カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


福岡県元受刑者の住所届け出条例

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > 受刑者のニュース > 福岡県元受刑者の住所届け出条例
Icon-path.jpg メインページ > 福岡県 > 福岡県元受刑者の住所届け出条例

福岡県元受刑者の住所届け出条例

所在地 福岡県
TEL
FAX

元受刑者に住所届け出義務 子どもへの性犯罪、条例成立 福岡県
18歳未満の子どもへの性犯罪で服役した出所者に対し、住所の届け出を義務付ける議員提案の条例が21日、福岡県議会の本会議で可決、成立した。
出所者の再犯防止と社会復帰の支援につなげるのが目的。
同様の条例は2012年施行の大阪府に次いで都道府県で2例目となる。
条例は、18歳未満への強制性交や強制わいせつ、児童買春などの罪で服役した出所者が、刑期満了から5年を経過する前に県内に住む場合、氏名や住所(または居所)、連絡先、罪名などを県に届け出ることを義務付ける内容。
正当な理由がない違反者には5万円以下の過料を科す。 
取得した情報は、出所者の再犯防止と社会復帰に向けた支援に限って使用し、これらの目的以外に使ってはならないと明記。
知事は、指導プログラムや治療を受けるよう勧奨できると定めた。(了)
〔◆平成31(2019)年2月21日 時事通信 〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス