Category: 37:香川県

文通番号171115-読者の若い女性の方へ

香川県 I.M
私は42歳の既婚の女性です。仕事もどうにかしていますが、片親で一人っ子、運動が苦手で絵が好きな子でした。小、中といじめにあい、20歳の大学のときにショックなことがあり統合失調症で入院しました。
学校は退学し、母とゴタゴタして28歳までひきこもり。母がまた検査入院といいだして28で検査入院。そのまま病気でもないのに薬づけにされ78キロまで太りました。
薬で好きなイラストも描けなくなり、このままでは私の人生がなくなると思い、やっとの思いで大学に編入して医者とは手を切りました。
編入した大学を卒業したのが30歳。その時初めてバイトして6か月、その次は派遣で6か月働きました。3か月の仕事や1か月の仕事もしました。
つらい人生前半でしたが、35のとき結婚できて、人として息をつけました。
42歳になった今、みなさんに参考になればと思うことが4つ+あります。

(1) 医者と手を切ってください
「医者と手を切って」というのは、いちばん難しい問題で、個人差も大きいのですが、やはりひきこもりは病ではありません。親は心配から病院に連れていきたがります。できればそういったことではなく、やさしく家で興味ある仕事分野の話をしながら、一緒にバイト探しをしてほしいです。
医者は何かと検査入院と称して入院させようとします。医者はお金儲けなのだと気づいたときは、バイトさえ受かりにくい年になっていることだってありえます。
私は仮入院と称して半年間入院し、76キロまで体重が増え、薬づけにされ、イラストも描けなくなりました。K市S病院はとても非人道的なものでした。一生医者とかかわっている人もいます。なかにはよい医者もいますが、よい医者かどうかは見極めてください。

(2) 異性と出会ってください
私が医者と手を切れて心の安定を得られたのは、良い異性に出会えたおかげです。つらい気持ちをかかえて出会う人も悪人ばかりの20代。でもたった1人、今の旦那さんと出会えて良かったと思っています。
10人悪人としか出会えなかったとしても1人自分ときちんと話してくれる人と出会えるだけで、人は変わります。好きなアニメの話で、話が合いました。
母よりその人のほうが優しいということに驚きました。ある意味その人が私を育てなおしてくれたようなものです。
女性は幸いなことにひきこもっていても家事手伝いで婚活できます。バイトをしていても正社員でも、男性から見たら大差ないのです。
若い時間はよい異性に合うための時間です。ひきこもりながら、たまにバイトして、異性との出会いをつかんでほしいと思います。(しかし、最近ではぶっそうな事件があります。出会い方には用心してください)

(3) 親に期待しない
親については、みなさんそれぞれが思いをもたれていると思います。私も親の心ない言葉に死のうと思もったことが百回くらいあります。もう親の言葉にふりまわされて傷つくのはやめて、受け流すのが大切だと最近人に教えられました。年下の女性です。自分は自分、親は親と思って過度にふりまわされないで、まず自分がどうしたいかだと思います。
そして親に期待するのもやめましょう。どうせ何もしてくれないのだし、最初から期待しないほうがいいです。自分がどうしたいか決めて、自分で動くのがいいと思います。
1回、ひきこもり親の会というのに行ったことがあります。親たちの様子としては、「何でうちの子が…フツーに育てたのに…身に覚えがない」というような考えの親御さんも多くいました。自分の子がひきこもったのは自分のせい(かもしれない)という自覚はありません。なぜかわからず戸惑っている感じです。
そしてこのタイプの親御さんが、とりあえず医者に見せようと考え入院させたという感じでした。親は案外、自分が悪かったとわかってないというのが、私の実感です。
なので、子育てが不得意な親のところに生まれてしまったとあきらめ、自分は自分として生きていくほうが幸せになれると思っています。

*母との親子関係について―あゆみ書店から『少女まんがに描かれた母親像』のタイトルで300円の冊子が出ています。親との関係は一生続きます。今後は、母親の老いという問題も出てきます。何年か後に母の世話をするようになる時もくるかもしれません。

4) 仕事は続かなくてOKというスタンスで良い
仕事やバイトにしてもそれぞれ個人によって違います。これは私の独断と偏見の話ではありますが、バイトを休み休みしながら、婚活できる人はするのも良いと思います。
私は初めてバイトしたのが30歳で6か月、その後の派遣でも6か月くらいで仕事を変えています。1か月しか続かないことも時にありました。今は派遣が多いですが派遣の方が入りやすくてやめやすいという感じがあります。
転々としても、1か月しか続かなくてもかまわないというスタンスで、世の中少し見てこようという気で入ったらいいと思います。ひきこもりがあると案外、派遣のほうがいいと思ったりしました。私には対人恐怖があり、他の人と一緒の食事が苦手です。1年以上同じ仕事ができる人はえらいと思います。だからと言って遠慮することはありません。

(5) そして新しい夢を持って
最期にみなさんに申し上げたいことがあります。それは新しい夢を持ってください、ということです。私の場合はイラストや便箋をつくったり、英検を受けたり、ひきこもりながらやってました。英語の勉強や資格はほとんど役に立ちませんでした。
絵画の方は地元で絵画サークルをつくって、年上の仲間ができたりしています。勉強や資格よりも趣味を伸ばして、同じ趣味の人を見つけるのも良いと思います。また、自分の店を持ちたいとか、お金持ちになりたいとか、彼氏がほしいとか、普通の人が思うような夢でいいのです。夢があれば、それに向かって行動すればよいのです。
何かの本で、地球は行動の星だと聞いたことがあります。良い気持ちで行動すれば、その人に良いことが起きるそうです。家にいたのではせっかくのよい気持ちも行動で表現することはできません。みなさんのなかにもすばらしい夢があると思います。それを見つけて、かなうように行動してください。それはきっと楽しいことであると思います。

長い文章を読んでくださり、ありがとうございます。今まで辛い思いをした分、これからはみなさんに良いことがありますように。私の経験が何か1つでも役に立てたらうれしいです。   香川県 I.M

●文通番号97-03  親の会に思う事 

パンドラノハコ [香川県 女 36歳 自営見習い]

◇趣味・特技・ファン・・・イラスト、読書。

 ひきコミを読んでいるみなさん、こんにちは。

 私は、36歳で、自営業の見習いをしています。趣味は、読書とイラスト描き、コンテスト応募です。

 家族は、母と祖母の3人くらしです。

 勉強は好きだったものの、小・中・といじめられ、大学はショックな事があって入院、それを理由に母によって中退させられました。

 それで、親への不信と自分の中に何もないのとで、5年間ひきこもり、学問があきらめられずに、大学編入、卒業しました。

 5年ひきこもった間に、精神科にかり入院させられ、その時のんだ薬のせいで、体重もふえ、70キロ代になり、すきなイラストもヘタになり、とても辛かったです。

 自分の人生をとりもどす思いで、次の大学に編入しました。

 世の中にはじめて出たのは、30才のとき、仕事を3回かわりましたが、すべて派遣とアルバイトでした。

 人が苦手で6ヵ月で次の仕事にうつってしまい、たまたま家が自営業でしたのでどうにかやっています。

 11月と1月に、市内であったひきこもりの親の会というのに出てきました。

 11月の会では精神科の医者が講師でしたので、大きな声で発言できなかったのですが、かるい気持ちで精神科にいくのはさけたほうが良いと思っています。

 「“精神医療に葬られた人びと”潜入ルポ社会入院」という本も光文社新書から出ています。

 精神科の中には、かり入院と称して半年~数年、自分の利益のために、ひきこもっている人を病院にまねき入れようとする所もあるようです(すべてではありません。良い先生もいるのですが)。

 私の出会った医者が良くなかったのか、一生入院と薬といわれたのには大きなショックでした。でも一生なんてことはありませんでした。

 イラストも描けなくなり、体重も増えてしまい、これでは人生がなくなると思いやっとの思いでそこを出ました。

 あるいみ、親の手におえずに入院させられた、という感があります。

 その必要がない方は、ひきこもってはいても、好んで病院にはいかないで下さい。

 ひきこもり自体は、病気ではないです。精神科の門は入り口は広く、出口はせまいのです。

 次の会は1月にありました。母親が3人、父親が1人きていましたが、みんな息子についての相談でした。

 私は娘なので、母と自立のバトルをしてきたようなものです。

 母と息子でひきこもっている人は、親のかわいがりすぎで、母親も息子を外に出したくなくて、息子もそれがわかっている所があって出れないように見えました。

 ある意味うらやましいほど仲が良さそうなのですが、母親の機能というのは、妊娠、出産ふくめて子を外に出すことだと思いました。 

 すぐに家に帰ってきて良いから、できるはんいで外に出てにようかとすることが大事だとおもいます。ボランティアなどができる方は、やってみてください。

 今は、ひきこもってソンしたなあと思ってます。

 ひきこもっているタイプの人は、知識欲や向上心はある人が多いです。

 でも、その知識を生かせる所はほんとに少ないし、知識をためこんでも実際やくだつことはあまりないです。

 30まで、私は世の中の仕組み、働き方にもいろいろあるという事、年金の事などを知らずにいました。

 友人からおしえてもらうこともなく、世の中の知識はしらないままでいました。

 今も充分とはいえませんが、もっとはやく知っとけばよかったな・・・と思います。日常や生活に生かす知性もあるのだと、今はおもいます。

 ちょっとしたボランティアをやってみて、こんな自分もアリだなと思ったこともあります。

 自分の力を信じて下さい。バイトも、長くつづかなくても、一週間で帰ってきてもいいと思います。

 最近、「元ひきこもりの~」というカタガキ(?)をよくみかけます。「元ひきこもりのコンサルタント」とか・・・。

 元ひきこもりの何者か・・・になれたらな、と思います。

 お友達、募集します。メールでやりとりできる方。よろしくお願いします。

 親御さんの相談も無料でします。

☆ ☆ ☆

●文通番号92-03 外もすてたものでなし

[パンドラノハコ 香川県 女 35歳 自営見習]

 みなさん、こんにちは。

 こちらはひきこもりの自営業見習いです。バイト、派遣の経験あります。

 ボランティアをはじめた事がきっかけで、今では月一でサークルにかようようなりましたが、またかなりひきこもり気質などがのこっていて、人ごみ、電車、人との食事、長時間の対応が苦手であったり、できなかったりします。

 普通の人とは気おくれする時があります。

 親との関係は問題もありましたが、それはおちつきました。

 ひきこもり気質をなおしたい、軽くしたいと思いながら今までいましたが、方法をしりません。

 そういう話をしたいです。

 サークルやボランティアはおすすめします。

 いろんな人と話するチャンスがあり、自分も自由に出入り可能だからです。

 興味もつきっかけがたくさんあります。

 “外”もすてたものでもないし、自分もすてたものではないと思います。

 メル友さん、文友さんを募集します。

☆ ☆ ☆

●文通番号80-01  自営業という可能性・・・

パンドラノハコ  [香川県 女 34歳 自営業]

◇職業・所属・状態・・・自営業。

◇趣味・特技・ファン・・・イラスト、読書、投稿。

◇文通したい相手・・・県内、近県切実、中・四国、関西圏の方、イラストかく方。

(1)

 私の家は、昔から菓子製造をしています。

 私個人は、5年前、大学編入、3年前からアルバイトを数種経験しました。

 外で働くたのしさ、人とかかわる事、人のやさしさ、きびしさ、その時はじめて知りました。

 そして、今は家業をしています。

 自営業って、不思議なものですね。組織の中ではうまく働けなかった私にとっては、自営はのこされた最後の手段、これでやってくしかないという思いあります。

 逆にいえば、会社勤めが不むきでも、自営でできる仕事はある、と思っています。

 私が今思っているほどは甘くないかも知れませんが、仕事したいという想いは強いのです。

 一番興味あるのは、ビジネスチャンス探しです。

 家業で菓子製造の他に、家でできる仕事の可能性を考えています。

 自営業といってもいろいろあると思います。

 同じような事に興味がある方、ヒントを出し合ったりして、交流してみませんか?

(2)

 よくTVなどで、明るい家庭のイメージが流れていますが、とても疑問に感じていました。

 むしろ、家庭には不自由が多いという所からはじめて、何かを見つけられた気がします。

 私も、人よりつらい思いをしすぎたと思います。

 でも、虚しい気持ちはもういやです。

 自分にできることをさがしています。

 ひきこもりつつも、自分では気付かなかった希望があることに気付きました。

 いっしょに、メールしながら向上してゆきたい人をさがしています。

 美術オタク、小説おたくなど、オタ系の方、welcomeです。

☆ ☆ ☆

WordPress Themes