カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


不登校ユーチューバーゆたぼん

(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(不登校ユーチューバーゆたぼん)
1行: 1行:
 
{{topicpath | [[メインページ]] > [[:Category:ひきこもり周辺ニュース|ひきこもり周辺ニュース]] > [[:Category:不登校のニュース|不登校のニュース]] > {{PAGENAME}} }}
 
{{topicpath | [[メインページ]] > [[:Category:ひきこもり周辺ニュース|ひきこもり周辺ニュース]] > [[:Category:不登校のニュース|不登校のニュース]] > {{PAGENAME}} }}
 +
 +
 +
 +
 +
 +
===[[:Category:周辺ニュース|周辺ニュース]]===
 +
ページ名[[不登校ユーチューバーゆたぼん]]、() <br>
 +
'''不登校YouTuber・ゆたぼんから考える、不登校問題で一番大切なことは?''' <br>
 +
「不登校は不幸じゃない」をキャッチコピーに「少年革命家」を名乗り、“不登校ユーチューバー”として「ゆたぼん」(10歳)が注目を集めた。<br>
 +
不登校児は年々増加しており、『不登校新聞』編集長の石井志昂氏によると、「少子化にもかかわらず、不登校の児童生徒数の割合はこの20年で1.5倍に増え、過去最多になっている」という。<br>
 +
だが、文部科学省の「不登校経験者への追跡調査」によると、「行かなくてよかった」と肯定的評価をしているのは約1割で、約4割が「行けばよかった」と後悔しているのも事実だ。<br>
 +
'''大切なのは、不登校から復帰させる社会の仕組み'''<br>
 +
当時者たちの話を聞くと不登校だったことを後悔する声はあるが、かといって、いじめなどが原因で不登校に陥った深刻なケースもあるため、「学校に行かせればいい」というわけではない。<br>
 +
前述の文部科学省調査でも、いじめなどが原因で不登校になった人は、不登校を肯定的にとらえる意見が目立った。健康社会学者の河合薫氏もそれに同調する。<br>
 +
「生きている限りストレスや困難は必ずあるので、乗り越えようと頑張ることは大事なこと。でも、本当に辛くて耐えられないときは休んでもいいんです」<br>
 +
河合氏は、「本当に大切なのは、不登校で逃げても、そこから復帰できる選択のある社会」だと主張する。<br>
 +
「不登校をきっかけに進学や就職ができない『社会難民』が増えています。今の不登校児たちが将来、そうならないように『クラスジャパンプロジェクト』に取り組んでいます。これは自宅で学ぶ小中学生のためのネットスクール。<br>
 +
まずはネット上にクラスをつくりコミュニケーションを取ることから始め、学校や企業、地域が一丸となって、学校を長期間休んでいる子供たちが学び段階を踏みながら学校復帰に向けて在宅でも学校復帰でも、自分で選択できるように支援するというものです。<br>
 +
在籍学校との密な連携を行い学習状況は授業出席扱いとして認められます」<br>
 +
'''我々大人に課せられた使命'''<br>
 +
近年、出席認定されるフリースクールも増えつつある。<br>
 +
中学から不登校になった中島匠一さん(25歳)はフリースクールで過ごした生活についてこう語る。<br>
 +
「教室にはテレビが3台も置いてあり、テレビゲームをしてるだけでもいいし、ジェンガなどの遊び道具もたくさんあって家のような雰囲気でした。<br>
 +
おかげで不登校になってもさまざまな学び方があると知り、将来の夢も見つけることができました」<br>
 +
子供たちが「不登校になっても復帰できる社会」をつくることこそが、我々大人に課せられた使命なのかもしれない。<br>
 +
<取材・文/週刊SPA!編集部><br>
 +
〔2019年6/4(火) 週刊SPA!※週刊SPA!6月4日発売号「元・不登校児たちの主張」特集より〕 <br>
  
 
==不登校ユーチューバーゆたぼん==
 
==不登校ユーチューバーゆたぼん==

2019年6月12日 (水) 15:52時点における版

Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > 不登校のニュース > 不登校ユーチューバーゆたぼん



周辺ニュース

ページ名不登校ユーチューバーゆたぼん、()
不登校YouTuber・ゆたぼんから考える、不登校問題で一番大切なことは?
「不登校は不幸じゃない」をキャッチコピーに「少年革命家」を名乗り、“不登校ユーチューバー”として「ゆたぼん」(10歳)が注目を集めた。
不登校児は年々増加しており、『不登校新聞』編集長の石井志昂氏によると、「少子化にもかかわらず、不登校の児童生徒数の割合はこの20年で1.5倍に増え、過去最多になっている」という。
だが、文部科学省の「不登校経験者への追跡調査」によると、「行かなくてよかった」と肯定的評価をしているのは約1割で、約4割が「行けばよかった」と後悔しているのも事実だ。
大切なのは、不登校から復帰させる社会の仕組み
当時者たちの話を聞くと不登校だったことを後悔する声はあるが、かといって、いじめなどが原因で不登校に陥った深刻なケースもあるため、「学校に行かせればいい」というわけではない。
前述の文部科学省調査でも、いじめなどが原因で不登校になった人は、不登校を肯定的にとらえる意見が目立った。健康社会学者の河合薫氏もそれに同調する。
「生きている限りストレスや困難は必ずあるので、乗り越えようと頑張ることは大事なこと。でも、本当に辛くて耐えられないときは休んでもいいんです」
河合氏は、「本当に大切なのは、不登校で逃げても、そこから復帰できる選択のある社会」だと主張する。
「不登校をきっかけに進学や就職ができない『社会難民』が増えています。今の不登校児たちが将来、そうならないように『クラスジャパンプロジェクト』に取り組んでいます。これは自宅で学ぶ小中学生のためのネットスクール。
まずはネット上にクラスをつくりコミュニケーションを取ることから始め、学校や企業、地域が一丸となって、学校を長期間休んでいる子供たちが学び段階を踏みながら学校復帰に向けて在宅でも学校復帰でも、自分で選択できるように支援するというものです。
在籍学校との密な連携を行い学習状況は授業出席扱いとして認められます」
我々大人に課せられた使命
近年、出席認定されるフリースクールも増えつつある。
中学から不登校になった中島匠一さん(25歳)はフリースクールで過ごした生活についてこう語る。
「教室にはテレビが3台も置いてあり、テレビゲームをしてるだけでもいいし、ジェンガなどの遊び道具もたくさんあって家のような雰囲気でした。
おかげで不登校になってもさまざまな学び方があると知り、将来の夢も見つけることができました」
子供たちが「不登校になっても復帰できる社会」をつくることこそが、我々大人に課せられた使命なのかもしれない。
<取材・文/週刊SPA!編集部>
〔2019年6/4(火) 週刊SPA!※週刊SPA!6月4日発売号「元・不登校児たちの主張」特集より〕

不登校ユーチューバーゆたぼん

坂上忍 10歳ユーチューバーの親は「大変だと思う」 自身が親なら?「誰かと交わって経験を」
俳優の坂上忍(51)が15日、MCを務めるフジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。
学校に通わずユーチューバーとして活動する10歳の少年について言及した。
ユーチューバーの少年が不登校という選択肢を選んでいることについて、坂上は、3歳の頃から子役として活動していた経験から「ある程度の年齢になった時には当然いじめの対象になりました。
ただ、うちの兄貴とか同級生とかが助けてくれて、乗り越えられたタイプ。
でも乗り越えられない人もいる。乗り越えられない子たちをどうこう言うことは僕にはできない。
僕も乗り越えられない可能性があったから」と語った。
それでも、自分が親の立場であったら「家でパソコンをいじるユーチューバーも立派なお仕事なのかもしれないけど、でも誰かと交わって経験を積んでほしいから、お寿司屋さんでも、修行でも、誰かの下で働いてくれませんかっていう方向にいくかな」と持論を語った。
また、少年の親の心境についても「ずっと家にいるんでしょ。親御さんも大変だと思う」「親のスネをずっとかじっているというパターンもあるから、多分親御さんはそういう心配っていうのがどこかにはあると思う」と推察していた。
〔2019年5/15(水) スポニチアネックス〕

不登校10歳ユーチューバーを「バイキング」が直撃…安藤和津「投げちゃうのはどうか」矢作兼「ハードモード選択してる」
15日放送のフジテレビ系「バイキング」(月~金曜・前11時55分)では、学校に通わずユーチューバーとして活動する10歳の少年ユーチューバーについて特集した。
番組では少年と父親に直撃インタビューを敢行。宿題を巡る教師とのトラブルなどが原因で不登校になった少年は現在、自宅でパソコンを楽しむなど自由に過ごしており「勉強は書くことだけが勉強じゃない。パソコンを打つのも勉強」などと持論。父親は「多様な生き方っていうのも認められてもいい」と理解を示しつつ「(学校に)楽しんで行けるんであれば、そこは行って欲しい」とも語った。
エッセイストでタレントの安藤和津(71)は、自身もいじめが原因で不登校になったことを告白した上で「不登校から立ち直って、学校に行ったことを今とっても良かったと思ってる」とコメント。少年が宿題を拒否したと自身の動画で発信したことに触れ「いじめで命を絶つくらい苦しんでるなら不登校でもいいけども、こういう発信を革命家としてやられちゃったらね、宿題やりたくない子はみんな学校行かなくなっちゃうのよ。それはダメ」と語った。 その上で「大人になってから本当の幸せをつかむには、嫌なこともちょっと我慢する。やらなきゃいけないこと、やりたくなくても頑張ってやる。そういう積み重ねと、学校は友達とか先生とかとのコミュニケーション能力を一生懸命学ぶ場所でもあるから。勉強じゃない。それを投げちゃうのは私はどうかと思う」と続け、「あと携帯は小学校5年生には持たせません」と語気を強めた。
子育て中の松嶋尚美(47)は「私は勉強もその子の宝と思ってる」とし、「100点取らんでも、15点でもいいからその子の宝になってると思うから、(学校に)行って人間関係なり、ちょっとした勉強、漢字一句覚えるって大事なんじゃないかな」と私見を口にした。
また、「おぎやはぎ」の矢作兼(47)はMCの坂上忍(51)から子供が学校に行きたくないと言ったときにどう対応するか質問されると「お前はゲームで言ったらハードモード選択するようなもんなんだぞって教えてあげるかな」と返答。「学校行った方がイージーモードなの。簡単じゃん。やめてから人生超大変だかんね。子供には小学校行って、ちゃんとやった方がイージーモードで人生行けるからハードモード選ばない方がいいよって(言う)。いばら(の道)だもん」と独自の見解を示した。
坂上は子役時代に学校でいじめられたが、兄やその友人が助けてくれたと回顧。その上で「自分に子供がいて、本当に宿題がどうのこうので学校行きたくないって言ったら、俺はもうちょっと頑張ってみてって言うかな。それでも嫌だって言ったら、学校を辞めるって選択より、違う学校に行こうよとか。それでも嫌だっつったら、だったら家でパソコンいじるユーチューバーっていうのも立派なお仕事なのかもしれないけど、やっぱり誰かと交わって経験積んで欲しいから、おすし屋さんでも修行でもなんでもいいから、誰かの下で働いてくれませんか?っていう方向に行くかな」と話していた。
〔2019年5/15(水) スポーツ報知〕

あえて皆勤賞狙った学生時代…太田光、不登校10歳ユーチューバーに「地味なことで俺は大冒険を味わった」
お笑いコンビ「爆笑問題」の太田光(53)が14日放送のTBSラジオ「爆笑問題カーボーイ」(火曜深夜1・00)に出演。
学校に通わずユーチューバーとして活動する10歳の少年について、自身の体験も踏まえてメッセージを送る一幕があった。
爆問の2人がMCを務める12日放送の「サンデージャポン」(TBS系)で少年について取り上げたが、この日のラジオでもあらためて言及し、少年が「ほかの人たちがみんなロボットに見えた」「ピースボートに乗って世界中を旅したい」などと話していることについて触れた。
太田が学生時代にも不登校生徒がいたが、当時の彼らも「今の学校教育、間違ってる」と、環境への不満を口にしていたという。
「俺はそれが気に入らなくて。俺はその環境のせいじゃないと思ってたから。俺は逆に3年間皆勤賞をとろうってっていうことにした」と説明。
その上で「(少年は)大冒険だったり、麦わら帽子をかぶって『ワンピース』みたいな感じなんだと思うんだけど。
そういう地味なことで、俺は大冒険を味わったよってことまで言いたいんだけど」と訴えた。
〔2019年5/15(水) スポニチアネックス〕

「不登校は自由」10歳のYouTuberゆたぼんをめぐり、有名人からも賛否両論が大噴出
いま巷を賑わせている、YouTuber・ゆたぼんをご存知でしょうか。
彼は、小学3年生から不登校になった沖縄県在住の10歳の男の子で、“少年革命家ゆたぼん”と名乗り、「不登校は不幸じゃない」などのメッセージをYouTubeなどで発信しています。
ゆたぼんとその父にネットが大騒ぎ
再生回数100万回を超える動画もある「ゆたぼん」ですが、今回賛否両論が巻き起こったきっかけは、「琉球新報」で紹介記事が掲載されたことです。
記事によると、不登校にいたった経緯については、<宿題を拒否したところ、放課後や休み時間にさせられ不満を抱いた。
担任の言うことを聞く同級生もロボットに見え「俺までロボットになってしまう」と、学校に通わないことを決意した。
現在も「学校は行きたい時に行く」というスタイルを貫いている>(5月5日「琉球新報」より)とのことです。
これに対し、ネットでは、「いじめでもないのに、こんな理由で不登校?」「自分が行かないのはいいけど、学校に行っている子たちを批判する必要あった?」など疑問の声があがりました。
加えて、ゆたぼんの父親である中村幸也さんへの批判の声も多く、ゆたぼんと有料の親子講演会を開くなどしていることを受けて、「ゆたぼんは父親のロボットにされている」「親が子供を広告塔にしているのでは?」といった批判がネットでは多く見受けられます。
一方で擁護する意見として、「いじめなどわかりやすい理由がなくても、学校に行くのがつらい子は休んでいい」「10歳で実名顔出しで意見を言うゆたぼん君に、匿名で石を投げる大人たちのレベルの低さ」といったものもあり、賛否両論が噴出しているのです。
注目を浴びた、ゆたぼんパパの経歴
その中で、父・中村幸也さんの経歴にも注目が集まることになりました。
中村幸也さんは『あきらめる勇気』(ハート出版)という著書を出しており、出版社のサイトによれば、「中卒。元暴走族。現在は心理カウンセラー、あきらめる生き方の専門家、禁煙カウンセラー」というプロフィール。
さらに、経歴として「暴走族の副総長となる。恐喝、窃盗、傷害、暴走、喧嘩、シンナー、麻薬、覚醒剤・・・etc」。
その後、「生まれて初めてただガムシャラに働き、独学で勉強して高等学校卒業程度認定試験(旧大検)に合格」「2010年、本格的に心理学とカウンセリングを学び心理カウンセラーとなる」と記載されています(といっても、日本臨床心理士資格認定協会の「臨床心理士」ではないようです)。
中村さんのオフィシャルブログ「自由に生きるのに遠慮はいらない!」を読むと自己啓発系の“名言”が溢れ、著書がスピリチュアル系のハート出版から出ているのもうなづけます。
「応援します」など著名人から肯定的なコメントも…
著名人の中には、ゆたぼんさんの活動についてコメントをしている人も見られます。
まずは肯定的な発言を紹介していきましょう。
●茂木健一郎
脳科学者の茂木健一郎さんは、自身のTwitterに「学校に行かなくても、学ぶことは無限にできる。社会性も、学校で身につく社会性がすべてじゃない」とコメント。続けて、「応援します」と綴りました。
加えて後日の5月6日、自身のブログに「どのような学びをされるのか、ご自身の選択もあるだろうし、保護者の方の支援もあるだろう。
今後、また学校に行きたいと思うかもしれないし、いろいろ模索しているのだと思う。
そのような試み、取り組みのすべてを、ぼくは応援したいと思う」などと、改めて肯定的な姿勢を示しました。
茂木さんは実際にゆたぼんと会ったようで、5月7日に公開されたゆたぼんのYouTube動画には、茂木さんとの会話の様子がおさめられています。
●ダルビッシュ有
現在アメリカの「シカゴ・カブス」で活躍するダルビッシュ有選手も、自身のTwitterで、ゆたぼんさんのニュースを引用し「自分の好きなように生きればいいよね」とコメント。
また、「アメリカではホームスクーリングは珍しくもないし、そこから優秀な人材も沢山出ているので」とツイートしていました。
●堀江貴文
ゆたぼんというより、学校教育について意見を述べたのが“ホリエモン”こと堀江貴文さん。
自分自身について、スマホもネットもない時代の小学生だったから通っていたが、今だったら小学校に通わないという趣旨のツイートを投稿しました。
その後も、「勉強嫌いならしなくていい」「かけ算は計算機があるんだからできるようになる必要がない」など、自身の考えを積極的に述べているようです。
「だしにして稼ぐ大人が背後に」否定的な意見も
一方で、否定的な意見は著名人からも出ています。
●高須克弥院長
一方、高須クリニックの高須克弥院長は、「試験もなんにもないお化けの世界で遊んでいると常識知らずになります。学校に行く発展途上国の子供に馬鹿にされます。成人したら困窮します」と自身のTwitterに投稿。
加えて、「この子をだしにして稼ぐ大人が背後にいるような気がします。だとしたらYouTubeも被害者ではないかな?(原文ママ)」とツイートしました。
●藤吉修崇弁護士
ユーチューバー弁護士の藤吉修崇さんは、自身のYouTube動画で、憲法や学校教育法16条「保護者は子に9年の普通教育を受けさせる義務を負う」ことなどを説明し、「親として法律に違反している」と述べた上で、過去の逮捕例なども挙げて「ゆたぼんの親も逮捕される可能性がある」「弁護士として危機感を覚える」と話しました。
――今回のゆたぼんをめぐる騒動。
もしも自分たちの子どもが、なにかしらの理由で「学校に通いたくない」と言い出した時に、どうするのかを考えるきっかけになった人もいるのではないでしょうか。
いろいろな大人の意見や思惑はともかく、ひとりの10歳の少年が健やかな子供時代を過ごし、未来の選択肢が限定されないことを願ってやみません。
あなたは、賛否両論のうち、どちらに共感しますか?
〔2019年5/15(水) <文/A4studio> 女子SPA!〕

不登校ユーチューバーの記事は“親の売り込み”? 新聞社に電話し真実を明かした動画が物議
ゆたぼん公式ユーチューブチャンネルより https://www.youtube.com/channel/UCMod1HDUu_SZslmDApR8zOQ
「不登校は不幸じゃない」などの発言が話題の10歳のユーチューバー・ゆたぼんに関するある動画が話題になっている。
地元・沖縄の新聞「琉球新報」にこれまで2回取り上げられ、その中で不登校になった理由のひとつとして、「小学校3年生のときに居残りして宿題をするように命じられ、叩かれた」と紹介されていたゆたぼん。
ゆたぼんは新聞掲載について自身の動画で紹介し、10日にアップした動画の中では「俺のユーチューブのコメントでアンチがいっぱい来て苦しんでる子のコメントが見えないから、『琉球新報』の方に電話をしてください」と不登校児や悩みを抱えている子どもに呼びかけていた。
そんな中、ユーチューバーの「へずまりゅう」が13日に「【神回】10歳のYouTuberゆたぼんについて取材した記者に電話をしてみたら…」という動画を投稿。
その中で、実際にゆたぼんの動画で元気づけられた子どもがいるか検証するために、「琉球新報」のお客様相談室に電話。
新聞社側はゆたぼんがそのように呼びかけていることを把握しておらず、「それに関するお電話は全く来ていない」と回答していた。
その後、ユーチューバーは編集部の担当者の元に電話。
その中で教師からの体罰については学校側に取材はしておらず、本人たちの言い分を元に記事にしたことが明らかになり、ユーチューバーが「(ゆたぼんを)取り上げた理由はなんですかね? 沖縄の方ですごい有名になってるってことですかね?」と質問すると、「有名になっているわけではなく、彼が取り上げてほしいと。活動をしているがいまいち広がりがないので、(取り上げてほしいと)お手紙をいただいて」と、ゆたぼん側が記事の企画を持ち込んだことが判明した。
これについてネットからは、「やっぱり作られた話題だったのか…」「不登校児に響いてないって結局独りよがりな“革命”なんだね」「この件について本人なり父親なりに釈明してほしい」という声が殺到している。
「また、これについて子役として活動していた“はるかぜちゃん”こと春名風花もツイッターで、『もしかしたら僕らはまんまと乗せられているだけなのかもしれない』と驚きのコメント。
『歌やダンスをやらせて再生回数が伸びなかったから、不登校キャラで子どもを売り出す。
最初から話題に乗れば乗るほど、あのお父さんの思うつぼだった。
これで注目を浴びたらダメだ。ゆたぼん君の将来を心配するなら、私達が一切話題に出さないことが正解だ』とゆたぼんの将来を危惧するようなコメントを出しています」(芸能ライター)
賛否を集め続けているゆたぼん。まだしばらく騒動は続きそうだ――。
記事内の引用について
ゆたぼん公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCMod1HDUu_SZslmDApR8zOQ
へずまりゅう公式ユーチューブチャンネルより
https://www.youtube.com/channel/UCBTANcdAnlvF1zkQaMJto0A
春名風花公式ツイッターより
https://twitter.com/harukazechan
〔2019/5/17 リアルライブ〕

矢作兼 不登校の10歳ユーチューバーに「しょせん、よその子の話。自分の子には…」
お笑いコンビ「おぎやはぎ」の矢作兼(47)が15日、フジテレビ「バイキング」(月~金曜前11・55)に生出演。学校に通わずユーチューバーとして活動する10歳の少年が「不登校は不幸じゃない」と話していることなどについて言及した。
10歳のこの少年についてコメントを求められた矢作は「しょせん、よその子の話」と素っ気ない返答。
MCの坂上忍(51)が「お子さんが10歳になった時に“パパ、俺、あしたから学校やめてユーチューバーになっちゃうぜ”って言われたら」と聞くと、「そしたら“お前はあれだぞ。ゲームで言ったらハードモード選択するようなもんなんだぞ”って教えてあげるかな」と答えた。
ハードモードについては「学校行けばイージーモード。やめたら人生超大変だからね。小学校行ってちゃんとやっていた方がイージーモードで人生いける。ハードモード選ばない方がいいよって。いばら(の道)だもん」と説明していた。
〔2019年5/15(水) スポニチアネックス〕
[[Category:|ふとうこうゆーちゅーばーゆたぼん]]

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス