Category: 都道府県

●文通番号97-02  ある日突然、形見に

スピカ [埼玉県上尾市 女]

 正夢を見る私の気がかりは、葬式の翌日に見た夢

 棺の前に列を作る友人達に「死にたくない! 別れたくない!」と号泣していたあいつ

 “死に迎い、本人の意志はどこにあったのか? 死の真相は、何か?”

 ゴミだと思ってた物が、ある日突然、形見になる切なさ

 闘いは、始まったばかり
 真実と支えが欲しい

 苦しみは力になる
 悩みは知恵になる
 悲しみは優しさになる
 一番苦しんだ人が一番幸せになる――

 二人分だった苦労を、一人で背負う

☆ ☆ ☆

●文通番号97-01  100%返事をします

けやき [埼玉県草加市 男 41歳 フリーター] 

 こんにちは。出来るだけ音信不通にならない方と、文通希望します。相手の方は、どなたでもお願いします。

 下手ですが、イラストも描きます。その他、趣味多数。但し、ゲームやスポーツは苦手です。

 人間関係は苦手な反面、淋しがりなので、出来るだけ沢山の方と交流したいです。

 双方の合意があれば、メールやお会いする機会を、もうけても良いと考えています。もちろん、無理強いは一切しません。文通、又はメールオンリーでも全然OKです。

 時には、楽しく、時には真面目に色々語り合えたら幸いです。

 詳しいプロフィールはプライバシーの関係上、お手紙を頂いた方にのみ、お伝えします。100%お返事を致します。

 そのあとで、交流するか決めて頂いても全くかまいません。まずは、気軽にお手紙下さい。そこから始めましょう。

 又、以前交流していた方で、今、交流がとだえてしまっている方、いらっしゃると思います。もし、復活希望の方、おられましたら、又、始めてみませんか?無理にとは申しませんが、良ければご一考下さい。

 それでは、宜しくお願いします。お待ちしてます。

                                                                                                     けやき。

☆ ☆ ☆

●文通番号95-03  喜怒哀楽を分かち合いたい 

ピノキオ [神奈川県横浜市 女 34歳 通院中]

 私は、うつ病、社会不安障害、全般性不安障害です。

 対人不安とひきこもりは、4年前からですが、最近、少し、外出が出来るようになりました。

 趣味は、韓国ドラマやK-POP全般です。

 外出が出来た頃は、散策が大好きでした。

 文通相手に希望する事は、男女問わず、年齢不問。

 色々な話(手紙などで)をしたいです。

 喜怒哀楽を共に分かち合いましょう。

☆ ☆ ☆

●文通番号95-02  『夢を見た』

スピカ [埼玉県上尾市 女 39歳 ひきこもり]

◇職業・所属・状態・・・ひきこもり、うつ。

◇文通したい相手・・・グリーフケアに繋がる人、必要な時にいてくれる人、自分よがりでない人。

 川を渡りたいのに、なかなか渡れる所がない

 やっと見付けた橋は花が敷き詰められていて、その向こうは、野原になっていた

 渡りかけたその橋は、川に沈み、あと1歩の所で渡れない

 橋の向こうに、あいつがいた

 価値のある人達が、次々死んでゆく

 死にたい気持ち、死ななければいけないという想いは強まるのに、相変わらず、生き恥をさらしている

 準備はつづけよう

 「死ぬ気になったから、できてる事がある」

 心の拠がなければ、勇気は出ない

☆ ☆ ☆

●文通番号95-01  ある団体の話

さいおぶしぇる   

 知人と引きこもり支援に関する話をしていると、さまざまな団体があることを教えられ、ときにはその活動ぶりに深く考えさせられることがあります。たとえば以前存在したある団体などは、活動の内容やおかれた状況こそ一見、不登校情報センターに似ているようですが、その実態は劣悪で、活動も失敗したそうです。

 スタッフはやはり引きこもり経験者(といっても実はその団体を居場所にしている現役ひきこもり当事者がほとんど)だったそうですが、「引きこもりイコール悪」というプレッシャーに負けて外に出てきた人や、自分よりみじめな人に手を差し伸べることで自分をなぐさめたい人ばかりだったようで、切実に支援を必要とするような当事者の要望に応じられる状況とは到底言えなかったそうです。

 またそこの理事長が、そのような場の人間関係に発生しがちな「力学」を見抜く目をもっていなかったばかりか、本人も利用者に対してウソはつく、約束は破る、謝りもしないというありさまだったそうで、とてもこのような団体の代表たる素質に恵まれているとは思えない人のようでした。

 理事長が立場のけじめに無頓着な人だったためか、発行するミニコミ誌も「ひきコミ」とは異なり、読者、作者、編集者といった区別もない、いかにも仲間うちの回し読みにふさわしいレベルのものだったそうです。

 一つの部屋に集まれる程度の人数でならこのような形の活動も成立したかもしれませんが、無謀にもこの団体はスタイルを変えずに活動を全国規模に広げようとしました。

 支援する側とされる側、あるいは雑誌を支える三者の間に当然わきまえられるべきけじめもないまま、いったんは参加者が増加したために、活動は混乱をきたし、やがて機能不全の悪循環に陥ってゆきました。さらには作品発表の裁量や個人情報の把握といった点で、遠隔地の当事者と団体の事務所を居場所とする当事者の間に不公平が生じるという問題も浮き彫りになりました。

 見かねた知人は、「ボランティア人材紹介機関を利用して支援活動や雑誌編集の即戦力となるスタッフを急遽雇うべきだ」と提言しましたが、理事長は「能力が備わるまで気長に待つ」という理念をタテに、言下にこれを却下。

 結局、スタッフどころか理事会までが、引きこもり当事者をかき集めて名義を借りた有名無実のものだったため、この理事長の非現実的な方針を批判する人も現れず、この団体はいわば「理事長の私物」のまま衰退の一途をたどり、ついには消息不明になったということです。

 思うに、この団体が最初からそのスタイルに合った規模での活動を貫いていれば、問題は起きなかったのでしょうが、一時にせよ、自らの才能を顧みずに多くの引きこもり当事者の期待を集め込み、結果としてそれを裏切る羽目になってしまったことは、やはり避けるべき悲劇だったといえるでしょう。

 このような団体を運営することの難しさをつくづく感じるとともに、顧みて不登校情報センターにはそのような困難の中、ぜひ正しい針路を目指して活動を維持して頂きたいと祈らずにいられない話です。

 ご参考になれば、と思い出したことを書かせて頂きました。

☆ ☆ ☆

●94号‐文通希望せず  就職活動もストレス

S [北海道 女 20代] 

 うつ病を6年間患っていて、今現在、作業所に通所して2年目に入ります。

 最近、就職活動にはげんでいるのですが、健常者同様上手くいきません。

 私の場合、就職活動もふくめて、全部がストレスになり、8月の始めに体調をくずし、薬が追加されてしまいました。

 体調がいい時がつづいても、私の場合、がむしゃらに何でもがんばると、すぐ、ポキッとおれてしまいます。

 医者からは、重労働の仕事は止められてます。

 私は、将来がますます不安になっていました。

 でも、親と相談したところ、今も、貯金(少ないですが)しているので、たまったら生活保護をうけながら、作業所で働いて一人暮らしをして自立をするのが夢です。

 今、働いている作業所も就労訓練所なので、期限が決まっています。

 なので、いずれは、別の作業所にうつってがんばっていきたいです。

☆ ☆ ☆

●文通番号93-01  自分と同じように心の問題で苦しんでいる方へ

noir72 [栃木県佐野市 女 26歳 無職・家事手伝い]

 現在、カウンセリングと心療内科に通っています。

 私は、統合失調症のような症状があります(声がする、妄想など)。

 今、状態は以前に比べて落ちついていますが、人に対する恐怖心が強く、人と接することができない状態でいます(接しているのは、家族とカウンセリング、心療内科の先生のみ)。

 なので、孤独感が強く、ぜひ文通を通して人と交流したいと思いました。

 希望としては、

●自分と同じように、心の問題で苦しんでいる方(うつ病やパニック、統合失調症や心療内科などに通っている方)。

●男女問わず。

●年齢問わず(できれば、自分と年齢の近い方)。

●ここへの投稿も、勇気をもって書いています(人への恐怖心が強いため)。なので、真剣に受け止めてくれる方、限定。

 でお願いします。

 悩みやつらいこと、苦しいことなど、いろんな話(趣味のことなども含めて)をすることによって、お互いを支え合えるような関係を築けたらなと思っています。

 よろしくお願いします。

☆ ☆ ☆

●文通番号92-03 外もすてたものでなし

[パンドラノハコ 香川県 女 35歳 自営見習]

 みなさん、こんにちは。

 こちらはひきこもりの自営業見習いです。バイト、派遣の経験あります。

 ボランティアをはじめた事がきっかけで、今では月一でサークルにかようようなりましたが、またかなりひきこもり気質などがのこっていて、人ごみ、電車、人との食事、長時間の対応が苦手であったり、できなかったりします。

 普通の人とは気おくれする時があります。

 親との関係は問題もありましたが、それはおちつきました。

 ひきこもり気質をなおしたい、軽くしたいと思いながら今までいましたが、方法をしりません。

 そういう話をしたいです。

 サークルやボランティアはおすすめします。

 いろんな人と話するチャンスがあり、自分も自由に出入り可能だからです。

 興味もつきっかけがたくさんあります。

 “外”もすてたものでもないし、自分もすてたものではないと思います。

 メル友さん、文友さんを募集します。

☆ ☆ ☆

WordPress Themes