カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


鶴岡市いじめ問題対応委員会

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > いじめのニュース > 鶴岡市いじめ問題対応委員会
Icon-path.jpg メインページ > 山形県 > 鶴岡市 > 鶴岡市いじめ問題対応委員会

鶴岡市いじめ問題対応委員会

所在地 山形県鶴岡市
TEL
FAX

鶴岡のいじめ問題、第三者委を設置へ 今月中にも市教委
鶴岡市教育委員会は、市立小学校内でいじめがあり被害児童1人が不登校になっているとして、いじめ問題に対応する市条例に基づき、
第三者委員会「いじめ問題対応委員会」を今月中にも設置する。
市教委によると、被害児童は、同じ学級の複数の児童からいじめを受け、5月下旬から不登校になっている。
市教委では5月20日以降、小学校とともに被害児童やいじめをした児童や保護者からも聞き取りを行い、
いじめ防止対策推進法に規定された「いじめを起因する重大事態」が発生したとして第三者委の設置を決めた。
〔2019年8/21(水) 産経新聞〕

いじめ調査の第三者委初会合・次回以降に調査本格化へ 仲間外れや物壊され・児童不登校に 山形・鶴岡市
鶴岡市の小学生が同級生からいじめを受けていたとされる問題で、全容解明に向けた第三者委員会の初会合が16日、開かれた。
鶴岡市によると、この問題は、市内の小学校に通う児童が複数の同級生から仲間外れにされたり持ち物を壊されたりして、今年5月から不登校となったもの。
市は8月、いじめ防止対策推進法に基づき、事実の解明や再発防止策の検討、
学校と教育委員会の対応に問題が無かったかを調査・検証する第三者委員会の設置を決めていた。
委員会は法律や医療、心理学など専門家5人で構成され、非公開で行われた初会合では事案や今後の進め方などを確認した。
いじめを受けた児童は、2学期から別の教室に通えるようになったが、保護者の話では11月以降、登校が再び難しくなっているという。
次回の会合は1月中旬に開かれ、調査を本格化させる予定。
〔2019年12/17(火) さくらんぼテレビ〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス