カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


ATAC(エイタック)カンファレンス

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > 発達障害のニュース > ATAC(エイタック)カンファレンス

ATAC(エイタック)カンファレンス

【特集】不登校児たちに「眠る才能」…引き出されたのは何故?異才発掘に挑む東大教授
約43万人。これは不登校、もしくは学校生活に馴染めない中学生の数です。 なかには障害のためになじめなかったもののあるきっかけで眠っている才能が開花した子どもたちがいます。
そこにはどんな秘密があったのでしょうか。
カンテレ「報道ランナー」 読み書き困難で不登校…今や青年実業家
自由自在にドローンを操る高梨智樹さん。
17歳で日本チャンピオンになり、翌年、ドローンで撮影をする会社を起こした「青年実業家」です。
実は高梨さん、ある障害と診断されていました。
【高梨さん】「書くのほとんど書けなくて、自分の名前もひらがなで書くのが精いっぱいなんです。
読む方は『こんにちわ』とか、一言ぐらいなら読めますよ」
読み書きが困難なディスレクシアという発達障害です。
高梨さんが参加したのは毎年京都で開かれているATAC(エイタック)カンファレンスという研究会。
カンテレ「報道ランナー」
学びや生活に困難を抱える子供や親を支援するための技術や子供の才能を引き出した実例などを紹介してきました。
【中邑教授】「パソコンやスマホ使って大学入試受けたっていいじゃないか」
カンテレ「報道ランナー」
研究会の中心人物はこの人。東京大学先端科学技術研究センターの中邑賢龍教授です。
【中邑教授】「道具はいっぱい持ってますよ」
そういって紹介してくれたのは、タッチすることで教科書を読み上げてくれるリーディングペンという道具。
【中邑教授】「こんなもんがあるなんて信じられないでしょ」
中邑研究室では、子供たちにデジタル教材など「読み書き」を補うツールを紹介。
学校にも「合理的配慮」としてツールの使用を認めさせることで子供たちの学びを取り戻してきました。
カンテレ「報道ランナー」 【中邑教授に支援された母親】
「なんというか、神様というか。支えてもらいました。
枠から外れたっていいじゃないかという安心をもらったりとか。外れてること楽しもうよと」
小学生の時読み書きができないことのストレスで不登校になった高梨さん。 中学で中邑教授と出会ったことをきっかけに発達障害の診断を受け、「代読してもらう」という「合理的配慮」で高校受験に合格しました。
カンテレ「報道ランナー」
【高梨さん】
「今までそれがあって不自由あって出来なかったことが不自由じゃなくなったのでできるようになった。
できるようになったら、周りの人より行動力あって本気になればちゃんとやれる。
他の人と比べなくなったのも大きい。その人はその人、僕は僕」
子供の特性を生かす、異才発掘プロジェクト
今年の研究会には料理研究家の土井善晴さんも参加しました。
カンテレ「報道ランナー」
食材そのものの良さを引き出す土井さんの料理哲学に中邑教授も相通ずるものを感じていました。
【中邑教授】
「今、子供を見てるだろうか?子供を愛せるかどうかが思い通りの学校に行ったかとかそういうことだけになっていないだろうか?
やはり子供には子供の、食材には食材の強さがある」
【土井さん】「そのままのよさがあるからね。すでにいいんです」
【中邑教授】「子供には子供の良さがあり強さがある」
子供の特性が生かされることを目指して、中邑教授が6年前に始めたのが異才発掘プロジェクトRocketです。
普通の学校では学べない様々なプログラムを作り最先端で活躍する人達を講師に招いてきました。
参加している子供たちの約3分の1は学校には行っていません。
この日、研究会の会場の一角ではRocketの子供たちの作品が展示されました。
【中邑教授】「どうお客さん?みんな見てくれてる?」
京都府南丹市に住む吉田悠太君。
小学1年生の秋、教室で聞こえる話し声が耳の中でぐちゃぐちゃになり学校に行けなくなりました。
4年生の時、ロケットの説明会に参加して初めて、両親は不登校の悠太君を認めることができるようになりました。
【悠太君の母・和美さん】
「周りから認められなくてもこの子を見守れる気持ちが沸いたというか。
それまではどうしても『学校行かさないと』と自分も思うし、周りも言うし。すごく苦しかったんで」
好きをとことん突き詰める
中邑教授から言われた言葉は「好きなことをとことん突き詰めること」。
悠太君が突き詰めているのは模写と版画。
気づけば一日十時間以上も没頭していることがあります。
【悠太君の母・和美さん】「悠太、きりの良いところでお昼」
【悠太君の父】「全然反応ないわ」
【母・和美さん】「ちょっとびっくりして、なんか才能あるんかもと」
人の話し声が嫌いで教室に入ることもできなかった悠太君。
版画を作り、ロケットに参加してからは、一人で東京に行き、人前で発表できるようになりました。
カンテレ「報道ランナー」
【悠太君】「変わった?」
【母・和美さん】「緊張したら顔面蒼白になるとことか」
【悠太君】「なんで変わったんやろうな」
カンテレ「報道ランナー」
変わるべきは子供か、社会か
悠太君は今、プロの彫師に弟子入りし、本格的な修行を始めています。
カンテレ「報道ランナー」
【中邑教授】
「人と違ってもいい。俺は俺で堂々と生きるという、変わった子供たち、ユニークな子供たちが、つぶされず育つ世の中を作れば、
20年後、30年後面白い社会がくると思ってやってるだけのことなんですよ。
気の長い話ですよね。本当かどうかもわからない話。だけど必ずそうなる。
なぜかといえば、人間はやりたい方向に伸びていくのが一番力を発揮できるからです」
変わるべきは子供なのか?
   それとも社会なのか?
眠っている才能はまだまだ沢山あるのかもしれません。
〔2020年1/12(日) 関西テレビ カンテレ「報道ランナー」2020年1月7日放送より〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス