カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


川崎市児童家庭支援・虐待対策室

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > 子どもの虐待のニュース > 川崎市児童家庭支援・虐待対策室
Icon-path.jpg メインページ > 神奈川県 > 川崎市 > 川崎市児童家庭支援・虐待対策室

川崎市児童家庭支援・虐待対策室

所在地 神奈川県川崎市
TEL
FAX
>

児童虐待が過去最多 16年度相談・通告 初めて2千件超
川崎市は23日、市内3カ所の児童相談所で2016年度に受理した子どもへの虐待の相談・通告件数が前年度比214件増の2134件に上り、初めて2千件を超えて過去最多だったと発表した。
市児童家庭支援・虐待対策室によると、虐待種別では「心理的虐待」が1237件(前年度比188件増)でトップ。
子どもの目の前で配偶者に暴力を振るう「面前DV(ドメスティックバイオレンス)」に関して警察からの通告が増えていることが要因という。
次いで子どもに暴行を加える「身体的虐待」473件(36件増)、「ネグレクト(育児放棄)」402件(13件減)と続き、「性的虐待」は22件(3件増)だった。
区別では、川崎区が538件と最多で、中原区の351件、高津区の292件と続く。相談・通告経路は警察経由が862件で最も多かった。
年齢別では、0~3歳未満と3歳~就学前を合わせた就学前が977件と全体の45・8%を占めた。
小学生が721件、高校生・その他151件だった。
区役所で受け付けた件数は741件で前年度比127件増。
16年度から区役所に地域みまもり支援センターを新設し、地区担当にした保健師を通じた発見も増えたという。
同室では「児童虐待には早期発見、早期対応が求められるが、通告件数の増加は早期発見が増えてきたと受け止めている。相談・通告の内容をしっかり判断し、早期対応に努めたい」と話している。
〔◆平成29(2017)年5月24日 神奈川新聞 本紙〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス