カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


いちき串木野市の幼女傷害

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 鹿児島県 > いちき串木野市 > いちき串木野市の幼女傷害

いちき串木野市の幼女傷害

table class="wikitable shousai-table"> <tr> <th>所在地</th> <td>鹿児島県いちき串木野市</td> </tr> </table>

傷害 長女暴行、傷100カ所 鹿児島の母逮捕、容疑否認
鹿児島県警は18日、長女(5)を暴行して背中や頭に軽傷を負わせたとして、同県いちき串木野市袴田、水産加工会社アルバイト、野久尾(のくお)真代容疑者(29)を傷害容疑で逮捕した。
長女は全身に約100カ所の傷痕があり、県警は日常的に虐待を受けていた可能性もあるとみて調べている。
野久尾容疑者は「手を上げたことは一切ない」と容疑を否認しているという。
逮捕容疑は長女が4歳だった1月14~16日、背中の皮がむけるけがをさせた他、同22日ごろ、右側頭部に打撲傷を負わせたとしている。
背中のけがは硬い物でこすったような傷で長さ約7センチ。全身に無数のあざなどがあるという。
県警によると、野久尾容疑者は長女と会社員の夫、小学生の長男、1歳の次男との5人暮らし。
長女が3歳の頃に診察した医療機関から「虐待の疑いがある」といちき串木野市に連絡があり、市と県中央児童相談所(児相)、県警などが野久尾容疑者らと面会を重ねるなどしてきた。
昨年8月には長女の前歯2本が折れていたため市職員が自宅を訪問すると、野久尾容疑者は「長女が自分で転んだ」と説明したという。
今年1月22日にも背中や頭にけがをしていたため、児相が県内の施設に保護して今月5日に県警に通報した。
〔◆平成31(2019)年2月19日 毎日新聞 西部朝刊【降旗英峰】〕
[[Category:|いちきくしきのしのようじょしょうがい]]

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス