カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


五十嵐LINDA渉

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索

五十嵐LINDA渉

SHIBUYA109リニューアルの仕掛け人が語る、苦難を乗り越えた“精神力”
平成を象徴する渋谷のランドマークタワー「SHIBUYA109」で大型リニューアルが着工されています
前回の記事では、その環境部分のクリエイティブ・ディレクターに就任したアートディレクターの五十嵐LINDA渉さんに「これからの日本のカワイイ」について話を聞きました。
後編では、アメリカと日本とのクォーターとして生まれ、これまでたくさんの苦難を乗り越え、現在に至った生い立ちについて伺いました。
クォーターとLGBTでいじめを受けた
――LGBTをはっきり意識したのはいつのことだったんですか? 
五十嵐LINDA渉(以下、五十嵐):兆候は幼少の頃からあったみたいですけど、中学校の頃にはっきりと自分で認識しました。
「かっこいいなぁ」と憧れた男性の先輩に対して好意を抱いていましたが、それもいじめのきっかけになっていたんでしょうけど……。
――いじめを感じたはいつ頃のことでしたか?
五十嵐:小中学校の頃は、クォーターという外見のことでいじめを受けていました。
でも、もうその時の記憶って、そんなに覚えていないです。
いじめを受けた時に私が逃げ込むのって、保健室じゃなくて美術室だったんですけど、デザイナーだった母の影響で絵を書くのが本当に好きだったんです。
だから、いじめを受けても誰かに合わせたりはしなかったし、不登校にもなったこともありません。
五十嵐LINDA渉さん 母のおかげで「自分の性」を語れた
――いじめはそれからどうなりましたか?
五十嵐:私、絵を描きながらめちゃめちゃ大きいヘッドホンでヒップホップを聴いていたんです。
その頃は私以外、周囲の誰も聴いていないジャンルだったんですが、そのうち地元にヒップホップブームが訪れて、みんなが私に「ヒップホップかっこいいな」「お前が聴いてる音楽教えてよ」って質問しに来るようになりました。
そしたら、いつの間にか、いじめはなくなっていましたね(笑)。
――芯の強さを感じますね。そこまで自分らしさを持てたのは、なんでだったと思いますか?
五十嵐:それも母のおかげだと思います。
私がアートに興味を持てたのは母の教育のおかげだし、LGBTだとカミングアウトした時も、とても自然に私のことを受け入れてくれました。
母がそうしてくれたから、私は周囲の友人たちにも自然に、自分の性のことを伝えることができました。
今考えたら、本当に人に恵まれて、ここまでやってこれたんです。
画家を諦めてアパレルの道に進むも… 
――アートに興味を持たれたとのことですが、どのように仕事を選ばれたんですか?
五十嵐:最初は画家になりたくて、そういう高校に進みました。
でも、そこで、好きなものを描けるのは楽しいけど、絵を1枚売って生きていくことの大変さを知ってしまって。
それで、画家は諦めて、絵を描くことの次に好きだったアパレルを仕事にしたんです。
最初はドレスの受注製作などをやっていて、自分のブランドを持って、ドレスや衣装を作って、兼任でスタイリストなどをしながら生きていました。
ただ、その仕事から離れざるを得ない出来事が起きてしまいまして……家が全焼して、家財のほぼすべてを焼失してしまったんです。
――家財を焼失! どうされたんですか? 
五十嵐:漏電で自分の部屋から出火してしまって……。
しかも、その時も外見やLGBTであることを理由に、なぜか放火犯扱いされて、火災保険が出なかったんです。
さすがに絶望しました。
でもその時もやっぱり母が強くって。そんなことになったら普通、「帰ってこい」とかになるじゃないですか。
でも、母は「そんなことになっちゃったなら、あんた、本気でがんばんないと」って。
それで、なんとか絶望に飲まれずに済んだんです。
その時、なんとか焼けずに残ったのがPCと財布で、スタイリスト道具は全部焼けてしまいました。
そこで、PCを使ってイラストの仕事を受注するようになったんです。
フリーランスと就職という選択肢の中で
――そこで絵のお仕事もするようになったんですね。
五十嵐:すごく遠回りしたけど、結果やりたかったことを仕事にできるようになって嬉しかったです。
それから、自分一人で生きていくことの難しさとかも知って、ずっとフリーでやってきたけど、今の会社(TWIN PLANET)に入ってアートディレクターとしてやらせてもらえるようになったんです。
――フリーランスから会社員になって苦労はありませんでしたか? 
五十嵐:全くありませんでしたね。やっぱり何かに悩んだ時、一緒に考えてくれる仲間がいるのは大きいです。
自分自身フリーランスから始めたけど、会社に入ってから独立したほうがよかったと思います。
吸収できるものが、やっぱり多いですからね。
本当に社会人にとって大事なスキルとは? 
――自由にやってきた人からすると、会社っていうルールが邪魔に感じることもあるのかと思いました。
五十嵐:まあ、それもあります。でも、一人でやってきている時は周りに認めてもらうのも大変だった。
でも今は、仲間が自分を認めてくれます。
スタイリスト時代、先輩に価値観を押し付けられて反発することもありましたが、会社員になってみて、怒るほうにも私のことを思う気持ちがあるんだって気づけたんです。
だから、もし窮屈なことがあったとしても、私は怒らないでしっかりと自分の気持ちを説明します。
これって本当に社会人には大事なスキルだと思います。 ■ ■ ■ ■ ■
いじめの経験など、価値観を押し付けられた経験もあるのに、五十嵐さんは「自分は絶対にそんなことはしない」と強調します。
また、ゆくゆくは「同じようなセクシャリティを持っている人のところまで、クリエイションを届けたい」とも言います。
苦難にぶつかっても方向転換で乗り越える柔軟性、火事ですべてを失っても前を向く精神力、そんな五十嵐さんが今後も活躍していくであろうその姿から目が離せません。
〔2019年4/28(日)<取材・文/ミクニシオリ 撮影/市村円香> bizSPA!フレッシュ〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス