カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


名古屋市の高校生学習支援

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 愛知県 > 名古屋市 > 名古屋市の高校生学習支援

名古屋市の高校生学習支援

所在地 愛知県名古屋市

低所得世帯の学習支援、高校生に拡大 =名古屋市
名古屋市は2016年度から、生活保護受給世帯など、低所得世帯の中学生向けに行っている学習支援事業を高校生にまで拡大する。
学習支援を受けて進学した生徒が中途退学するのを防ぐのが狙い。
単年度ごととしていた契約も見直し、学習支援を担う事業者が同じ生徒を長期的にフォローできる体制にする。
市では13年度から低所得世帯の中学生向け学習支援を始め、約80人の進学実績がある。
ただ、支援を受けた13年度の卒業生のうち6人、14年度卒業生も2人が中退。
こうした中退者を減らすため、中学卒業後も継続して生徒が学習支援や生活相談を受けられる場が必要と判断した。
学習支援は9区24カ所で実施。
中学時代に低所得世帯向けの学習支援を受けた高校1~3年の生徒が対象で、週1回2時間程度の勉強会を開く。
公募で中学の学習支援と同じ事業者に委託し、生徒が中学から高校まで一貫して支援を受けられるよう4年間の長期契約を結ぶ。
学習支援は居場所を提供する効果も大きく、卒業生のアンケートでも、「高校生になっても来たい」とする回答が多かったという。
保護課は「中退する理由はさまざまだが、高校に定着する手助けになれば」としている。
〔◆平成28(2016)年3月16日 時事通信 官庁速報〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス