カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


山形県子どもの貧困対策シンポジウム

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > 子ども食堂 > 山形県子どもの貧困対策シンポジウム
Icon-path.jpg メインページ > 山形県 > 山形県子どもの貧困対策シンポジウム

山形県子どもの貧困対策シンポジウム

所在地 山形県
TEL
FAX

山形市 県子どもの貧困対策シンポ 「子ども食堂」への理解深める
県子どもの貧困対策シンポジウムが20日、山形市の遊学館で開かれ、参加者が講演などを通じて、子どもの貧困問題を招く要因や課題、孤食を防ぐ「子ども食堂」の取り組みについて理解を深めた。
神奈川県立保健福祉大の山崎美貴子名誉教授が講演し、「子どものおよそ7人に1人が貧困状態にある。親の就労形態では自営業や非正規雇用などで厳しい状況が多い」と実態を挙げた。
実態が見えにくいという課題を指摘し、「貧困状態の子どもは大人と話す機会が少なく、困った時に助けてくれる人が少ない。自分のことを知られたくないとの理由で友達も少なく、孤立しやすい」と強調した。
学校外教育の格差に気付いた関係者が「子ども食堂」などに取り組んでいる現状に触れ、子どもの居場所づくりを進める重要性を指摘した。
引き続き行われたパネルディスカッションでは、県内の学習支援や子ども食堂実践団体の関係者が取り組みを紹介した。
県が主催し、約150人が聴講した。
〔◆平成29(2017)年10月21日 山形新聞 朝刊〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス