カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


里親への実情調査

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索

里親への実情調査

里親の80%超 養育に困難感じる NHK調査 専門家 自治体支援必要
里親が置かれている厳しい実情が明らかになりました。
NHKが全国の里親を対象に独自にアンケート調査を行ったところ、80%以上が、子どもを養育するうえで困難を感じたと回答しました。
国は今後、里親への委託率を大幅に拡大する方針で、専門家は、きめの細かい支援が必要だと指摘しています。
虐待などを受け、親元を離れて暮らす子どもについて、厚生労働省は、家庭的な環境で育てようと、施設ではなく里親に預ける子どもの数を、今後、およそ3倍に増やす目標を掲げ、自治体に対し、目標に沿った計画を作るよう、今週中にも伝えることにしています。
NHKはことし1月、里親の有志のグループとともに、全国の里親を対象に、アンケート調査を行い、553人から回答を得ました。
この中で、「養育で困っていることはあるか」と尋ねたところ、80点6%が「はい」と答えました。
どんなことに困っているか複数回答で聞いたところ、子どもの行動について、▽「基本的生活に難しさがある」が最も多く52点5%、次いで、▽「愛着障害が見られる」が50点9%、▽「ばれるようなウソをつく」が39点7%でした。
また、里親のおよそ4人に1人にあたる26点6%が、養育に困難を感じるなどして子どもとの関係を解消する「委託解除」の経験があると答えました。
里親の問題について詳しい静岡大学の白井千晶(しらい・ちあき)教授は、「子どもたちは問題行動を起こして里親の愛情を試そうとすることがあり、こうした困難な側面を社会に知ってもらうことが重要だ。自治体がNPOなどと連携し、里親家庭をきめ細かく支援する必要がある」と話しています。
〔◆平成30(2018)年3月28日 NHKニュース〕

里親に厳しい実情・NHKアンケート 自由記述蘭にさまざまな意見
アンケートの自由記述欄には、たくさんの声が寄せられました。
「里子は我が家をとても明るくしてくれている。子供にとっても、ありのままを受け入れ、大切にしてくれる家庭は絶対に必要だと思う」とか、「子供と接していくと可愛くて仕方なくなり、親子は血のつながりだけではないことを身をもって感じた」、「障害児を育てている。とても愛おしく、小さな成長をともに喜ぶことが生き甲斐になっている」など里親として子どもを育てる喜びを感じているという声が数多く寄せられました。
一方、制度の課題を指摘する意見もありました。
「里親制度をよく知らない人が多く、里子を養育していることを隠す里親が多い。堂々と言える社会になればいいなと思う」とか、「安心して里親ができるための具体的で実践的な支援を作っていかなくてはならないと思う」という意見もありました。
また、「親権が強すぎて、親が同意をしないばかりに面会もないのに何年も施設で過ごす子供がいてかわいそうだ」、「制度が里親のハードルを高くしていると感じる。日帰りの預かりから始めて、いずれ里親になるなど段階的な研修システムを構築していくべき」などといった声も寄せられました
〔◆平成30(2018)年3月28日 NHKニュース〕

里親調査 委託解除回答の26.6%の里親 自由記述に“つらい心境”
アンケートで、子どもとの関係を解消する「委託解除」を経験したと回答した26点6%の里親たちは、自由記述のなかで、つらい心境を綴っています。
このなかでは、「このまま育てていたら虐待してしまうと思い、不調(養育関係を解消)にしてもらった」とか、「自分たちの精神的負担が限界だった」など、子どもを育てる難しさに直面したという回答が複数寄せられました。
また、「子どもを見捨てたようで、後悔ばかりが残っている」「力不足を感じている」など自分を責める記述もありました。
一方、「児童相談所が一方的に子どもを連れて行ってしまった」「もう少し、がんばってみたいのに、その機会が与えられなかった」など子どもの養育環境を決める児童相談所の対応について不満の声も寄せられました。
〔◆平成30(2018)年3月28日 NHKニュース〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス