カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


しらかわ次世代による政治を考える会

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > 子どもの貧困のニュース > しらかわ次世代による政治を考える会
Icon-path.jpg メインページ > 福島県 > 白河市 > しらかわ次世代による政治を考える会

しらかわ次世代による政治を考える会

所在地 福島県白河市
TEL
FAX

知ってほしい若者の貧困 福島の高校生 議員に公開質問状
福島県立白河高校の二年生有志三人が、若者の貧困を解消するための政策などについて、参院議員に公開質問状を送り、回答をブログで公開している。
身近なはずの貧困があまり、同世代に理解されていないと感じ、国会で貧困対策を議論している参院議員がどのような問題意識を持っているか尋ねることにした。
いずれは議員の回答を基に、若者による討論会を開きたいという。
きっかけは、経済的理由で進学を断念した母子家庭の女子高校生を取り上げた八月のNHK番組。
「部屋にアニメグッズがたくさんある」などの理由で、本当に貧困なのか疑う意見がインターネットで出回った。
貧困には、食べ物や住む場所がなく生命が脅かされる「絶対的貧困」と、国民一人当たりの所得を順に並べ、その真ん中の半分に満たない状態の「相対的貧困」がある。
「相対的貧困」家庭に暮らす十八歳未満の子どもの数は増加傾向にあり、厚生労働省が二〇一二年に行った調査では、六人に一人の割合だった。
経済的理由で高校や大学に進学できない子どももいて、政府は対策を検討している。
白河高の冨井治弥(はるや)さん(17)は、自分たちと同じ高校生が家庭環境の違いで進学を阻まれた上、批判を受けたことに疑問を感じた。
正確な情報に基づいて議論したいと考え、同級生の大谷(おおや)真太郎さん(16)、塩田裕生(ゆうき)さん(17)らと「しらかわ次世代による政治を考える会」を結成した。
高校生らの活動を支援する地元の「コミュニティ・カフェ EMANON」の助言で、政治家に公開質問状を送ることに。
自民、民進、公明、共産党など参院で五議席以上の会派に所属し、貧困や教育問題に関心のある十二人を選んだ。
質問は「相対的貧困状態にある高校生は、娯楽や進路先、職業への制限があるべきか」など十二項目。五議員から回答があり、いずれも家庭環境に関わりなく進路を選べるようにしたいという趣旨だった。
ただ、納得できない内容もあった。
詳しくは国会審議の議事録を参照してほしいという回答について、塩田さんは「どれを見ればいいのか分からない」と指摘する。
冨井さんらは「日本では貧困が見えにくく、議論する機会もない。相対的貧困を知ってもらうきっかけになれば」と話している。
ブログは「しらかわ次世代による政治を考える会」で検索できる。
〔◆平成28(2016)年12月5日 中日新聞 夕刊〕 

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス