カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


東京都フリースクール等ネットワーク

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
2020年5月1日 (金) 00:11時点におけるMatsu4585 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > フリースクール類・東京都 > 東京都フリースクール等ネットワーク
Icon-path.jpg メインページ > 東京都 > 東京都フリースクール等ネットワーク

東京都フリースクール等ネットワーク

所在地 東京都
TEL
FAX

フリースクール・ネットワークが今後活動方針明かす
不登校児童らが多様な学び方を選択できる社会作りを目指して活動する「東京都フリースクール等ネットワーク(TFN)」が11日、東京・新宿区の東京都庁で会見し、設立の理由や今後の活動方針を明かした。
「NPO法人東京シューレ」の奥地圭子理事長、「NPO法人東京コミュニティスクール」の久保一之理事長が代表発起人で、現在、都内のフリースクールなど11団体が発起人として参画を表明している。
多様な学び方を推進する各団体と、趣旨に賛同する保護者がネットワークを通じて協働することを目的にしているという。
奥地理事長は、文部科学省による調査結果をもとに「全国で小中学生の不登校児童、生徒数は16万人を超えて過去最大です。
学校に合わない子どもが、多様な学び方を選べるようになってほしい」と語った。
また、久保理事長は「不登校が増えているのは選択肢の少なさに原因があると思う。
公教育を否定するのではなく、フリースクールと公教育の壁をなくし、学びの機会を増やしていきたい」と話していた。
活動の第1段階として活動趣旨や意義などを書籍や冊子にまとめ、認知促進のためのシンポジウムを開催する。
また、活動に向けた資金獲得のためにクラウドファンディングを実施する。
〔2019年11/12(火) 日刊スポーツ〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス