ひきこもり相談会開催 (土浦市)

ひきこもり相談会開催 (土浦市)
ご家族のひきこもり問題で悩んでいる方を対象に出張相談を行います。
「外出することに不安を感じている」「動き出したいけど動けない」等の困りごとなど、まずは相談から始めてみませんか。
相談は無料ですので、お一人で悩まずお気軽にご連絡ください。
日時・場所:
◎土浦市
12月10日(火) 13:00~16:00
総合福祉会館内4階社会福祉センター

◎小美玉市
令和2年1月17日(金)13:00~16:00
小川保健相談センター 2階
◎石岡市
令和2年2月12日(水)13:00~16:00
ふれあいの里 石岡 ひまわりの館
◎かすみがうら市
令和2年2月13日(木) 13:00~16:00
かすみがうら市役所千代田庁舎
費用:無料(相談1件50分)
相談員:茨城県ひきこもり相談支援センター
対象:茨城県内在住のひきこもり問題でお困りのご本人やご家族
申し込み:2日前までに下記問い合わせ先へ予約
問い合わせ:茨城県ひきこもり相談支援センター
【電話】0296-48-6631
【メール】info@ibahiki.org
火曜~土曜 9:00~18:00(休:日・月・祝日)
【HP】https://www.ibahiki.org
〔広報おみたまお知らせ版 令和元年12月号〕

福祉行政を考える連続学習会ー福祉事業の外部委託化

大阪弁護士会・大阪精神保健福祉士協会・ 大阪医療ソーシャルワーカー協会・大阪社会福祉士会の4団体共催企画、

◆福祉行政を考える連続学習会

がもうすぐ始まります。

福祉行政がその本来の役割を果たすためには、福祉行政には、十分な専門性、過重負担とならない人員体制、経験・スキルを蓄積できる人事異動、地位の安定性などが保障される必要があります。

しかし、福祉行政の現場では、職員の専門性が軽視され、人員削減による過重負担、頻繁な人事異動、非正規化や外部委託化による地位の不安定化が推し進められる傾向が顕著です。

そこで、さまざまな現場の実態と課題を把握することを通じて、社会保障・社会福祉を利用する市民のために、本来あるべき福祉行政の姿を創るには何が必要かを考える連続学習会を企画しました。

多数ご参加のうえ、現場や市民からの声もお聞かせください。

チラシはこちら↓

http://www.osakaben.or.jp/event/2019/2019_0926.php

※いずれも18時30分~20時30分 大阪弁護士会館。
※無料。事前の申込み不要。1回だけのご参加も可能。

<4> 2019年12月12日(木)
    福祉事業の外部委託化を考える

    中山恭子さん(のぞみ福祉会職員・精神保健福祉士)
    曽我部伸一さん(特別養護老人ホーム アンパス東大阪施設長)

<5> 2020年 1月27日(月)
    自治体の福祉行政を調べる:組織、民間委託、職員の仕事と働き方

    五石敬路さん(大阪私立大学准教授)

/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/-/
弁護士 小久保 哲 郎
〒530-0047 大阪市北区西天満3-14-16
西天満パークビル3号館7階  あかり法律事務所
TEL 06-6363-3310
FAX 06-6363-3320
E-mail tk-akari@wmail.plala.or.jp

横浜社会福祉研究会主催 【日本の精神医療と人権を考える

横浜社会福祉研究会主催 【日本の精神医療と人権を考える】② 「夜明け前 ~呉秀三と無名の精神障害者の 100 年~」 「夜明け前のうた ~沖縄の私宅監置~」 2本同時上映とシンポジウム
呉秀三が「精神病者私宅監置ノ実況及ビ其統計的観察」という著作にて日本の精神障がい者の人権状 況について取り上げてから 100 年。日本は今も、強制入院、隔離、身体拘束が増え、最近では旧優性保 護法による強制不妊治療被害者の声も上がり始めました。なぜ日本はここまで人権侵害が根深く続き、 現状を変えられずにいるのでしょうか。そしてこれからどうすればよいのでしょうか。映画を見て、一 緒に考えてみませんか。多くの方のご参加をお待ちしております。
日時:2019年12月15日(日)13:00~16:30予定
会場:横浜市健康福祉総合センター 4階ホール 先着 300 名 (JR 京浜東北根岸線 横浜市営地下鉄 最寄駅 桜木町駅下車 すぐ) ※事前申込不要
受付 12:30 開始 13:00 映画① 13:10 頃「夜明け前 ~呉秀三と無名の精神障害者の 100 年~」70 分 映画② 14:35 頃「夜明け前のうた ~沖縄の私宅監置~」20 分 シンポジウム 15:10 頃【映画の感想と、それぞれの立場から、想いを語る】

シンポジスト ・越智 おち 祥 さち太 ひろさん (精神科医)
・阿部 あべ 憲一郎 けんいちろうさん(YPS 横浜ピアスタッフ協会、チームせんとらる)
・堀合 ほりあい 研 けん二郎 じろう さん(YPS 横浜ピアスタッフ協会、シャローム港南)
・三橋 みつはし淳子 じゅんこさん (精神保健福祉士)
司 会 ・横山 よこやま秀昭 ひであきさん (精神保健福祉士)
上映協力料として 一般:1,200 円
( 一人につき ) 障害者手帳のある方とその付き添いの方:800 円 ※事前申し込みは不要ですので、当日受付でお支払い下さい

主催 横浜社会福祉研究会 共催 きょうされん神奈川支部 お問い合せは FAX でお願いします せや活動ホーム太陽 大塚 送信先 045-362-8902 当日の連絡先 横浜社会福祉研究会 横山 090-38159284 中畑 090-45930699

ユースアドバイザー養成講座(奈良県天理市)

ユースアドバイザー養成講座(奈良県天理市)
<市政ニュース>ユースアドバイザー養成講座令和元年度受講生募集
ユースアドバイザー養成講座とは、ニート・ひきこもりなど、社会生活を円滑に営むことに困難を有する子どもや若者を支援する上で必要な知識やスキルを学ぶ講座です。
現代社会の中で若者が抱える悩みや現状などについて学びながら、子ども・若者支援とは?自分に何ができるのか?など考えてみませんか。
子ども・若者支援に少しでも関心のある人なら誰でも大歓迎です。
時間:13時30分~15時
場所:市役所5階533会議室(第2回のみ地下B31会議室)
定員:50人(先着順)
申込み:電話または申込書により申込み(郵送・FAX可)
申込書は市ホームページからダウンロードできます
◇本年度の講座一覧表
12月17日(火)ひきこもり支援にとりくんで10年
20年1月9日(木)傾聴ボランティアの活動と傾聴スキル
主催:子ども・若者支援てんりネットワーク
問合わせ:教育総合センター
〒632-0033天理市勾田町109番地1
(【電話】63-0316/【FAX】63-0053)
〔広報「町から町へ」2019年8月号 奈良県天理市〕

ひきこもり家族教室(愛知県半田市)

ひきこもり家族教室(愛知県半田市)を開催します

■認知行動療法をベースとした学習会と家族会
「ひきこもり100万人時代」と言われる昨今。
ひきこもりの方への支援にあたっては、専門機関や地域との関わりもさることながら、まずは一番身近にいる家族の理解と協力が必要不可欠となります。
そこで、家族自身の負担を軽減することや家族関係を改善することを目的に、臨床心理士が“当事者と向き合うコツ”についてお話します。
日にち・内容:
(3)12月21日(土)・・・・・・・・・・・・・暴力的行動の予防
(4)令和2年1月11日(土)・・・・・ポジティブなコミュニケーションスキルの獲得
(5)令和2年1月25日(土)・・・・・上手にほめて望ましい行動を増やす
(6)令和2年2月8日(土)・・・・・・・先回りをやめ、望ましくない行動を減らす
(7)令和2年2月22日(土)・・・・・家族自身の生活を豊かにする
(8)令和2年3月7日(土)・・・・・・・相談機関の利用を上手に進める
※全8回のプログラムです。いずれかの内容のみへの参加を希望される場合はご相談ください。
時間:13時30分~15時30分
場所:一般社団法人JAWS(有楽町6丁目62番地ボラン有楽1階)
対象:市内在住で、ひきこもりの方を抱える家族(本人も可)
定員:10名(先着順)
講師:有馬正道氏(一般社団法人JAWS/臨床心理士)
受講料:無料
申込み・問合わせ:11月1日(金)~19日(火)に、電話、Eメールで一般社団法人JAWS(半田市生活困窮者就労 準備支援事業受託団体)へ
【電話】0120-987-618
【メール】info@jobaws.or.jp
〔2019年(令和元年)はんだ市報11月1日号(NO.1500)

ユースアドバイザー養成講座(奈良県天理市)

ユースアドバイザー養成講座(奈良県天理市)
<市政ニュース>ユースアドバイザー養成講座令和元年度受講生募集
ユースアドバイザー養成講座とは、ニート・ひきこもりなど、社会生活を円滑に営むことに困難を有する子どもや若者を支援する上で必要な知識やスキルを学ぶ講座です。
現代社会の中で若者が抱える悩みや現状などについて学びながら、子ども・若者支援とは?自分に何ができるのか?など考えてみませんか。
子ども・若者支援に少しでも関心のある人なら誰でも大歓迎です。
時間:13時30分~15時
場所:市役所5階533会議室(第2回のみ地下B31会議室)
定員:50人(先着順)
申込み:電話または申込書により申込み(郵送・FAX可)
申込書は市ホームページからダウンロードできます
◇本年度の講座一覧表
20年1月9日(木)傾聴ボランティアの活動と傾聴スキル
主催:子ども・若者支援てんりネットワーク
問合わせ:教育総合センター
〒632-0033天理市勾田町109番地1
(【電話】63-0316/【FAX】63-0053)
〔広報「町から町へ」2019年8月号 奈良県天理市〕

ひきこもり家族教室(愛知県半田市)

ひきこもり家族教室(愛知県半田市)を開催します

■認知行動療法をベースとした学習会と家族会
「ひきこもり100万人時代」と言われる昨今。
ひきこもりの方への支援にあたっては、専門機関や地域との関わりもさることながら、まずは一番身近にいる家族の理解と協力が必要不可欠となります。
そこで、家族自身の負担を軽減することや家族関係を改善することを目的に、臨床心理士が“当事者と向き合うコツ”についてお話します。
日にち・内容:
(4)令和2年1月11日(土)・・・・・ポジティブなコミュニケーションスキルの獲得
(5)令和2年1月25日(土)・・・・・上手にほめて望ましい行動を増やす
(6)令和2年2月8日(土)・・・・・・・先回りをやめ、望ましくない行動を減らす
(7)令和2年2月22日(土)・・・・・家族自身の生活を豊かにする
(8)令和2年3月7日(土)・・・・・・・相談機関の利用を上手に進める
※全8回のプログラムです。いずれかの内容のみへの参加を希望される場合はご相談ください。
時間:13時30分~15時30分
場所:一般社団法人JAWS(有楽町6丁目62番地ボラン有楽1階)
対象:市内在住で、ひきこもりの方を抱える家族(本人も可)
定員:10名(先着順)
講師:有馬正道氏(一般社団法人JAWS/臨床心理士)
受講料:無料
申込み・問合わせ:11月1日(金)~19日(火)に、電話、Eメールで一般社団法人JAWS(半田市生活困窮者就労 準備支援事業受託団体)へ
【電話】0120-987-618
【メール】info@jobaws.or.jp
〔2019年(令和元年)はんだ市報11月1日号(NO.1500)

講演「8050問題の向き合いかた~当事者に寄り添う支援を考える」(目黒区)

講演「8050問題の向き合いかた~当事者に寄り添う支援を考える」
「8050問題」とは、80代の親が50代のひきこもり状態の子どもを支えることなどを指し、経済的な困窮や社会的な孤立等さまざまな問題を意味します。
日時:2年1/15(水)18:00~20:00
会場:田道住区センター(目黒1-25-26田道ふれあい館内)
内容:講演とグループトーク
講師:ジャーナリスト・池上正樹氏ほか
定員:50人(先着)
申し込み方法:電話またはFAX(住所、氏名、電話・FAX、あれば職種を記入)で、目黒区社会福祉協議会へ
【電話】5708-5792
【FAX】3711-4954
〔めぐろ区報 令和元年11月25日号〕

ひきこもり相談会開催 (小美玉市)

ひきこもり相談会開催 (小美玉市)
ご家族のひきこもり問題で悩んでいる方を対象に出張相談を行います。
「外出することに不安を感じている」「動き出したいけど動けない」等の困りごとなど、まずは相談から始めてみませんか。
相談は無料ですので、お一人で悩まずお気軽にご連絡ください。
日時・場所:
◎小美玉市
令和2年1月17日(金)13:00~16:00
小川保健相談センター 2階

◎石岡市
令和2年2月12日(水)13:00~16:00
ふれあいの里 石岡 ひまわりの館
◎かすみがうら市
令和2年2月13日(木) 13:00~16:00
かすみがうら市役所千代田庁舎
費用:無料(相談1件50分)
相談員:茨城県ひきこもり相談支援センター
対象:茨城県内在住のひきこもり問題でお困りのご本人やご家族
申し込み:2日前までに下記問い合わせ先へ予約
問い合わせ:茨城県ひきこもり相談支援センター
【電話】0296-48-6631
【メール】info@ibahiki.org
火曜~土曜 9:00~18:00(休:日・月・祝日)
【HP】https://www.ibahiki.org
〔広報おみたまお知らせ版 令和元年12月号〕

ひきこもりについて家族同士(鳥取市)

ひきこもりについて家族同士(鳥取市)
〇5回目:2020年1月21日(火)10:00~12:00(受付9:45~)
講演:「ひきこもりについて学び、対処や工夫について考える」
講師:鳥取県立精神保健福祉センター所長 原田豊先生
〇6回目:2020年3月17日(火)10:00~12:00(受付9:45~)
講演:「家族の関わり方と役割について」(2)
講師:ひきこもり生活支援センター理事長 山本恵子さん
※いずれの回も交流会を予定しています。
場所:さわやか会館3階多目的室(住所:鳥取市富安2丁目96)
問合せ:鳥取市保健所障がい者支援課
【電話】0857-22-5616
〔 広報いわみ 2019年7月号 No.718 鳥取県岩美町 〕