カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


SIA PROJECT

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索

SIA PROJECT

まず相談 子供が不登校になったら受けられる5つのサポート
ゴールデンウイークが明けたこの時季は、子供が不登校になりやすいとされる。
自分の子供がそうなったら、どう対応すればいいのか。
「SIA PROJECT」代表で、不登校解決カウンセラーの木村優一氏に聞いた。
「サポート機関は、直接的なものから間接的なものまでありますが、状況に合わせて、受けられる支援をチェックするといいでしょう」
支援機関は大きく分けて5種類。
手っ取り早いのが、「相談窓口」だ。
子供を直接支援してくれる機関を探す前に、まずは親自身がここで相談。間接的に子供の支援となる。
そんな窓口が、「教育センター」「ひきこもり地域支援センター」だという。
学校の保健室や別室への登校は、学校によっては出席日数にカウントされるケースがある。
出席日数が考慮される支援があることを親として知っておこう。
ただし、子供に「出席日数のために行ったら?」などとは言わず、「情報として耳に入れておくだけでいい」という。
そんな支援が、「保健室登校」「別室登校」「教育支援センター(適応指導教室)」「フリースクール」だ。
親として一番気になるのは学力だろう。
「学校に行きたくても勉強の遅れが不安で再登校ができなくなるケースがあります。
学習面の支援は、早い段階から受けておいたほうが無難。
しかし、勉強の遅れが原因で不登校になった場合は、プレッシャーを与えずにうまく情報提供することが重要です」
そんな「学習面での支援」が、「学習塾」「家庭教師」「通信教育」となる。
もうひとつが、「心身面の支援」だ。親と子供のそれぞれのカウンセリングや子供向けの心療内科など。
「心と体が健やかになれば、登校する気力も湧きやすい。ただし、受けるかどうかは子供の意思を尊重することです」
最後は、「環境変化による支援」。
「留学や転校などでガラリと環境を変えると、あっさり学校に行くようになるケースもあります」 
いずれも公的な機関から民間機関までさまざまだが、本当に子供が求めているのかどうか、その子自身にフィットしたものを選ぶことが大切だ。
「そこがズレていたら支援が支援にならず、逆に不登校悪化に向かわせる要因となります。要注意です」
親が勝手に決めて無理やり通わせるのは、ご法度だ。
〔平成30(2018)5/20(日)日刊ゲンダイDIGITAL〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス