一般社団法人JAWS(半田市生活困窮者就労 準備支援事業受託団体)へ
【電話】0120-987-618
【メール】info@jobaws.or.jp
〔2019年(令和元年)はんだ市報11月1日号(NO.1500)

ひきこもり相談会開催 (石岡市)

ひきこもり相談会開催 (石岡市)
ご家族のひきこもり問題で悩んでいる方を対象に出張相談を行います。
「外出することに不安を感じている」「動き出したいけど動けない」等の困りごとなど、まずは相談から始めてみませんか。
相談は無料ですので、お一人で悩まずお気軽にご連絡ください。
日時・場所:
◎石岡市
令和2年2月12日(水)13:00~16:00
ふれあいの里 石岡 ひまわりの館

◎かすみがうら市
令和2年2月13日(木) 13:00~16:00
かすみがうら市役所千代田庁舎
費用:無料(相談1件50分)
相談員:茨城県ひきこもり相談支援センター
対象:茨城県内在住のひきこもり問題でお困りのご本人やご家族
申し込み:2日前までに下記問い合わせ先へ予約
問い合わせ:茨城県ひきこもり相談支援センター
【電話】0296-48-6631
【メール】info@ibahiki.org
火曜~土曜 9:00~18:00(休:日・月・祝日)
【HP】https://www.ibahiki.org
〔広報おみたまお知らせ版 令和元年12月号〕