ひきこもりの理解と支援講演会(神奈川県海老名市)

ひきこもりの理解と支援講演会「ひきこもり当事者に家族や支援者ができること」
講師の23年間にわたるひきこもり支援の経験から、支援のあり方を学びます。
日時:2月24日(土)10時~11時30分
場所:えびなこどもセンター201会議室
対象:市内在住・在勤・在学の方
定員:先着30人
講師:石井正宏氏(NPO法人パノラマ理事長)
費用等:無料
申込み:2月2日(金)から、電話で学び支援課へ
その他:講演会後に相談会あり。希望者は申し込み時に伝えてください
問合せ:学び支援課
【電話】235-8411
〔広報えびな 令和6年2月1日号〕

子どもの居場所講座(東京都福生市)

子どもの居場所講座 「今を生きる子どもたちのさまざまな居場所から」
子ども食堂や児童館、日フリースクールなど地域の中で仲間と過ごす居場所がある子どもいれば、居場所がない子どももいます。
本講座では、こうした子どもたちのさまざまな居場所や現状について、専門家からお話を伺います。
日時:2月25日(日) 午後2時~4時
場所:市民会館・公民館第4・5集会室
対象:市内在住・在勤・在学の方
定員:先着30人
講師:菅原直志(すがわらなおし)氏
(あしなが育英会評議員)
申込み:2月6日(火)から、午前9時~午後5時の間に、直接または電話で公民館公民館係へ。
〔広報ふっさ 令和6年2月1日号〕

ひきこもり講演会(神奈川県鎌倉市)

ひきこもり講演会(神奈川県鎌倉市)
◇テーマ「ひきこもりについて知ろう」
日程:2月27日(火曜日)14時30分〜16時00分
場所:福祉センター
対象:ひきこもりについて悩んでいる人や関心のある人
定員:先着50人
申し込み:e-kanagawa電子申請
問合せ:生活福祉課
【電話】61-2319
〔広報かまくら 2024年2月1日号〕

子どもの未来アクションフォーラム(オンライン)

【開催概要】
子どもの未来アクションフォーラム
(1)開催日:2024年2月29日(木) 13:00~15:30(2時間半)
  (ZOOM入室開始:12:40~)
(2)開催会場:オンライン(Zoom)
(3)参加対象者:子どもの未来アンバサダー、子どもの貧困問題に関心のある方どなたでも
(4)参加者数(予定):300名
(5)参加費:無料
(6)配信ツール:ZOOM

(7)プログラム&登壇者情報
【第一部】基調講演/コメンテーターによる深堀

 基調講演講師:一般社団法人子どもの声からはじめよう 代表理事 こども家庭庁参与 川瀬  信一氏
 コメンテーター:NPO法人新座子育てネットワーク 代表理事 坂本 純子氏

【第二部】アンバサダーによる実践活動報告
 子ども・学生・若者の声を聴いて活動されているアンバサダーからの活動報告です。

 活動報告団体:
・ほっかいどう若者応援学生プロジェクト 北海道生活協同組合連合会(北海道)
・チームひだまり (埼玉県)
・NPO法人あいむ (福岡県)

【申込み】
 https://business.form-mailer.jp/fms/107c0b54226279 申込み〆切 2024/2/26(月)

ご興味のある方もお誘いあわせの上ご参加ください。

◆問い合わせはコチラ

https://business.form-mailer.jp/fms/12e0bb75172175


子どもの未来アクションHPはコチラ

https://miraiaction.org/

日本生活協同組合連合会
子どもの未来アクション事務局
メール:miraiaction@jccu.coop

精神保健地域サポート講演会「ひきこもり家族の理解と支援」(東京都品川区)

精神保健地域サポート講演会「ひきこもり家族の理解と支援」(東京都品川区)
(オンライン配信)〔電子申請可〕
日時:2月29日(木)午後6時~8時
講師:福井里江(東京学芸大学准教授)
対象・定員:精神保健福祉分野の支援者40人(先着)
申込み・問合せ:電話かFAXで、氏名、所属、電話番号、Eメールアドレスを
品川保健センター(【電話】3474-2904【FAX】3474-2034)へ
〔広報しながわ 令和6年1月21日号〕

外国につながる子どもの進路保障~かながわからの発信~

『外国につながる子どもの進路保障~かながわからの発信~』

https://www.kifjp.org/kyouiku#shien05

日本語支援が必要な高校生数が最多の神奈川県では高校入試における特別募集に加え、高校入学後の日本語や通訳支援、交流活動が実施されています。
今回は、高校進学後の現状や課題解決に向けた取り組みを知り外国につながる子どもの進路保障について考えていきます。
皆さんのご参加をお待ちしています。
日時:2024年3月3日(日) 10:00~12:30
定員:60名
開催方法:オンライン(Zoom)
対象:学校教員・支援者・一般

内容:
・基調講演「外国につながる生徒の進路保障の現在~
『神奈川県の日本語指導が必要な高校生の進路と校内の支援にかかわる調査』をふまえ
て~」
 吉田美穂氏(弘前大学大学院教育学研究科教授・NPO法人ひろだい多文化リソースル
ーム理事長)
・事例発表①「多文化教育コーディネーター派遣事業について」
 武一美氏(認定NPO法人多文化共生教育ネットワークかながわ理事長)
・事例発表②「座間総合高校の取り組みについて」
 藤田龍太氏(神奈川県立座間総合高等学校教諭)
・意見交換会

申込み:こちらのリンクからお申し込みください。

https://willap.jp/p/acc_4614/koukankai2023/

申込締切:2024年2月22日(木)17:00
主催・問合せ:(公財)かながわ国際交流財団 多文化共生グループ 
TEL:045-620-4466 (平日8:45-17:30) Email: tabunkajoin@kifjp.org(担当:下山)
※問合せメールには、件名に「外国につながる子どもの進路保障(意見交換会」と明記
してください。

ひきこもり家族教室「ひだまりの会」(福島県いわき市)

ひきこもり家族教室「ひだまりの会」(福島県いわき市)
日時:3月8日(金)13時30分~14時30分
場所:総合保健福祉センター
対象:ひきこもりの悩みを抱えている家族
内容:参加者同士の交流、学習会、情報提供など
定員:20人程度
申込方法:開催日の1週間前までに同課へ電話か窓口で
〔広報いわき 令和6年2月号〕

ひきこもり講演会(福島県いわき市)

ひきこもり講演会(福島県いわき市)
ひきこもりに関する理解を深め、当事者と家族を支える地域づくりを目的に、ひきこもり講演会を実施します。
日時:3月9日(土)13時30分~15時30分
場所:中央台公民館
申込方法:3月4日(月)までに同課へ電話か市ホームページで
問合せ:保健所地域保健課
【電話】27-8557【E-mail】hokenjo-chiikihoken@city.iwaki.lg.jp
〔広報いわき 令和6年2月号〕

オンラインの集いで知ろう、語ろう 青森に夜間中学を作りましょう!

「オンラインの集いで知ろう、語ろう 青森に夜間中学を作りましょう!」のご案内です。
ご参加をご希望の方は、以下お申込み下さい。ぜひご参加下さい。
《参考》令和5年度「夜間中学アンケート」【調査結果】(2024年1月12日)
  https://www.pref.aomori.lg.jp/soshiki/kyoiku/e-kyoin/files/aomori_yakan_2023.pdf 
~「夜間中学で学んでみたい226人」「知らせたい人が身近にいる96人」「知らせたいと思いつく人
 がいる59人」つまり夜間中学を求める人が合計381人と多数にのぼることがわかりました~
【申込み  yakanchu15@gmail.com  (担当:庄司 匠)】
メールの件名に「青森夜間中学オンライン集い申し込み(お名前)」とご記入の上、
本文に、①お名前 ②電話番号 ③メールアドレスをお書き下さい。
主催:夜間中学校と教育を語る会 連絡先:080-5913-8287(庄司 匠)   
***********************************************
オンラインの集いで知ろう、語ろう 青森に夜間中学を作りましょう!
      〜県のニーズ調査が明らかにしたこと〜
2024年3月9日(土)午後2時から4時半
   (お申込みいただいた方に事前にズームのアドレスをお知らせします)
【参加費】無料
【お話】夜間中学の研究者・横関理恵さん(拓殖大学北海道短大准教授 基礎教育保障学会国勢
       調査活用プロジェクト委員)の青森県の夜間中学ニーズ調査の結果についての講演
文科省・夜間中学担当の部署にもご参加を要請しており、全国の状況や文科省の施策につ
        いてお話ししていただく計画です。
★詳しくはチラシをご覧下さい(公式ブログにもあります)ブログhttps://blog.goo.ne.jp/yachu-kyoiku 
**************************************************
遠隔の地からの計画で、至らないことも多々あるかと思います。私たちは首都圏を中心に活動する小さな
会で、こうしたオンラインの集いにも慣れていません。
十分な設備や操作など実施の力もないのですが、青森県のニーズ調査の結果が出た今が、夜間中学
を設置するために非常に重要なチャンスであろうという考えから、思い切って一歩踏み出すことにしました。
皆さんの積極的なご協力でいい集いにしていきたいと考えております。よろしくお願いします。

発達障害支援センター講演会(石川県)

学齢期から社会参加までの理解と支援 発達障害支援センター講演会
発達障害のある方々が安心して地域で暮らすために、発達障害について一緒に学びましょう。
日時:3月9日(土)14時~
場所:石川県地場産業振興センター
講演:「読み書き障害を持つ人達の生きづらさとは」
講師:北陸大学教授 河野俊寛さん
定員:200人
申込:1月22日(月)~
申込方法:氏名、電話番号を明記の上、メールまたはFAXで申込
問合先:石川県発達障害支援センター
【電話】238-5557【FAX】254-5533【E-mail】hattatsu@pref.ishikawa.lg.jp
〔広報つばた 2024年1月号〕