カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


札幌市12歳少年の殺人未遂

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 北海道 > 札幌市 > 札幌市12歳少年の殺人未遂

札幌市12歳少年の殺人未遂

所在地 札幌市

札幌女性刺傷 札幌家裁、12歳少年の少年審判開始を決定 殺人未遂と銃刀法違反容疑での送致受けて
札幌市の路上で11月、女性が包丁で刺され重傷を負った事件で、札幌市児童相談所は27日、殺人未遂と銃刀法違反の疑いで中学1年の少年(12)を札幌家裁に送致した。
家裁は同日、来年1月9日までの2週間の観護措置と少年審判の開始を決定した。
14歳未満の少年は「触法少年」として扱われ、刑事責任を問われない。
家裁は今後、少年法に基づく非公開の少年審判を開き、保護観察や少年院送致などの処分か、不処分かを決める。
北海道警によると、少年は11月25日午後6時ごろ、札幌市東区の路上で、歩いて帰宅中だった20代の女性会社員の背中を出刃包丁で刺し、約2カ月のけがをさせた疑いが持たれている。
少年は「自分は弱い人間だから、人を刺すことで人より上になれると思った」と話したといい、道警は今月26日、少年を児相に書類送致していた。
〔◆平成29(2017)年12月27日 毎日新聞(共同通信)〕

12歳少年を児相送致 札幌・路上刺傷 道警、殺人未遂容疑
札幌市東区の路上で11月下旬、20代の会社員女性が包丁で背中を刺され重傷を負った事件で、道警は26日、殺人未遂と銃刀法違反容疑の非行内容で、同市内の中学1年の少年(12)を札幌市児童相談所(児相)に送致した。
道警の聴取に対し、少年は「自分は弱い人間で誰でもいいから刺すことで、人より上になれると思った」などと説明。
学校や家庭でのトラブルは、これまでに確認されていないという。
道警によると、少年は11月25日午後6時ごろ、東区北43東17の路上で、徒歩で帰宅途中の女性の背中1カ所を包丁で刺し、殺害しようとした疑いが持たれている。
凶器の包丁について「人を刺すため10月ごろ、市内の商業施設で万引した」と話している。女性と面識は無く、刺し傷は内臓に達する重傷だった。
事件翌日の11月26日、防犯カメラの映像などを基に、捜査員が市内で少年を発見、事情を聴いたところ、関与を認め、札幌児相に保護された。
道警は少年を聴取して裏付けを進めていた。
道警の家宅捜索では、少年の自室のベッドの下から、現場に残されていた包丁のケースと、未使用の包丁1本が見つかった。
刑法は14歳未満は刑罰の対象にしないと規定している。
14歳未満の少年が重大犯罪を起こした場合、警察が少年を児相に送致。
児相は心身の状態や家庭環境などを判断し原則として家裁に送致する。
家裁は審判を開き少年院への収容や保護観察などの処遇を決める。
〔◆平成29(2017)年12月26日 北海道新聞 夕刊全道〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス