カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


児童生徒理解・教育支援シート

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > 不登校のニュース > 児童生徒理解・教育支援シート

児童生徒理解・教育支援シート

不登校児の情報「シートで共有」 文科省会議が提言
文部科学省の有識者会議は29日、不登校の児童生徒への支援のあり方に関する報告書をまとめた。
学校にそれぞれの欠席状況や不登校になったきっかけ、支援方針などを記載した「児童生徒理解・教育支援シート」を作成するよう求めた。
シート作成の対象は、欠席が年間30日以上に達した児童生徒。
これをもとに学校や保護者、教育委員会などが情報を共有し、効果的な支援につなげる。
文科省は各教育委員会などに通知し、内容の徹底を求める。
不登校の児童生徒は2014年度で小学生が2万5千人、中学生が9万7千人。
有識者会議は15年2月以降、改善のため議論を重ねてきた。
〔◆平成28(2016)年7月29日 日本経済新聞 電子版〕
  

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス