カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


呉市の中学生いじめ不登校

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 広島県 > 呉市 > 呉市の中学生いじめ不登校

呉市の中学生いじめ不登校

所在地 広島県呉市

いじめ不登校 学校側“半年以上”対応遅れる 広島
All Nippon NewsNetwork(ANN)
広島県呉市の中学校で男子生徒(15)がいじめを受けて不登校になっていたにもかかわらず、学校側が半年以上も対応していなかったことが分かりました。
おととし11月、呉市の昭和中学校の男子生徒が同級生7人から複数回ズボンや下着を脱がされるなどのいじめを受けていました。
保護者は学校に対応を求めていましたが、学校側は事実関係の調査が不十分であることに加え、受験を控えた3年生であり、配慮が必要であることなどを理由に対応が遅れ、市教委が第三者委員会の設置を決めたのは今年1月でした。
男子生徒は当時の担任に対して眠れないなどの不調を訴えたほか、13日間、不登校になり、現在も心療内科を受診しているということです。
〔2019年3/27(水) テレ朝 news〕

呉市の中学校でいじめ 第三者委員会の設置遅れる
呉市の中学校で男子生徒がいじめを受け不登校になっていたにも関わらず、学校側が第三者委員会の設置を行っていなかったことがわかりました。
呉市教育委員会によりますと、呉市の昭和中学校に通う3年生の男子生徒(15)はおととし11月、7人の生徒から教室でズボンと下着を脱がされるいじめを複数回受けていました。
去年6月、保護者が「いじめが重大事態にあたるのではないか」と申し出を行いましたが、教育委員会が第三者委員会を設置することを決めたのは今年1月でした。
呉市教育委員会の寺本有伸教育長は「加害者と被害生徒の言い分のところが違うところがったのではっきりした上で取り扱うことにしたいと思った」とコメントしています。
呉市教育委員会では、来月をめどに第三者委員会の設置を行いたいとしています。
〔2019年3/26(火) HOME広島ホームテレビ〕

いじめを半年以上放置 広島・呉の中3下着脱がされ精神疾患
男子生徒へのいじめを巡る経過
広島県呉市の市立中学3年の男子生徒(15)が下着を脱がされるなどのいじめで不登校になり、精神疾患を発症したと訴えたのに、学校が半年以上「重大事態」として扱わず第三者委員会の設置などの対応をしなかったことが分かった。
国の指針では被害者が申し立てた場合、学校は重大事態を前提に報告・調査するよう規定。
下着を脱がされる行為も重大事態として例示している。専門家は「対応が遅すぎる」と指摘している。
男子生徒、保護者の祖父らや県教委によると、男子生徒は1年生の時から同級生にシャツやズボンを破られるなどのいじめを受けていた。
2年生だった2017年11月下旬、3回にわたり、昼休みに教室で同級生4~6人に床に倒され、手足を押さえられてズボンと下着を脱がされた。
昨年4月下旬から一時不登校になり、同6月には不安障害と睡眠障害の診断を受け、現在も治療を受けている。
祖父らは「重大ないじめ被害」として17年11月のいじめの直後から、学校に調査を求めた。
学校は同級生への聞き取り結果を男子生徒側に報告せず、「グループ内の罰ゲーム」などの説明を続けた。
しかし、昨年11月に市教委から重大事態として再検討すると連絡があり、今年2月には「重大事態に認定し、第三者委を設置したい」と伝達。
これまで認定しなかった理由について校長らは「調査が被害生徒の負担になることなどを考慮した」と釈明したという。
重大事態は、いじめ防止対策推進法に基づいて規定。
国の指針では「いじめで子供の生命・心身・財産に重大な被害が生じ、または欠席を余儀なくされた疑いがある場合」と定義し、市教委への報告や調査を求めている。
過去の事例として「多くの生徒の前でズボンと下着を脱がされ裸にされた」というケースも紹介。
子供や保護者から申し立てがあれば、学校側の判断にかかわらず重大事態として対応するよう明記している。
市教委は毎日新聞の取材に対し、「個人情報保護と教育的配慮の観点から答えられない」としている。
◇「遊び」と学校説明
「学校から(下着を脱がすのは)遊びと説明された。いじめを軽く見ていると思った」。
男子生徒は涙を見せ、学校への不信感と今も続く苦しみを語った。
服を破られるなど1年生の時から始まったいじめは、次第にエスカレート。
2年生になって教室で無理やり下着を脱がされた。「眠れなくなり、同級生や先生の顔を見るのはつらかった」
下着を脱がす行為は国の指針でも挙げられた深刻ないじめ。
しかし、学校は男子生徒の訴えを否定した。
祖父らに「シャツを破ったのはじゃれていただけ。下着を脱がしたのは当時のブームで、グループ内の罰ゲーム」などと説明したという。
学校が子供のSOSを放置し、最悪の事態を招くケースが全国で相次ぐ。
家族は情報を十分知らされず深く傷つく。
2011年に大津市立中学校で起きたいじめ自殺の調査にも関わった渡部吉泰弁護士(兵庫県弁護士会)は「学校は真摯(しんし)に調査し、当事者に説明を果たす義務がある」と指摘する。
男子生徒は今月の卒業式まで学校を休みがちだったが、今は高校で部活動に打ち込む目標が心の支えだ。
「きちんと調査し、いじめがあったという事実を分かってほしい」と声を振り絞った。【小山美砂】
◇「いじめに軽重ない」
教育評論家の尾木直樹・法政大特任教授の話 不登校と精神疾患が出た時点で重大事態と認定し、早急に対応すべき事案だ。
自殺など命に関わるいじめだけが「重い」のではない。
服を脱がせるなど性的な嫌がらせは本人の尊厳を深く傷つける。
学校や教育委員会はいじめに軽重はないという認識をもち、被害者のために動くべきだ。
◇いじめなどの相談窓口
・24時間子供SOSダイヤル=0120・0・78310(なやみ言おう)、年中無休、24時間
・児童相談所全国共通ダイヤル=189(いち早く)、年中無休、24時間
・子どもの人権110番=0120・007・110、平日午前8時半~午後5時15分
・チャイルドライン=0120・99・7777、毎日午後4~9時(18歳まで)
〔2019年3/26(火) 毎日新聞〕

広島中3、下着脱がされ不登校に いじめ「重大事態」第三者委設置
広島県呉市の市立中学3年の男子生徒(15)が下着を脱がされるなどのいじめで不登校になったことが26日、分かった。
同市教育委員会は、いじめ防止対策推進法で規定する「重大事態」に該当する可能性があるとして4月にも第三者委員会を設置する方針。
市教委によると、男子生徒は2017年11月、校内で同級生からズボンや下着を脱がされた。
昨年4~5月、計13日間欠席して同6月に心療内科を受診、現在も治療中。
市教委は17年12月にいじめと認定。
保護者から昨年6月に「重大事態に当たるのでは」と申し立てがあり、聞き取り調査を実施し、今年1月に第三者委員会の設置を決めた。
〔2019年3/26(火) 共同通信〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス