カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


子どもの生活調査・石狩市

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 北海道 > 石狩市 > 子どもの生活調査・石狩市

子どもの生活調査・石狩市

所在地 北海道石狩市

市が初調査 市の子ども貧困率13% 低所得世帯支援に注力へ
【石狩】石狩市は13日の市議会厚生委員会で、子どもの貧困率について初めて調査した結果を報告した。
市内の子どもの貧困率は13%で、2012年の全国平均16・3%と比べて3・3ポイント低かった。
貧困率は、年間の手取り収入を高い順から並べたとき、真ん中に当たる人の収入の半分(貧困線)に満たない人の割合。石狩市の貧困線は115万円だった。
子どもの貧困率は、18歳未満の子ども全体に対して、貧困線に満たない世帯に属する子どもの割合。
市は16年の住民基本台帳や15年の税務統計などを基に、18歳未満の子どもがいる5329世帯について調べた。
ひとり親世帯など大人1人で子育てする世帯の子どもの貧困率は44・7%で、大人2人以上で子育てする世帯の貧困率の約6倍に上った。
石狩市の子どもの貧困率13%は市内の貧困線115万円を基に計算した数字。
仮に、12年の国の調査の貧困線122万円を用いると、市内の子どもの貧困率は1・5ポイント上がり、14・5%となる。
物価が上がった影響などを考慮すると「全国平均と同程度」(市)という。
石狩市は、17年度一般会計予算案に、低所得世帯の第2子の保育料を年齢制限なく無償化する費用を計上するなど、低所得世帯に配慮した子育て支援に力を入れる方針。
〔◆平成29(2017)年2月14日 北海道新聞 朝刊地方〕 

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス