カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


児童相談所と警察署の情報共有・静岡県

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > 児童相談所と警察署の情報共有 > 児童相談所と警察署の情報共有・静岡県
Icon-path.jpg メインページ > 静岡県 > 児童相談所と警察署の情報共有・静岡県

児童相談所と警察署の情報共有・静岡県

所在地 静岡県
TEL
FAX

児相「虐待」判断、全件共有へ 県・指定市・県警/静岡県
児童虐待に関する情報の共有や対応策を強化しようと、児相を運営する県、静岡、浜松両指定市と県警が12日、協定を締結した。
児相が把握した虐待案件の情報はすべて関係機関と共有するようにし、威圧的な親には警察官が出動して対応することなども明記した。
児相が虐待と判断した案件はすべて、市町ごとに学校や県警といった関係機関でつくる「要保護児童対策地域協議会」に報告する。
さらに保護者が威圧的態度を取り、児相の職員による家への立ち入り調査などが困難な場合、県警に援助要請をすることも盛り込んだ。
協議会の開催は1~3カ月ごとのため、▽外傷がある▽48時間以内に安全確認ができない――といった緊急事態の場合、その都度県警に連絡することにした。
池田和久・県健康福祉部長は「児相と警察の連携が悪くて起こる事件がないよう決意を新たにした」。
浅野守・県警生活安全部長は「より迅速で的確な対応ができるようになる。悲惨な児童虐待をなくしていきたい」と話した。
〔◆平成31(2019)年3月13日 朝日新聞 東京朝刊地方版(宮川純一)〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス