カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


家庭内虐待死

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索

家庭内虐待死

虐待死は家庭内“密室”の事件 他にも埋もれたケース多数か 厚労省研究班
虐待による死亡が疑われながらも、事件化されず、埋もれたままになるケースは少なくありません。
厚生労働省の研究班が全国の医療機関を対象に、おととし、行った調査では、虐待によって死亡した疑いがあると医師が判断した子どもは、平成26年度までの5年間に、154人に上りました。
このうち、▽医学的に虐待以外では説明がつかず、「確実に虐待を受けた」と医師が見なしたのは42人、▽断定には至らないものの、「可能性が大きい」とされたのは39人でした。
ほとんどのケースは、医療機関が警察に通報したり、児童相談所に通告したりしていましたが、親などが起訴されたり、児童相談所や自治体が虐待事例として検証を行ったりしたケースは1割にとどまっていたということです。
研究班は、子どもの虐待死について、家庭内という密室で起きているため、親が虐待を認めない場合、事件化するのが難しいケースが多いのではないかと分析しています。
〔◆平成30(2018)年11月8日 NHKニュース〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス