カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


静岡市の特別支援教育

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
2020年2月24日 (月) 15:25時点におけるMatsu4585 (トーク | 投稿記録)による版
(差分) ←前の版 | 最新版 (差分) | 次の版→ (差分)
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 静岡県 > 静岡市 > 静岡市の特別支援教育

静岡市の特別支援教育

所在地 静岡県静岡市
TEL
FAX

特別支援教育の充実へ 静岡市総合会議、専任教諭配置を提案
特別支援教育の充実について議論する教育委員ら=市役所静岡庁舎
静岡市の田辺信宏市長と教育委員会で組織する総合教育会議は16日、2019年度の最終会合を市役所静岡庁舎で開いた。
第1回の会合で課題に挙がった特別支援教育の充実について特別支援教育コーディネーターの専任化などが施策として提案された。
市教委によると現在、特別支援教育コーディネーターは学級担任と兼務が原則。
各校に1人専任のコーディネーターを配置しきめ細かな指導を目指す。
また特別支援学級では現在、担任1人当たり最大8人の児童を受け持っているが、6人以上の学級に教諭を追加配置する施策も示した。
1人当たりの担当児童数は県内で最小になる見込み。
他に通常学級の最大35人化、学校と家庭、放課後等デイサービスなどの福祉施設が連携した支援体制の充実も提案された。
いずれの施策も22年度をめどに試験的な実施を踏まえ拡大させる。
委員からは「特別支援の知識が深い先生が在籍する学校としない学校で差が生まれないようにすべき」などの意見が出た。
継続的な実施案件については、不登校の児童、生徒の家庭に訪問する訪問教育相談員を現行の3人から6人に増員することや、普通教室へのエアコン設置について、小学校で本年度中に完了を予定、中学校についても来年度に設置を予定していることが報告された。
〔2019年10/17(木) @S[アットエス] by 静岡新聞SBS〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス