カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


北海道の自主夜間中学

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 北海道 > 札幌市 > 札幌市豊平区 > 北海道の自主夜間中学

北海道に夜間中学をつくる会

所在地 北海道に夜間中学をつくる会

〒062-0035北海道札幌市豊平区西岡5条13丁目7-5

工藤 慶一 宅
E-mail tukurukai@yakanchugaku.enyujuku.com

公立夜間中学校の設置検討 意識調査、5割が通学希望 ―北海道
北海道は、公立の夜間中学校設置について検討を始めた。
公立夜間中学は道内にないが、戦中戦後の混乱などで義務教育を修了できなかった人や外国人らを対象とした意識調査で、ボランティアが運営する「自主夜間中学」に通っている人のうち、約5割が「通いたい」と回答したことを踏まえた。
調査は昨年11月から今年3月にかけ、道内4カ所の自主夜間中学に通っている生徒や卒業生計338人を対象に実施。
49%に当たる166人が回答した。回答者のうち60代以上が126人と、全体の76%を占めた。
「通いたい」と答えたのは87人(52%)。その理由(複数回答)を尋ねたところ、「中学の勉強をやり直したい」(74人)が最も多く、次いで、「読み書きができるようになりたい」(33人)、「高校に入学したい」(18人)となった。
一方、「通いたくない」と答えたのは70人(42%)。
その理由としては、「病気や年を取っていて毎日通えない」(43人)、「自主夜間中学で十分」(26人)との回答が多かった。
道は「公立夜間中学へのニーズが一定程度あることが認められる」(義務教育課)と判断。
札幌市などと協議会を設け、準備を進める方針だ。
公立夜間中学は現在、8都府県の31校にとどまっているが、文部科学省は各都道府県に少なくとも1校の設置を目指している。
〔◆平成29(2017)年7月7日 時事通信 官庁速報〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス