カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


川口市立中学の教諭の体罰

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > 体罰のニュース > 川口市立中学の教諭の体罰
Icon-path.jpg メインページ > 埼玉県 > 川口市 > 川口市立中学の教諭の体罰

川口市立中学の教諭の体罰

所在地 埼玉県川口市
TEL
FAX

<川口いじめ訴訟>頭たたき、耳引っ張る…愛情表現で体罰ではない 市側、校長らの陳述書を提出
埼玉県川口市立中学校のクラブ活動で同級生の暴力や顧問教諭の体罰が原因で不登校になったのは学校や市教委の対応が不適切だったとして、元男子生徒(17)が市に損害賠償を求めている訴訟で、市側が顧問教諭の体罰について「愛情の表現だった」とする校長や顧問らの陳述書を提出していることが8日までに分かった。
遺書で「大ウソつき」と書かれた川口市教委…茂呂教育長が再任 市長提案、市議会で可決 批判的な質問続出
顧問教諭の体罰は、市の第三者調査委員会が2018年3月の報告書で不登校の原因の一つと認定。
市教委は17年3月に顧問に対する文書訓告の処分を出している。
体罰は「頭をげんこつで複数回たたき、耳をつかんで引っ張る」という内容だった。
元生徒は15年4月に入学しサッカー部に入部したが、当初から他の部員から仲間外れや肘打ちなどのいじめを受けた。
これらが原因で2年生だった16年5月ごろから、最初の不登校になったという。
顧問はこの頃、元生徒宅を訪問。元生徒に「今後サポートする」と約束し、ノート日誌をやり取りすることにした。
元生徒は毎朝、職員室に行き顧問にノートを渡し、下校時に取りに行った。
その際に職員室前で、顧問から「書き方が悪い。隙間なく書くように」などと言われ、頭を拳でたたかれ、耳を引っ張るなどされたという。
元生徒は「たんこぶができて痛かった。職員室の前でされたので、ほかの生徒や先生たちに見られるのが嫌でつらかった」と話している。
体罰は複数回行われ、元生徒はこの後、長期の不登校になった。
市が提出した校長の陳述書は「こんこんぴっぴとやるのは愛情の表現。体罰とは言えない」と主張している。
顧問は陳述書で「頭や肩を軽くたたいたり、耳を指で挟んで軽く引っ張ることもした。
息子のように(元生徒との)コミュニケーションとして触れていたのであり、罰としてたたいたり、引っ張ったのではない」としている。
元生徒側は「体罰を禁止している学校教育法の趣旨を理解せず、かつ処分まで受けていることについて、校長らは愛情表現にすり替えようとしている。憤りを感じる」と話している。
〔2020年2/9(日) 〕

学校が聴取せず「体罰なかった」 埼玉の市立中、再調査へ
埼玉県川口市立中でサッカー部の顧問だった男性教諭(52)が部員に体罰をしたとの情報が2017年に寄せられたのに、学校が部員への聞き取りをせずに「体罰はなかった」と市教育委員会に報告していたことが30日、市教委への取材で分かった。
市教委の森田吉信学務課長は「対応は不適切だった。改めて聞き取りを進める」としている。
情報提供した保護者が今月下旬、調査状況を県教委に尋ね、市教委が当時の校長(58)に問い合わせて発覚した。
元生徒は、他の部員から首を絞められるなどして16年に不登校になり、市の第三者委員会がいじめの被害者と認定している。
〔2019年10/30(水) 共同通信〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス