Category: 14:神奈川県

●文通番号95-03  喜怒哀楽を分かち合いたい 

ピノキオ [神奈川県横浜市 女 34歳 通院中]

 私は、うつ病、社会不安障害、全般性不安障害です。

 対人不安とひきこもりは、4年前からですが、最近、少し、外出が出来るようになりました。

 趣味は、韓国ドラマやK-POP全般です。

 外出が出来た頃は、散策が大好きでした。

 文通相手に希望する事は、男女問わず、年齢不問。

 色々な話(手紙などで)をしたいです。

 喜怒哀楽を共に分かち合いましょう。

☆ ☆ ☆

●文通番号92-01 学生時代から各種サークルに参加

[ライオン丸 神奈川県川崎市 男 38歳 郵便局アルバイト]

◇職業・所属・状態・・・郵便局アルバイト。

◇趣味・特技・ファン・・・美術鑑賞、読書(民俗学、政治学)、写真撮影(石仏)。

◇文通したい相手・・・誰でもOK。

 法政大学在学中に、法大二部・部落解放研究会、教育研究サークルVALUE、教育学科教授白井愼先生の自主ゼミに参加。

 成城大学大学院在学中に、人間と性教育研究協議会かながわサークルに参加。

 人間と性教育研究協議会関東学生青年サークルでは、幹事を経験。

 千葉大学にて開催された関東教育系学生ゼミナール大会では、中央議事運営委員および「地域の教育」に関する分科会を担当。

 東京都国分寺市光町の鉄道総合技術研究所で、10月に開催されている「平兵衛まつり」というイベントにも関心がある。光町はもとは「平兵衛新田」といったが研究所で新幹線ひかり号の研究がおこなわれていたために光町となった。

 イベントの当日には研究所の開催の他、模擬店も多くでて、ミニコンサートも開催。ミニSLも走る。

 当日は、門前で地元の商店街によるお祭りも同時開催。

 光町には、ひかりプラザという多目的施設、光図書館、稲荷神社などの史跡があります。

 稲荷神社には不動明王の石像があり、盆踊りや消防出初式も開催されます。

 光町のとなりの国分寺市西町には、観音寺、弁天八幡宮、神明神社などの史跡があります。

 観音寺には宝寿観音の石像、弁天八幡宮には康申塔の石像、神明神社には弁財天の石像および康申塔の石像があります。

☆ ☆ ☆

●文通番号64-04  地蔵や道祖神に関心

ライオン丸 [神奈川県川崎市 男 35歳 フリーター]

◇状態・・・週3回、葬儀会社のチラシのポスティングのアルバイト。

◇趣味・特技・ファン・・・写真撮影、美術鑑賞、読書。

◇文通したい相手・・・誰でもOK。

 現在、週3回、葬儀会社の生前予約のチラシを各家庭のポストに入れて歩くポスティングのアルバイトとし、週2回デイケアに通っています。

 学生時代、民俗学を専攻して経験により、民族学と政治学に関心があり、それらに関する読書をしたり、博物館や美術館にいったりして、勉強を続けています。

 特に地蔵や道祖神などの石仏に深く関心があります。また女性差別や女性史、女性問題にも関心があります。

 『ひきコミ』には「身近にある史跡と名所」を連載しています。

☆ ☆ ☆

●文通番号61-01  10月から地域の作業所へ

癒し系 [神奈川県横浜市保土ヶ谷区 男 49歳 外来通院中]

◇状態・・・今年の10月から完成予定の地域作業所へ。

◇趣味・特技・ファン・・・読書、ブログ投稿。

◇文通したい相手・・・異性の方で年齢は問いません。

 29歳の時、統合失調症を発病しました。退院も何回もして仕事に就きましたが、服薬の影響で、朝起きられず、遅刻の連続。上司から仕事の職務内容を教わってもミスの連続。

 同僚のテンポのよい話し方について行けず、1人で職員食堂の隅っこで食事する始末。

 そんな時、保健所のケースワーカーより、新築中の作業所の団体見学会が10月にあり、週2回から始めようと思っています。

 作業所に行ってる方、行こうと思っている方、文通、メール問いません。よろしく。

☆ ☆ ☆

●文通番号51-03  玉川大学コスモス祭に行く

ライオン丸 [神奈川県川崎市麻生区 男 34歳 パート]

◇状態・・・パート。

◇趣味・特技・ファン・・・写真撮影、美術鑑賞。

◇文通したい相手・・・誰でもOK。

 11月3日、玉川大学コスモス祭にいきました。

 玉川学園の創立者小原國芳の生涯を描いた南日本新聞社編1997「教育とわが生涯 小原國芳」玉川大学出版部という著作を読んで、玉川学園には関心をもっていました。

 コスモス祭には、各学部ごとにゼミナールの研究発表が中心でした。

 屋台もたくさんでていました。

 クラブ、サークルの発表もありました。

 特に美術部の展示とリベラルアーツ学部八木橋ゼミナールの民俗学の調査報告が印象にのこりました。

 私は、以前、玉川学園中等部の社会科の非常勤講師の採用試験を受験したことがあります。

☆ ☆ ☆

●11号-文通希望せず  TVゲームと子ども

梶原圭介 [神奈川県相模原市 男 27歳]

 私もファミコン世代の真只中を生き、その影響も人並みに受けてきました。私にとってのTVゲームとは何かを考えてみました。

 TVゲームに心の慰めを見出すことは、大人と言われる人々が喫煙したり、飲酒したり、ドライブに行ったり、ギャンブルに埋没したりすることとほぼ同じ心理作用をもたらすものだと思います。即ち神経を緩和させ、非日常の世界に埋没することによって日常生活の中の辛い現実を、束の間、忘れさせてくれます。頭の中を空っぽにできる時間を提供してくれる精神的ストレスのガス抜き装置のような効用もあります。

 その反面、全ての嗜癖がそうであるように依存症と心身への悪影響が生じる場合もあります(特に視力の低下が眼に与える悪影響は未知数だと思います。)心に寂しさを抱えた人が麻薬に走る心理と本質的には似ていると思います。

 ただその程度が違うというだけであって、動機は好奇心から始まり、夢中にさせてくれて、その代償として精神的充足感が得られる。その代わりに思考する時間、孤独に向き合い自己を深める(読書など)内面作業をしなくてはいけない時に容易にそれらからの逃げ道となります。特にひきこもりや不登校の人たちによっては、現実を直視することが余りに辛いときの心のオアシスとなってくれる場合もあると思います。

 ただTVゲームのなかの世界とは、あくまで疑似体験であって、その中で得られる自分の欲望を満たす行為は、現実のなかで得られなかった欲求の代替でしかありません。本心からの満足は得られないと思います。

 仲間をつくる、恋愛を楽しむ、性欲を満たすなど、自分が現実の世界で達成することが困難な欲求の代替えを提供してくれます。擬似的にコンピュータのなかで自分の寂しさを埋めようとする場合もあると思います。何といってもその世界の中では何でも自分の思い通りになり、自己の万能感を満足させてくれるのですから(それが子どものエゴを増長させてしまうことにもつながると思います)。

 しかし私はやはりTVゲームが子どもたちから外で遊ぶ時間を奪い、孤独を奪い、現実の体験を少なくさせていることに、危機感を覚えます。そして大人たちの余りの無責任さに憤りを覚えます。

 子どもの好奇心を刺激し、子どもをターゲットにしたマーケティングを展開し、その責任については全く負おうとしない業界は余りに無反省過ぎます。みんなが楽しんで喜んでいるのだからイイじゃないかという理屈は、子どもに身体に害毒のある添加物を加えた甘いお菓子を与え続けていることと一緒です。

 TVゲームは、ほどほどにやる分には、リラックスをもたらし、仲間とのコミュニケーションを図れる手段にもなるし、現実からしばしの開放感を与えてくれます。

 しかしまだ自分をコントロールすることの難しい時期に子どもに安易に買い与えてしまうのはどうかと思います。

 ちなみにTVゲーム歴11年の私にもし子どもができたら、私は子どもが成人するまではTVゲームは買い与えません。たぶん、一緒に山に行ったりすると思います。

☆ ☆ ☆

WordPress Themes