カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


市町村の虐待相談体制

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 北海道 > 市町村の虐待相談体制

市町村の虐待相談体制

所在地 北海道
TEL
FAX

虐待相談体制強化へ「道が市町村支援を」 専門家会議が提言案
児童相談所(児相)への虐待相談の増加を受けた道の専門家会議が27日、提言案をまとめた。
児相が一時保護などの専門性を求められる案件に集中し、市町村が日常的な相談を担えるようにするため、道が人事交流などで市町村を支援するよう求めた。
提言案では市町村の相談体制の強化のため、人事交流のほか、医療機関など関係機関と連携する市町村の先進事例の紹介や、市町村職員への研修などの道の支援内容を盛り込んだ。
専門家会議は有識者で構成。
昨年8月から検討してきた。
4月にも道に提言書を提出する。
児相のあり方を巡っては、市町村が相談の一次的な窓口になり、安全確認や児相の介入について判断することが義務付けられているが、役割分担についての明確な基準がないため、
虐待が疑われるあらゆる案件を市町村が児相に通報する例が相次ぎ、問題となっていた。
〔◆平成29(2017)年3月28日 北海道新聞 朝刊全道〕 

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス