カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


元農水次官による長男殺害事件

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
(版間での差分)
移動: 案内, 検索
(ページの作成:「{{topicpath | メインページ > ひきこもり周辺ニュース > [[:Category:|◎]] > {{PAGENAME}} }} {{topi...」)
 
 
15行: 15行:
 
</tr>
 
</tr>
 
</table>
 
</table>
 +
 +
 +
===[[:Category:周辺ニュース|周辺ニュース]]===
 +
ページ名[[元農水次官による長男殺害事件]]、東京都練馬区 (8050問題、事件事故) <br>
 +
'''「”お金があるから引きこもろう”と思う人はまずいない」元農水次官による長男殺害事件、元当事者の見方は'''<br>
 +
「身の危険を感じ、周囲に迷惑がかかると思い殺した」。農林水産省の元事務次官・熊沢英昭容疑者が44歳の長男・英一郎さんを殺害した事件。自宅からは“長男を殺す“などと記された書き置きが見つかっているという。<br>
 +
警察の調べに対し熊沢容疑者は、英一郎さんが家庭内で暴力を振るっていたと供述、さらに「川崎市登戸の事件が頭に浮かび、同じようにならないように考えた」という趣旨の供述もしているという。犯行当日、近くの小学校では運動会が行われており、“音がうるさい“と長男と口論になっていたとみられている。<br>
 +
ひきこもりがちだったという英一郎さんは、オンラインゲーム上では多くの人に認知される存在で、本人のものとみられるTwitterには「2ちゃんのニートちゃん達へ 2018年5月の支払い予定分のご利用明細合計323,729円 これが今月の私のクレカの支払額だ 君達の両親が必死で働いて稼ぐ給料より多いんだよ(去年6月)」と投稿。<br>
 +
また、父親である熊沢容疑者を自慢するような「立場を弁えなさい!!!庶民が私の父親と会話なんか出来る訳無いでしょうが!!!」「私は、お前ら庶民とは、生まれた時から人生が違うのさw」となどと投稿。その一方、母親に関しては「だから中2の時、初めて愚母を殴り倒した時の快感は今でも覚えている」「もし殺人許可書とかもらったら真っ先に愚母を殺すな(2014年10月)」と投稿していた。<br>
 +
30年以上から“ひきこもり“という言葉を提唱、不登校問題などに取り組んできた精神科医の斎藤環氏は「ネットが普及して以降、ひきこもりの人のライフスタイルが変わったということはそれほどないと思う。そもそも、あまり人とつながろうとしている人が少ないので、私が見ている中ではゲームか動画か掲示板という感じだ。ゲームのヘビーユーザーもそんなにいないという印象を持っていて、そこそこ使っている人で5割~6割ぐらい。残りの人は何をしているかというと、部屋でぼーっとしていたり、横になったりとという人が多い。そんな中、今回は例外的なヘビーユーザーだという印象がある。ゲームに月32万円も課金していたということだが、私の経験では珍しい」と話す。<br>
 +
さらに「Tweetの内容について、すごく自己中心的で傲慢な印象を受けるかもしれないが、そもそもSNS上はマウンティング合戦をするところなので、これは基本的な、デフォルトの書き方。本人がこの通りに考えていた可能性は低いと考えられるし、むしろ自虐というか、“親の金をこんなに使って暮らしている情けない状態だ“という自暴自棄な印象がある。もう一つ、長く引きこもっている方の何割かにみられる考えだが、彼も間違いなく自分の状況について不本意だと感じていたと思うが、その原因は親のせいだという考え方をしていた可能性も感じられる。官僚のお父さんとは接点が少なかったと思うし、“立派な父親にとても及ばない自分“というような、ある意味で抑圧をすごく感じていたのではないか。そんな劣等感を感じつつも、人には半ばギャグとして“庶民ども“みたいな感じで父親を崇めたり、自慢したいといった屈折した意識を感じるところがある。一方、お母さんとは接点が多い分だけ恨まれやすいポジションにあったと思う。現状から遡って恨みを買うことはよくあるので、そういう可能性はあったと思う」と分析した。<br>
 +
また、今回の事件は、離れて暮らしていた英一郎さんが戻ってきてから1か月という短期間に起きている。<br>
 +
自身も24歳から約2年半のひきこもりを経験、現在は当事者たちの声を発信するメディア『ひきポス』編集長を務める石崎森人氏は、「“親にお金があるから引きこもったのでは“、という意見もあるかもしれないが、私の知る限り、人生がうまくいかなくなって、気づいたらひきこもり、抜け出せなくなっていた、というケースがほとんど。“うちにはお金があるから引きこもろう“と思うような人はまずいない。そのことをまず皆さんに知って欲しいなと思う」と指摘。「別々に暮らすことで親と一緒に暮らしていることのストレスから解放されていたはずなので、わざわざ実家に殴りに帰るようなことはなかったはずで、家庭内暴力は起きていなかったはず。その意味では別々に暮らしていたのは良かったことだったのではないか」と推測した。<br>
 +
斎藤氏も「単身生活中は暴力のない、平和な状態が続いていたと思う。しかし帰って来るなり暴力が始まったと考えるならば、1か月は相当長い期間だと思う。というのも、慢性的に暴力を振るう人の場合、“ご飯がまずい““石けん替えていない“とか、“タオルが濡れている“とか、そういう半ば言いがかりみたいな理由で毎日暴れるので、どんどんピリピリした感じになっていく。そこに川崎の事件が起こったので、“そのうち外で何かやらかすのではないか“と思い込むのも流れとしては分かる」と話した。<br>
 +
'''「”お金があるから引きこもろう”と思う人はまずいない」元農水次官による長男殺害事件、元当事者の見方は'''
 +
長男のものとみられる投稿 <br>
 +
この「川崎の事件と同じならないようにと思った」という趣旨の供述に対しては、「将来的な犠牲者が出る前に、親が責任を持ってけりをつけたのか」「ある意味、立派なお父さんだ。情状酌量を」「殺人は悪。しかし加害者の気持ちも分かる」など、熊沢容疑者の心情を慮る声もある。<br>
 +
斎藤氏は「私は同情的ではないところもある。なぜかと言いえば、お父さんが外に助けを求めた形跡がないからだ。保健所やカウンセラーもあるし、暴力なら警察、さらに警察経由で病院というルートもある。恥の意識やエリート意識があったのかもしれないが、自分で抱え込んで何とかしようという決意をされていたのではと思う。ただ、それにはどうしても限界があるし、暴力を振るわれ続けると、ある種の洗脳状態になり“殺す以外に手段がない“と思い込んでしまう。そうなると“助けを求める“という発想も出てきにくい。だから、あたかも殺すしかなかったというような世論には、ちょっと私は同調できない」との考えを示した。<br>
 +
その一方、「外に出そうとすると反作用が起こるということはよくあること。どれだけ本人のことを思ってのアドバイスであったとしても、“社会に出るべきだ“という前提で関わること自体、非常に煩わしいと感じてしまう。私が知っている人の経験談で印象的だったのは、親から毎日“働け“とか“出ろ“と責められて苦しんでいたが、たまたま幼馴染が毎日散歩に付き合ってくれて、接し方としても、“たまたま色々難しい状況にあるだけで、とにかくまともな人間だ“という前提で付き合ってくれたので、結果的に抜け出すことができた、というものだ。やはり普通に接してくれる人の方が非常にありがたいのではないかと思う」と話した。<br>
 +
議論を受け、カンニング竹山は「この1週間、自分なりに色々考えた結果、少し変わってきた。まだまだ勉強しないといけないし、暴論かもしれないけれど、“引きこもって何が悪い、別にいいじゃないか“って、そう思うようになった」と話していた。<br>
 +
〔2019年6/4(火) AbemaTIMESAbemaTV/『AbemaPrime』〕 <br>
  
 
===[[:Category:周辺ニュース|周辺ニュース]]===
 
===[[:Category:周辺ニュース|周辺ニュース]]===

2019年6月12日 (水) 15:49時点における最新版

Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > [[:Category:|◎]] > 元農水次官による長男殺害事件
Icon-path.jpg メインページ > 東京都 > 練馬区 > 元農水次官による長男殺害事件
所在地 東京都練馬区
TEL
FAX


周辺ニュース

ページ名元農水次官による長男殺害事件、東京都練馬区 (8050問題、事件事故)
「”お金があるから引きこもろう”と思う人はまずいない」元農水次官による長男殺害事件、元当事者の見方は
「身の危険を感じ、周囲に迷惑がかかると思い殺した」。農林水産省の元事務次官・熊沢英昭容疑者が44歳の長男・英一郎さんを殺害した事件。自宅からは“長男を殺す“などと記された書き置きが見つかっているという。
警察の調べに対し熊沢容疑者は、英一郎さんが家庭内で暴力を振るっていたと供述、さらに「川崎市登戸の事件が頭に浮かび、同じようにならないように考えた」という趣旨の供述もしているという。犯行当日、近くの小学校では運動会が行われており、“音がうるさい“と長男と口論になっていたとみられている。
ひきこもりがちだったという英一郎さんは、オンラインゲーム上では多くの人に認知される存在で、本人のものとみられるTwitterには「2ちゃんのニートちゃん達へ 2018年5月の支払い予定分のご利用明細合計323,729円 これが今月の私のクレカの支払額だ 君達の両親が必死で働いて稼ぐ給料より多いんだよ(去年6月)」と投稿。
また、父親である熊沢容疑者を自慢するような「立場を弁えなさい!!!庶民が私の父親と会話なんか出来る訳無いでしょうが!!!」「私は、お前ら庶民とは、生まれた時から人生が違うのさw」となどと投稿。その一方、母親に関しては「だから中2の時、初めて愚母を殴り倒した時の快感は今でも覚えている」「もし殺人許可書とかもらったら真っ先に愚母を殺すな(2014年10月)」と投稿していた。
30年以上から“ひきこもり“という言葉を提唱、不登校問題などに取り組んできた精神科医の斎藤環氏は「ネットが普及して以降、ひきこもりの人のライフスタイルが変わったということはそれほどないと思う。そもそも、あまり人とつながろうとしている人が少ないので、私が見ている中ではゲームか動画か掲示板という感じだ。ゲームのヘビーユーザーもそんなにいないという印象を持っていて、そこそこ使っている人で5割~6割ぐらい。残りの人は何をしているかというと、部屋でぼーっとしていたり、横になったりとという人が多い。そんな中、今回は例外的なヘビーユーザーだという印象がある。ゲームに月32万円も課金していたということだが、私の経験では珍しい」と話す。
さらに「Tweetの内容について、すごく自己中心的で傲慢な印象を受けるかもしれないが、そもそもSNS上はマウンティング合戦をするところなので、これは基本的な、デフォルトの書き方。本人がこの通りに考えていた可能性は低いと考えられるし、むしろ自虐というか、“親の金をこんなに使って暮らしている情けない状態だ“という自暴自棄な印象がある。もう一つ、長く引きこもっている方の何割かにみられる考えだが、彼も間違いなく自分の状況について不本意だと感じていたと思うが、その原因は親のせいだという考え方をしていた可能性も感じられる。官僚のお父さんとは接点が少なかったと思うし、“立派な父親にとても及ばない自分“というような、ある意味で抑圧をすごく感じていたのではないか。そんな劣等感を感じつつも、人には半ばギャグとして“庶民ども“みたいな感じで父親を崇めたり、自慢したいといった屈折した意識を感じるところがある。一方、お母さんとは接点が多い分だけ恨まれやすいポジションにあったと思う。現状から遡って恨みを買うことはよくあるので、そういう可能性はあったと思う」と分析した。
また、今回の事件は、離れて暮らしていた英一郎さんが戻ってきてから1か月という短期間に起きている。
自身も24歳から約2年半のひきこもりを経験、現在は当事者たちの声を発信するメディア『ひきポス』編集長を務める石崎森人氏は、「“親にお金があるから引きこもったのでは“、という意見もあるかもしれないが、私の知る限り、人生がうまくいかなくなって、気づいたらひきこもり、抜け出せなくなっていた、というケースがほとんど。“うちにはお金があるから引きこもろう“と思うような人はまずいない。そのことをまず皆さんに知って欲しいなと思う」と指摘。「別々に暮らすことで親と一緒に暮らしていることのストレスから解放されていたはずなので、わざわざ実家に殴りに帰るようなことはなかったはずで、家庭内暴力は起きていなかったはず。その意味では別々に暮らしていたのは良かったことだったのではないか」と推測した。
斎藤氏も「単身生活中は暴力のない、平和な状態が続いていたと思う。しかし帰って来るなり暴力が始まったと考えるならば、1か月は相当長い期間だと思う。というのも、慢性的に暴力を振るう人の場合、“ご飯がまずい““石けん替えていない“とか、“タオルが濡れている“とか、そういう半ば言いがかりみたいな理由で毎日暴れるので、どんどんピリピリした感じになっていく。そこに川崎の事件が起こったので、“そのうち外で何かやらかすのではないか“と思い込むのも流れとしては分かる」と話した。
「”お金があるから引きこもろう”と思う人はまずいない」元農水次官による長男殺害事件、元当事者の見方は 長男のものとみられる投稿
この「川崎の事件と同じならないようにと思った」という趣旨の供述に対しては、「将来的な犠牲者が出る前に、親が責任を持ってけりをつけたのか」「ある意味、立派なお父さんだ。情状酌量を」「殺人は悪。しかし加害者の気持ちも分かる」など、熊沢容疑者の心情を慮る声もある。
斎藤氏は「私は同情的ではないところもある。なぜかと言いえば、お父さんが外に助けを求めた形跡がないからだ。保健所やカウンセラーもあるし、暴力なら警察、さらに警察経由で病院というルートもある。恥の意識やエリート意識があったのかもしれないが、自分で抱え込んで何とかしようという決意をされていたのではと思う。ただ、それにはどうしても限界があるし、暴力を振るわれ続けると、ある種の洗脳状態になり“殺す以外に手段がない“と思い込んでしまう。そうなると“助けを求める“という発想も出てきにくい。だから、あたかも殺すしかなかったというような世論には、ちょっと私は同調できない」との考えを示した。
その一方、「外に出そうとすると反作用が起こるということはよくあること。どれだけ本人のことを思ってのアドバイスであったとしても、“社会に出るべきだ“という前提で関わること自体、非常に煩わしいと感じてしまう。私が知っている人の経験談で印象的だったのは、親から毎日“働け“とか“出ろ“と責められて苦しんでいたが、たまたま幼馴染が毎日散歩に付き合ってくれて、接し方としても、“たまたま色々難しい状況にあるだけで、とにかくまともな人間だ“という前提で付き合ってくれたので、結果的に抜け出すことができた、というものだ。やはり普通に接してくれる人の方が非常にありがたいのではないかと思う」と話した。
議論を受け、カンニング竹山は「この1週間、自分なりに色々考えた結果、少し変わってきた。まだまだ勉強しないといけないし、暴論かもしれないけれど、“引きこもって何が悪い、別にいいじゃないか“って、そう思うようになった」と話していた。
〔2019年6/4(火) AbemaTIMESAbemaTV/『AbemaPrime』〕

周辺ニュース

ページ名元農水次官による長男殺害事件、東京都練馬区 (8050
長男の傷は数十か所…「身の危険感じた」元次官アザ複数
送検される元農林水産省事務次官の熊沢英昭容疑者(3日午前、東京・練馬警察署で) 
無職の長男(44)を刺したとして、東京都練馬区の元農林水産省事務次官、熊沢英昭容疑者(76)が殺人未遂容疑で逮捕された事件で、司法解剖の結果、死亡した長男は首や胸など数十か所に刺し傷や切り傷があったことが警視庁幹部への取材でわかった。
警視庁練馬署は、長男から家庭内暴力を受けていた熊沢容疑者が、川崎市で児童ら20人が殺傷された事件を見て不安になり、長男を殺そうとしたとみている。
発表によると、熊沢容疑者は1日午後、自宅にあった包丁で長男を刺した疑い。
自ら「息子を刺した」と110番したが、長男は搬送先の病院で死亡した。
司法解剖の結果、死因は右首を深く切られたことによる失血死と判明。
傷の多さから、長男が倒れた後も刺し続けたとみられる。
練馬署は、熊沢容疑者が強い殺意を持ち、執拗(しつよう)に刺したとみて容疑を殺人に切り替えて東京地検に送検した。
捜査関係者によると、長男は中学2年の時から不登校になり、家庭内で両親に暴力をふるうようになった。
当時、熊沢容疑者は現役の官僚だった。
長男は大人になってから仕事をして実家を離れた時期もあったが、今年5月下旬に実家に戻った。
仕事に就かず、実家にひきこもってオンラインゲームにふけり、両親に暴力を繰り返したという。
長男とみられるツイッターのアカウントには、ゲームのことのほか、父親が元次官であることなどが投稿されていた。
熊沢容疑者の体には逮捕時、長男からの暴力でできたとみられる複数のアザが残っており、毎日のように暴行を受けていた可能性が高いという。
熊沢容疑者は長男の暴力について「身の危険を感じた」と供述している。
事件当日は、自宅に隣接する区立小学校で朝から運動会が開かれていた。
長男が運動会の音に「うるせえな、ぶっ殺すぞ」などと騒ぎ出したため、熊沢容疑者が注意すると、暴行を受けたという。
熊沢容疑者は調べに対し、5月28日に川崎市で私立カリタス小学校の児童ら20人が殺傷された事件を挙げ、「長男も小学生に危害を加えるのではないかと不安になった」という趣旨の供述をしている。
練馬署は、長男が近所の運動会に腹を立てたことで、暴力が家庭の外に向かうことを恐れ、長男を刺したとみている。
〔2019年6/4(火) 読売新聞オンライン〕
[[Category:|もとのうすいじかんによるちょうなんさつがいじけん]]

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス