カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


学級担任

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索

学級担任

周辺ニュース

ページ名学級担任、、(不登校のニュース)
「私のクラスばかり…」不登校の生徒抱え、職員室で孤立 苦悩する担任、学校の介入どこまで
不登校指導が思うように進まず「毎日が地獄のようだった」と女性は話す
文部科学省の調査によると、2017年度の不登校の小中学生の数は、14.4万人。
前年に比べて1万人近く増え、過去最多になりました。
忘れてはいけないのは、その数字の向こう側に担任の先生たちがいるということです。
withnewsが教員を対象に実施したアンケートから見えてきたのは、生徒の保護者との関係に悩み、「死んでしまいたい」と思うほど孤立してしまう先生たちの現状でした。
教員を対象にアンケートを実施
文科省の調べでは、2017年度の不登校の小学生は35,032人(1千人あたり5.4人)、中学生が108,999人(同32.5人)でした。
少子化で子どもの数は減っているにもかかわらず、不登校の小中学生の数は過去最多です。
2017年に教育機会確保法が施行され、休養の必要性や、フリースクールなどの学校以外の場での学びの重要性が認められたことが背景にあるとみられます。
14.4万人という不登校の子どもたちには、担任の先生がいます。
withnewsが、インターネット上で教員を対象に調べたアンケートには44件の回答が集まりました。
アンケートでは、最初に教員であるかどうか自己申告してもらい、不登校についての考えなどを聞きました。
その中で「不登校の生徒への対応について、困ったことがありますか」という質問には、不登校の子どもの担任経験がある39人全員が「ある」と答えています。
先生たちが抱えている悩みとは、どんなものなのでしょうか。
「学校が大好き」で教師になった
「一生懸命やっているつもりでも、親御さんとうまくいかない。何度も『死んでしまいたい』と思いました」
そんな悲痛な思いを語るのは、高校教師の女性(30代)です。
中学で不登校だった生徒を多く受け入れる私立高校に勤めています。
女性はもともと「学校が大好き」。高校の雰囲気や理念に共感して就職しました。
ところが、教師になってからの3年間は、毎日が地獄のようだったと振り返ります。
自分が担任するクラスの生徒ばかり、学校に登校しなくなったのです。
「理由を聞いても、『そんなことで?』と思ってしまった。学校に行けない子どもの気持ちが理解できていなかったのが、いけなかったんです」
「あなたの技量が足りない」と言われ…
「生徒をサポートしなければ」と思うほど空回りし、女性は劣等感にさいなまれました。
比べてしまうのは、生徒から人気がある先生。多くは体育会系の教師でした。
一方、文化系のバックグラウンドを持つ女性は、自分を出せずにいたといいます。
職員室は居心地が悪く、他の先生にも助けを求めづらかった女性。
不登校の生徒に対しても「自分でなんとかしなくては」という焦りばかりが募りました。
不登校の生徒の保護者との関係にも、さらに心をそがれました。
離れて暮らす生徒の親に代わって、朝が苦手な生徒のために、自転車で下宿先を毎朝訪問。
それでも起こせず生徒の母親に電話すると、「あなたの技量が足りない」と叱責されました。
「もっと先生から言ってやってください」。
でも、女性はできる限りのことはしているつもりです。
親の思うように事が進まず、しまいには「子どものいないあなたに何がわかるの」と言われ、泣いて過ごす日々を送りました。
女性は「同じ思いをする子どもが増えないように、償いのために働いてるんです」と、10年近く経ったいまも、自分を責めています。
学校だけで対処「自分の首をしめている」
この先生のケースだけでなく、教員を対象としたアンケートでは、不登校の生徒の保護者との関係に悩む声が目立ちました。
「不登校になった原因がわからず、学校・担任に問題ありとしてくる場合がある(20代男性)」「保護者と連絡が取れない(30代女性)」「どこまで家庭に立ち入るべきかわからない(60代男性)」など。
担任の教師と生徒の保護者という、極めて閉じられた関係で起こる葛藤には、逃げ場がありません。
東京大学の本田由紀教授(教育社会学)は、「カウンセリングなどの心得がない教師が、家庭という密室に介入することのリスクは非常に高い」と指摘します。
家庭訪問によるコミュニケーションは特に難しく、カウンセリングなどの高い専門性を持つ人であっても「対象者や家族の防衛心や抵抗が強くなりやすい」「対象者にとって守られた空間に踏み込まれてしまうことへの反発」など、多数の困難性が指摘されているといいます。
「対応力を上げるための研修も役に立つかもしれないが、学校だけで対処しようとして自分の首をしめている。
決して、教師を研修すればうまくいく関係性ではないのです」
不登校をめぐっては家庭と学校との間に利害や考えが対立しがちであるため、第三者を介在させる必要がある、と本田教授は話します。
「最近では不登校の児童・生徒を『学校復帰させるべき』という流れも見直されてきました。
外部の手を借りて学校で抱え込まない、という方針を文部科学省や教育委員会が明らかにしていくべきです」
「学校が対応できなければ、保護者ががんばるしか…」
文科省はスクールソーシャルワーカーやスクールカウンセラーなどの、専門スタッフを学校に配置し連携する体制を目指しています。
しかし、現場の教員の負担を軽減できるほど、拡充されるには時間がかかりそうです。
では、学校がいまできることとはどんなことなのでしょうか。
多くの学校では、不登校など特別な配慮が必要な児童・生徒に対応する教師や担当者による会議が設置されています。
スクールカウンセラーが学校にいる限られた時間を活用しながら、不登校に組織として対応している先生たちがいます。
中学校で働く、教師の女性(30代)は「学校で対応できなければ、現状、保護者ががんばるしかない。そうならないためにも、学校でできることを考えたい」と話します。
女性は前任の学校で、学年の教育相談担当として不登校やその傾向のある生徒の対応にあたっていました。
週1回行われる会議は、特別なカウンセリングの研修を受けた主任を中心に、学年の担当や校長、教頭、スクールカウンセラーや相談員など、10人前後で構成されていました。
スクールカウンセラーが来校するのは月に2回でしたが、女性は「高い専門性を持つスクールカウンセラーの意見をもとに、対応を考える流れができていた」と振り返ります。
例えば、ほとんど登校せず学校と距離を置いているが、学校行事には参加する生徒について。
別の教師が「楽しいときだけ来るなんて」と発言すると、スクールカウンセラーは「行事には参加したい、という生徒の気持ちを認めた方がいい」とアドバイスします。
「では、行事のときは誘ってみようか」と、その生徒に関しては行事が学校との接点になりうるという意識に変わりました。
管理職が議論に入っていることで、「個人のペースで学び、登校にこだわらない」ということを組織として共有できたことも大きいと話します。
不登校の生徒を否定的にとらえる教師もいなかったそうです。
「組織で対応を考える枠組みがあれば、たとえ管理職の異動があっても体制はなくなりません。
情報共有が習慣づけられるので、担任の悩みを発散するきっかけにもなります」
女性は、前任の学校で不登校の生徒が、自分で進路を決めることができたとき、言葉にならない喜びがあったといいます。
アンケートからも「校長が担任の力になり、生徒にもうまく関わってくれて、生徒も安心していった。担任以外でパイプを作ることが重要(40代女性)」「管理職や学年主任などがサポートしてくれ、みんなで生徒のことを考えているというチーム力は、担任として安心できた(40代女性)」など、担任だけで抱え込まない体制の重要性が見えました。
学校によって変わる対応
ところが、女性が異動した先の学校では、違う価値観が広がっていました。
まず、「我が校の課題は不登校の多さだ」と数字のみを問題視する校長に疑問を持ちました。
前任校と同様の会議も、教育相談の経験が浅い教師が主任としてとりまとめていたことにも不安を抱いたといいます。
担任をやらないかわりに引き受けたという主任のモチベーションの低さは、明らかでした。
「大事なのは受験を控えた3年生だから、1年生の生徒は後回しにするんだって」
異動してすぐの頃、女性は会議の進め方を聞き驚いたそうです。
生徒数が多く、手が回らない現状は理解できますが、組織運営を改善しようとしないことにも違和感がありました。
どうせ議論されないだろうと、資料をほとんど白紙で提出する教師もいたそうです。
方針も学年によってばらばらで共有されないまま、自然と対応は担任任せとなり、新任の教師が悩みを抱え込んでしまっているのを感じたといいます。
教員を対象としたアンケートでも、管理職をはじめ、周囲の支援がなかったという声が集まりました。
「学年主任や生徒指導担当に相談しても、情報をくれたり一緒に対応を考えたりということがなかった(30代女性)」という意見や、「あなたの熱意が足りない」と根性論に持ち込まるケース(30代女性)もあったようです。
「周囲に相談しても意味がない」と感じてしまう雰囲気が伺えます。
また周囲の教員が思うことがあっても「担任には口出しできない(40代女性)」という声もあり、外からのアプローチが難しいこともわかります。
一方、「教員たちがどう対応したらいいかわからず、保健室に押しつけられた」という養護教諭(50代女性)もいました。
「学校が違うだけで、こんなに違うんだ……」。女性はいまは個人として、他の教師をサポートするしかないと肩を落とします。
先生に、どこまでの役割を求めるべきか
取材やアンケートから見えてきたのは、学校の中に情報を共有する体制が整っていないために、教員が孤立しているということです。
また、不登校の子どもや保護者への対応は、カウンセリングなど高度な技術が求められる場面が少なくありません。
授業や部活なども担う教員に、どこまでの役割を求めるべきか、考えるべきではないかと感じました。
不登校そのものを問題視しないことが、教員が相談しやすい雰囲気にもつながります。
情報共有を促す仕組みをつくり、教員が「相談してよかった」と思えるような、スクールカウンセラーやスクールソーシャルワーカーなどの専門家を活用法が広がればと願います。
〔2018年11/30(金) withnews〕

担任の先生と子どもが合わない…先生のホンネは?親ができることをアドバイス
「学校の先生と子どもの相性が良くないようで…」先生と親の両方を知る著者が、親ができることを中心にお伝えする(画像はイメージ)
保護者にとって、学校の担任の先生と我が子の相性は悩みのタネのひとつでしょう。
担任と子どもの相性が良い場合はともかく、逆の場合は不安が尽きません。
小学校で22年間クラス担任を務めた「先生」の立場と、一人の子どもの「親」の立場、その両方の視点から、親ができることとできないこと、した方がいいこととしない方がいいことなどをお伝えしたいと思います。
早速「担任と子どもの相性」について話を進めるにはまず、大前提があります。
それは、これからの話は「あまりに非常識な担任の話ではない」ということです。
残念ながら、ごく少数ではありますが、学校教員の中にはあまりにも非常識な人がいます。
マスコミなどで取り上げられるような教員です。
そういった教員は「子どもとの相性が合う・合わない」という次元の話ではなく、まったく別物の話になります。
ですから、ここでは大多数の、ある程度まともな教員が子どもの担任だ、ということで話を進めていきます。
原則、先生は3月まで変わらない…どう付き合うか
まず、親が意識しておいた方がいいことは「基本的には担任は3月まで変わらない」ということです。
クラスで何かあった時に、親として担任や学校を責めることはできますが、それが良い方向に働くとは限りません。
しかも、多くの場合、それは悪い方向へ働いてしまいます。
担任と親や子どもの関係が悪くなってしまうと、3月までの日々でもっともつらい思いをするのは「子ども」です。
相性の悪さ、担任のミスなどがあったとしても、できるだけ良い関係を保てるとよいでしょう。 もし担任との関係が悪化すれば、学校での子どもの学びの質が極端に下がってしまうことになります。
教育の質は、児童の精神状態が大きく影響します。
子どもが素直に担任の話が聞けないような心理状態では、勉強どころではありません。
学校での居心地の悪さがきっかけで、友達とのけんかなどのトラブルを招く可能性も高くなります。
悲しいことですが、居心地の悪さが不登校につながり、ひきこもりへと進んでいってしまうケースもあると聞きます。
私が実際に耳にしたことのある担任とのトラブルでは、親が担任に不信感を募らせ、子どもに常にボイスレコーダーを持たせた、というケースがあります。
その親は録音したものを最終的に教育委員会に持って行ったそうです。
完全に関係がこじれてしまっているのがわかります。
こういった状態では、まともな学習や生活ができるはずがありません。
子どもと先生の関係、教育心理学で読み解くと…
子どもと担任の先生の関係は、良好であることに越したことはありません。
それは前述の通り明らかですが、ここでは、担任と子どもの関係を良好に保った方がいい理由について、教育心理学に基づいて考えてみましょう。
まず「ハロー効果(後光効果・光背効果)」についてです。
「ハロー効果」とは、先生が子どもが持っているひとつの特性を、ほかの特性についても一般化してしまう、というものです。
たとえば「成績が良い子どもは、生活面や性格面でも肯定的に判断してしまう」というものです。これは、良い方向にも、悪い方向にも作用する現象です。担任は子どもとの関係が悪くなると「あの子は態度が悪いから、ズルをするかもしれないし、ちゃんとやらないはずだ」というように決めつけて、否定的な判断を下してしまうことがあります。
「ハロー効果」と同様に、「ピグマリオン効果(教師期待効果)」というものもあります。
「ピグマリオン効果」は、子どもの成績が教師の抱いた期待と同方向に変化するというものです。
つまり、教師からの期待が高い子どもは、成績が良くなるというものです。
教師との人間関係が良く、教師が期待している子どもほど、多くの伸びが期待できます。
逆に、教師との人間関係の悪い子どもは、本来の力よりも伸び悩む可能性が高くなってしまいます。
親が子どもにできること、やってあげたいこと
担任と子どもの関わりの中で親ができることは「子どもと担任の間に入ること」でしょう。
子どもが担任との関わりの中で嫌なことやトラブルを抱えているようだったら、まずは子どもの話を聞いてあげることが大切です。
その際、きちんと自分の子どもをフォローしてあげながら、担任のこともフォローをすることが望ましいです。
担任と子どもの関係が悪くなったら、つらい思いをするのは子どもですから、子どもが必要以上に担任の先生に批判的にならないよう、間に入るように心掛けます。
具体的には、子どもが担任の先生に何らかの不満を抱えていたとしたら、子どもをフォローしたうえで、親が「社会では…」「大人の世界では…」というように、担任の気持ちを代弁するようなことが望ましいと思います。
たとえば「会社でお母さんも同じように自分の思い通りにならないことがあって苦労したよ」などと伝えてあげると、子どもも少しずつそういったことを理解していくことができると思います。
子どもの年齢にもよりますが、少しずつ「社会では自分の思い通りにならないことも多い」ということを教えていく、良いチャンスなのではないかと思います。
担任に対しては、機会を見つけて話をすると良いでしょう。
学校によっては「教育相談」「個人面談」などが定期的に設定されていると思います。
そういった機会を利用して教師と話をすると良いです。
その際に注意すべきことは、繰り返しにはなりますが、直接的に担任を批判するようなことは避けた方がいいということです。
自分の子どもが困っているという状況を伝えることが大事になります。
「子どもの学びの質を高めるためにはどうしたら良いのかを一緒に考えていきたい」というスタンスで臨むと良いと思います。
先生との面談機会がない・少ない場合は?
学校によっては、個人面談などの回数があまり多くないところもあると思います。
そういった場合は、直接担任にコンタクトを取る必要があります。
コンタクトの取り方としては、緊急を要する場合は電話で構わないと思います。
緊急を要する場合とは「担任が知らない所で暴力を振るわれ、怪我をして帰ってきた」などの場合です。
そういった場合は、急いで学校に電話で連絡をすると良いと思います。
一方、それほど緊急ではないけれども、担任と相談をしたいというような場合は「連絡帳」が最適です。
連絡帳に「クラスの人間関係のことで相談したいことがあるのですが…」のような文面で書くと良いでしょう。
連絡帳が望ましい理由は、放課後の教員は多忙なことが多く、出張、会議、準備などで慌ただしくしていることもあるからです。
連絡帳に書く際は、できれば悩んでいる内容について少しだけでも書いた方がいいでしょう。
ただ「相談したい」だけですと、内容がわからず、担任も少し不安になります。
具体的に「勉強の遅れが気になります」や「家でも子どもの言動が気になっていて…」と書いてあると、担任としても面談に向けて、準備ができます。
相談した方がいいと判断するポイントは「子どもが学校に行きたがらない」ということです。
はじめは親がいろいろと聞いてあげたり、フォローしたりすること必要でしょう。
しかし、そういったことでその状況が改善されない時は、担任に相談することが望ましいです。
学校に行きたがらない状況とは、子どもが直接言葉で言うことだけでなく、月曜の朝になるとお腹が痛いと言い出したり、体がだるいと言ったりするような身体的・心理的な変化も含まれます。
先生と子どもの相性、親が気をつけておきたいポイント
親がしない方がいいことがあります。
それは「担任の悪口」です。
関係が悪くなると親もつい担任の先生の悪口を言いたくなります。
そういった気持ちはわかりますが、それは夫婦だけの会話などに留め、子どもの前では絶対に避けた方がいいでしょう。
なぜなら、子どもがそういった話を聞くと、子どもと担任の先生の関係がさらに悪化してしまうからです。
親が担任の先生のことを悪く言ったり、馬鹿にしたりすると、子どもの意識の中に、親と同じような思いが形成されます。
そういったことが原因で、学校生活の中で担任の先生とトラブルになる可能性が高まってしまいます。
冒頭でも述べたように、担任との関係が悪くなると、さまざまな形で悲しむのは子どもですから、なおさら親が気をつけておきたいポイントです。
先生は「プロ」 実は気にかけていること
これまでおもに保護者の立場から述べましたが、次は教師の立場から「担任と子どもの相性」について考えてみます。
実は、教師としても、相性の良くない子どもがまったくいないわけではありません。
しかし、当たり前ですが、教師はプロですから、そういった感情が外に出ないようにしています。
また、何となく相性が合わないと感じる子どもに対しては、丁寧に関わるように心掛けている教員も多いはずです。
何となく相性が悪い場合、何かトラブルが発生したら、その後の対応が大変になることが想像できるからです。
多くの先生は、そういったことを意識し、問題が発生しないよう、または問題が小さなうちに処理ができるように心掛けているはずです。
結果的に、相性が合わないと思っていた子どもでもいろいろと関わっているうちに互いの良さを知り、しっくりいくようになるということもよくあります。
担任を通して見る「人生」と未来
今回は「担任と子どもの関わり」について述べました。
先生と親の気持ちを知る者として、できるだけ担任と子ども(親も含め)との関係は良好なものに保っておくことが望ましい、ということをお伝えしたつもりです。
付け加えるならば、親がどういった意識を持ち、実際に行動するのかということが担任と子どもの関係に大きな影響を与える、ということにも触れておきたいと思います。
少し話は大きくなりますが、人生はうまくいくことばかりではありませんし、うまくいかないことばかりでもありません。
つまり、子どもが担任の先生との関わる中では、うまくいくこともいかないことも、両方が起こりうるのです。
生きていくうえで、そういった葛藤は学びの質だけでなく、人としての成長も促すものです。
担任との関係が子どもの人生において貴重な学びの場となるよう、親として寄り添ってあげることができたらと思います。
急速に変化するこれからの社会では、しっかりと自分を持ち、学び、育ち続けることのできるような人間が求められるのだと思います。
小学校生活のなかでそういったことを学べたら、人生における大きな財産を得たと言うことができるのかもしれません。
子どもの成長はスムーズにいくことばかりではありません。
まさに山あり谷ありなのだと思います。
目の前で起きているひとつひとつの出来事も大事ですが、それとともに長期的な視点をもって子どもを見守っていくようなことも大事なのだと思います。
〔2017/12/1(金) 《リセマム 鈴木邦明》〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス