カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


世田谷区立桜ヶ丘中学校

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > [[:Category:|◎]] > 世田谷区立桜ヶ丘中学校
Icon-path.jpg メインページ > 東京都 > 世田谷区 > 世田谷区立桜ヶ丘中学校
所在地 東京都世田谷区
TEL
FAX

周辺ニュース

ページ名世田谷区立桜ヶ丘中学校、東京都世田谷区()
校則撤廃校長 人間関係はスクラップ&ビルドでより強固に
規格外な取り組みで話題の世田谷区桜ヶ丘中、西郷孝彦校長
校則全廃、制服・髪形自由、出たくない授業は出なくてもいい、生徒が先生を評価する――規格外な取り組みで話題となっている世田谷区立桜丘中学校。
そんな環境を実現したのが同校の校長・西郷孝彦さん(65才)だ。
近頃は、「空気を読む」ことが重視され、けんかをしたことがない生徒たちも多いという。
しかし、そういった生徒たちに対して、あえて波風を立ててみるようなこともあるという西郷さん。
「雰囲気が悪くなってけんかに発展するグループもあれば、褒められた子が“あんなことを言われてもうれしくない。
先生のことは好きじゃないし、本当はイヤ”と私を悪者にすることで、友人との関係を修復しようとするパターンもある。
みんな悩みながら自分なりの戦略を考えるんです」(西郷さん・以下同)
生徒一人ひとりに人間関係のトラブルを回避できるスキルが身につけば、いじめも起こりづらく、不登校も減少する。
同校では学年が上がり、成長するに従って、いじめは確実に減っていくという。
衝突によって自分自身を見つめ直した生徒もいる。
「同級生を殴ったり物を壊したりして居づらくなり、小学校を転々とするようないわゆる“問題児”としてわが校に入学してきた子がいました。
すぐキレるので、当然、ここでもなかなか友達ができません。
私はそのAくんがどういう時に爆発するのかを知るためにも、機会を見てはよく話しかけていました。
そうしているうちに、すっかり“友達”になったんです」
Aくんにとって、西郷さんは中学校での初めての友達だ。
「だけどある時、Aくんがほかの生徒といさかいになって暴れていたことがありました。
落ち着かせようと近づいたら、気が立っていたのか、Aくんは“友達”であるはずの私を思いっきり殴ったんです。
その事件がAくんにとってはショックだったようです。いちばんの理解者をポカッとやっちゃったわけですから」
この出来事をきっかけに、Aくんは少しずつ変わりはじめる。
「“自分はカッとなると、気持ちが抑えられず、大切な人をも傷つけてしまう傾向がある”と認識したそうです。
自分のことを客観的に見られるようになり、気持ちを制御するためにはどうしたらいいのかも考えるようになった。
その後、キレる回数は確実に減っていきました」
自ら摩擦を生み、友人との関係を見直せた生徒もいる。
「とても人気のある、友達の多い女子生徒だったのですが、そういう自分を維持するためには気がのらない時でも誘われたら断れず、悩んでいたんです。
みんなにいい顔をしながらも、陰では“これじゃあ、自分のアイデンティティーがなくなってしまう”と校長室に来ては泣いていました」
ところが2年生になったある日、彼女が突然、黒髪を茶髪に染めてきた。
真面目で優等生だったクラスメートの豹変ぶりに、周囲の友達は、驚いて一歩引いたようだった。
「こうして他人との距離が適切に取れたことによって、彼女は自分を取り戻したのだと思います。
それまでの友達との上辺だけのベタベタした関係から“独立”したわけです。
髪を染めたのはある意味、彼女なりの“独立宣言”だったのでしょう」
人間関係の“スクラップ&ビルド”は、より強固な関係につながるという。
「波風が立たず、ずっと仲よしでいるよりも、一時的にもめたとしても、本音を言い合ってそれを乗り越えた方が、さらに深い関係が築ける。
裏を返せば、けんかや言い合いをせず、ずっと仲よしでいるのは表面だけのつきあいなのかもしれない。
いったん破綻した後に関係の修復ができれば、もっと仲よくなれるケースが多いのです。
本当に好きな人、自分が仲よくしたい人であれば、何としてでも修復したいと思うものだし、けんかで相手の本音を知ったことで、相手をより深く理解できるからです」
うまく衝突できずに本音をため込んだ結果、一度のけんかで最悪のケースに発展することもある。
今年7月、埼玉県所沢市で中学2年生の男子生徒が同級生に刃物で刺され亡くなるという事件が起きた。
加害少年は「教科書を隠されてけんかになったから」と動機を語ったが、2人は同じクラスで部活動も一緒。周囲からは仲がよいと思われていた。
もし、お互いの本音がわかるようなけんかの仕方を知っていれば、事件は起こらなかったかもしれない。
「衝突やけんかを経て成長した生徒は“人間は必ずしも言葉と感情が一致する時ばかりではない”と身を持って理解できるようになっていきます。
例えば“バカ”と罵倒してきた同級生が“実はかまってほしいことを素直に伝えられないだけではないか”と言葉の背景にある感情を察せられるようになる。
最終的に無駄ないさかいは減っていきます」
〔2019年9/8(日) NEWS ポストセブン※女性セブン2019年9月19日号〕
[[Category:|せたがやくりつさくらがおかちゅうがっこう]]

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス