カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


生活保護世帯の高校進学・宮崎県

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 宮崎県 > 生活保護世帯の高校進学・宮崎県

生活保護世帯の高校進学・宮崎県

所在地 宮崎県
TEL
FAX

生活保護世帯の高校進学率改善 16年度県調査
県内の生活保護世帯の高校進学率と中退率が、県が調査した2014年度から16年度にかけて改善していることが4日、分かった。
県や市町村、民間団体による支援が一定程度進んだことも要因とみられる。
同日、県庁であった「県子どもの貧困対策推進本部会議」(本部長・河野知事)の本年度会議で明らかにした。
14、16年度の比較で、進学率は9・4ポイント上昇し92・7%に、中退率は2・5ポイント減少の4・3%にいずれも改善した。
同会議は昨年6月に設置。
14年度時点で進学率は全国と比べ7・8ポイント低く、中退率は1・9ポイント高かったことから、県子どもの貧困対策推進計画(16~19年度)に基づき、全庁的な体制で対策を検討してきた。
県担当者は改善した要因として、ひとり親家庭の母親に対する就業支援や就学支援金支給など重点的に進めている92事業を列挙。
生活困窮の子どもに対し、教員OBらが勉強を教える学習支援の場が県内17カ所、「子ども食堂」は9カ所に設けられるなど、民間支援の広がりも奏功したと紹介した。
河野知事は「今後も各部局や関係団体が連携を図りながら貧困対策を進めていただきたい」と話した。
〔◆平成29(2017)年7月5日 宮崎日日新聞 朝刊〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス