カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


親のいじめ対応策

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索

親のいじめ対応策

わが子がいじめに! そんなあなたが「モンペ扱い」されずに問題解決できる、5つの「行動マニュアル」
SNS時代に突入し、さらに陰湿になるいじめ問題
親ならどうすべき?
学校に通う子どもを持つ親なら誰しも、「学校内でいじめが起きていないか」と気にかけるでしょう。
最近は保護者世代が子どもだったころには存在しなかった、会員制交流サイ(SNS)によるいじめなども発生しており、周囲から気づかれにくいケースも増えています。
【データ】8割近くのママ、子どもの教育について不安を感じていることが判明!
将来への不安を払拭するためにはどうしたらいい?
東京都が2018年10月に発表した、「平成29年度における児童・生徒の問題行動・不登校等の実態について」によると、東京都内の公立小中高と特別支援学校でのいじめ発生件数は3万1049件に上ります。
そこで今回は、被害者の立場から見た子どものいじめ問題と、その行動マニュアルを公開します。
親がわが子どものいじめを知るのには、時間がかかります。
大半の子どもは「親に知られたくない」と、何事もなかったように振る舞うからです。
その無理が重なると、食欲不振や起床できなくなるなど、体調や精神に変調となって現れます。
親はその頃になって、いじめを受けていることにようやく気づくのです。
突き放すような言動は絶対NG
いじめに気づいたあとに、親が取り組むべき行動は、
1.必ず子どもの居場所を作る
2.子どもの辛さに共感する
3.いきなり学校に抗議に行かず、文書を提出する
4.加害者の親と直接コンタクトを取らず、学校を介す
5.事態が好転しないなら、積極的に動く
この5つです。ひとつずつ紹介していきます。
1.必ず子どもの居場所を作る
いじめを受けている子どもは、心にダメージを受けています。
子どもが安心して過ごせる場所を、何よりも優先して作るようにしましょう。
習い事が「オアシス」なら、習い事の先生に相談して回数を増やしたり、滞在時間を長くしたりしてください。
学校は行けるけど教室に入れない、という場合は保健室登校をしたり、学校を休ませたりなどして、子どもの心を落ち着かせるようにしてください。
2.子どもの辛さに共感する
いじめを受けていた子どもは、精神的にボロボロの状態です。
わが子の辛さを理解し、「辛かったね」「嫌だったよね」と声を掛けてください。
子どもは親からの優しい言葉を何よりも求めています。
ここで、「いじめられるのはあなたが弱いから」など突き放すような言動をすると、子どもの心が折れてしまう可能性が高くなります。
絶対に言わないようにしましょう。
「この辛さを一緒に解決していこうね」と、いじめ解決に一緒に取り組む姿勢をみせると、子どもは安心して過ごせるようになります。
わが子がいじめに! そんなあなたが「モンペ扱い」されずに問題解決できる、5つの「行動マニュアル」
親が積極的にサポートしよう
わが子を守るために積極的に動こう
残り3つです。
3.いきなり学校に抗議に行かず、文書を提出する
「うちの子がいじめられている!」と、学校に殴り込むような真似は絶対に止めましょう。
子どもを預かっている学校は、中立の立場で問題を解決しようとします。
そのため被害者側にとって、その態度が「事なかれ主義」と映るかもしれません。
しかしその結果、親が一方的に文句を言うと、「モンスターペアレンツ」と思われてしまい、学校から距離を置かれる危険性があります。
学校にいじめの現状を伝える際、電話では感情的になる恐れがあるため、代わりに文書を作成しましょう。
コピーなどの証拠も残るのでおすすめです。
4.加害者の親と直接コンタクトを取らずに、学校を介す
加害者の親と直接コンタクトを取り、謝罪を求めるのは止めましょう。
両者が直接会うことで問題が複雑化し、子どもにとって大きなマイナスになります。
「うちの子はそんなことしていません」「言いがかりにもほどがある」と、加害者の親が怒り出して態度を硬化させると、真摯にいじめ問題と向き合わない可能性があるためです。
文句のひとつでも言いたい気持ちをグッとこらえ、必ず担任の先生などを介し、被害者側の言い分や、加害者から受けている内容を伝えるよう心がけてください。
5.事態が好転しないなら、積極的に動く
担任の先生だけでは心細いと感じた場合、学年主任の先生と話をしたい旨を伝えましょう。
「クラスだけの問題なのか、この学年全体で見られることなのか気になる」と担任の先生に相談するのです。
状況が変わらないのであれば、校長や教育委員会にうったえ事態を収拾させるようにしましょう。
被害者のうったえを学校が放置しているようであれば人権団体、いじめの内容が悪質ならば警察に相談するなど、わが子を守るために積極的に動くことが求められます。
常に子どもに寄り添い、味方でいよう
最後にまとめです。
いじめの発生件数は減少するどころか、増加の一途を辿っています。
とくにSNSが原因のいじめは可視化しにくく、学校の先生も把握するのが難しくなっています。
繰り返しになりますが、子どもは親を困らせたり、悲しませたりしまいと、いじめを受けていることを隠し、無理に明るい子を演じます。
普段から会話をし、「そういえば最近、学校の話をしなくなったね」など、子どもの変化を敏感にキャッチしましょう。
わが子がいじめを受けていると分かったら、感情的にならず心を落ち着かせて子どもを第一に考え、学校と協議を重ねていきましょう。
常に子どもに寄り添い、味方でいることを態度で示し、問題と向き合うことを意識してください。
〔2019年7/28(日) アーバン ライフ メトロ 中山まち子(ライター、元塾講師)〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス