●投稿番号-011015 学校時代のいじめ体験手記を書いた私です

はじめまして
文通してくださる方大募集します。
まずは、私自身を紹介します。

名前:ありす
住所:埼玉県川口市
性別:女
職業:主婦

生い立ち:
1976年千葉県生まれ。仮死状態で生まれる。
1980年、これといった幼稚園には通えず、アチラこちらの保育園に預けられる。
1981年から1988年、公立小学校に入学。しかし、勉強もスポーツも付いていけず、虐めにあう。
1987年から1995年、偏差値を10上げて公立高校に通う。
1996年、学校で決めた就職先を2週間で退職。
1998年、フリーターをやりながら、学校の虐めについて『いじめとの九年戦争』(桐書房)を出版。
1999年から2003年、姉の紹介で、デパ地下の販売を勧められ、メーカーをさ迷う。
同時期に生まれながらのテンカンに近い発作が起きる(倒れる)。
2004年から2006年、合わないとわかっていながら高級菓子店の社員になり、後に店長になる。
しかし、左遷され、涙が異様に出て、2006年8月に鬱と診断、そして離職。

いまは薬で抑えられ、倒れるのを抑える薬で安定しています。
社会復帰のために、いろいろな施設で活動中。
4年前に結婚に至りました。
薬が強くて、パソコンでの手紙になりますが,多少は自筆も書けます。
このような私ですが、よろしくお願いいたします。

●投稿番号-121814 趣味は音楽や文通です

初めまして。
私は兵庫県に住んでいるひろといいます。
文通かメールをはじめたくて投稿させてもらいました。
病気は統合失調症で家事手伝いしながら通院してます。いまだに疲れた時とかには幻聴があります。
長い間ずっとひきこもっていましたが、薬を変えてもらったらからだがだいぶましになりました。
それで外に出られるようになりました。
病院には月に1度通っています。
好きなことは、手紙を書くこと、音楽を聴くこと、読書、YouTubeを見ること、パソコンすること、ドラマを見ることです。
文通の思い出には、一人の方とは長い間いまも続いていてお互い安い物ですが、プレゼント交換もしていることがあります。
よろしくお願いいたします。

返信について=文通の運営者より
初回はメールではなく、手紙でお願いします。ご住所などを確認するためです。

☆文通希望の手紙が届き、簡易版の冊子を作成

以前に取り組んでいました文通に今もときどき手紙が届きます。
先日も4年ほど前に投稿した人への手紙が届きました。
今年になってからの投稿も手元にありますし「ひきコミWEB版」にも載せています。
手紙を送ってきた人はたぶんネット上の「ひきコミWEB版」は見ていないのでしょう。
そこで最近届いた投稿原稿と文通ボランティアの希望者の体験を書いたもの5名分を簡単な4ページの冊子にまとめて、文通の手紙を届ける先の人、文通希望の手紙を書いた人の合計4名に一緒に送りました。
これにより新たな投稿文が返ってくるかもしれないし、新たな文通希望が出てくるのかもしれません。
どうなるのかはわかりませんが、とりあえず手元の活用の少ない投稿等を送り届ける機会ができました。
次の主旨の案内をつけました。

『ひきコミ』休刊後の文通希望者を少し紹介します。
このような手紙や文通ボランティアの希望はときどきあります。
うまく活用できませんでしたが、こんな形で活用を試みます。関心がありましたら投稿文をお送りください。
文通をしたいときは、『ひきコミ』のときと同じ形でお返事の手紙を書き、不登校情報センター・文通係までお送りください。
転送します。
定期的ではなくこのような不定期の形で文通コーナーを続けます。
そのつもりで自己紹介、近況報告、文通希望の内容を書いて送っていただければ、「ひきコミWEB版」に掲載するとともに、いろいろな機会に文通できそうな方に送ります。
お名前、ご住所、年齢、男女、自己紹介(好きなこと・関心のあること・近況報告その他)、ペンネームなどを書いて送ってください。
長さは便箋かレポート用紙1枚とします。
そのままコピーして冊子にまとめますから黒または濃い青色で丁寧に書いてください。
あまり短い投稿文ですと、どういう人なのかがわからないので返事をしづらいです。
ある程度は詳しく書いてください。

 
〔追記・11月12日〕
会報は「ポラリス通信」という4~8ページの薄いものになり毎月発行しています。
新しい「文通コーナー」誌は累計で11名に送ったところです。

●投稿番号-0903014 自分の物語を書いてください

文通ボランティアに参加したいと思い、「経験を生かし、傾聴の気持ちを手紙に込めたい」34歳の社会福祉士の方から連絡をいただきました。その方へのお返事です。
文通ボランティアに参加したい方の参考になると思います。

文通ボランティアに参加の問い合わせありがとうございます。
文通を始める相手方は、あなたがどのような方であるのかを気にする方がほとんど全部といっていいと思います。
自己紹介のつもりで、文通ボランティアをなぜ希望されるのか、これまでハンディをもつ人とどのようなかかわりがあったのかの実話などを比較的詳しく(400字の原稿に換算すると4、5枚ぐらい)書いていただけると、それを掲載いたします。児童養護施設、児童館、学童クラブ等での物語がいいと思いますが…。
あなたとの文通を考えようとする人はそれに心を動かされたときにあなたに手紙を書こうとするものと思います。
ほかに必要なことは、あなたのご住所(手紙の送付先)=これは公表いたしません。

●文通番号-0817114 運動音痴でいじめられたが元気づける手助けをしたい

「自分も昔、学校で嫌な思いをしたのでそういう方のために少しでもお役に立ちたくて」と連絡を取ってきた方がいます。
20代の静岡県在住の技術系の会社員です。こう自己紹介しています。

「私は、学生時代、口がどもる事を何回もばかにされて性格が暗くなり、口がどもり後、運動音痴で対人関係がうまくいかなくなり幼稚園、小学校時代の友人から見放されました。
中学校1年の時は、落ち込んでひきこもっていましたが、2年ごろから部活でテニスをやりました。運動音痴で上達しなくみんなからバカにされました。高校時代も弓道をやりましたが、これも駄目でした。
一時は、自分は駄目だと思っていたこともありました。
私と同じようにいじめらて本来のいい自分を見失った人が元の魅力ある人にもどれるように、うまくは言えませんが輝けるように手助けをしたいと思います。受け入れて元気づけたりおもいっきり笑わせたりと…。」
この方に何かを聞いてみたい、頼んでみたいという方はいませんでしょうか。

○投稿番号-0813114 なぜ文通ボランテイアを続けるのかに答えます

文通ボランティアについての質問がありました。質問と答えを載せます。参考にしてください。

 

〔質問〕はじめまして。文通ボランティアについて まだ募集されていましたら詳しい内容を 教えてください。よろしくお願いします。大阪府 Kさん(8月)

 

〔お答え〕メールを受け取りました。ありがとうございます。
文通と文通ボランティアは続けていますが、あまりうまく働いていないのが正直なところです。うまくいっていないのですが続けている理由は2つあります。

 

(1)文通ボランティアを希望される方の中にはご自身が不登校や引きこもりを経験した方が多いと思われます。そういう方にご自身のこれまでの経験を体験手記のような形で書いていただくようにお願いしています。
その体験記を見て「この人に手紙を書いてみよう」と感じられる人が現れるのを待っているのです。体験者の多くは文通ボランティアを自称するだけではその方に手紙を書くだけの気持ちは起きてこないのではないか。そう考えて昨年あたりから始めた方法です。文通ボランティアを実際に動くものにしたいのです。

 

(2)もう一つも同じような理由なのです。「不登校・ひきこもり質問コーナー」をつくりました。不登校情報センターには本人や家族や時には支援者から問い合わせが入ります。
それに対して答えてきたわけですが、私一人が答えるのではなく活動分野の異なるほかの支援者や体験者の経験の基づく回答も寄せていただこうと始めたのです。これは今年の春になって始めたことです。
特に体験者の経験の基づく回答を重視したいと思います。すでに100項目ぐらいの質問を整理したのですがこれなら答えられるというものがありましたら、回答をお願いしたいのです。

 

1例を挙げますと、「〔質問001〕不登校・引きこもりに共通する強さや能力は?
不登校・引きこもりにわりと共通する特殊な強さや能力はありますか。」というものがあります。
自分ならどう答えるのかを考えてみてほしいのです。質問例はいろいろですが、関心があるようでしたら他にも送ります。

 

不登校情報センター不登校・ひきこもり質問コーナー>質問の実例 で見ることもできます。
問い合わせに答えたことにはならないかもしれませんが、これが実情です。このような文通ボランティアに参加していただければ歓迎いたします。

●文通番号-0702114 イジメにあい不登校の経験を生かしたい

(1)お名前(HN):文通ボランティア希望の「ふっきー」

 

(2)ご住所:千葉県

 

(3)年齢・男女別:29歳・女

 

(4)なぜ文通ボランティアを希望されるのか:
自身は幼稚園時代からイジメにあっており、小学校・中学校と不登校の経験が数年ずつあります。
中卒後は完全な引きこもりではありませんでしたが、ネットゲームに熱中し、心療内科通いもありました。
高校にも現役では進学できず、二十歳を過ぎてから通信制高校に入りなおし、三十路近くで大学を卒業しました。
大学では心理学を専攻、現在はカウンセラー資格の勉強をしています。
自分の経験と専攻が、同じように傷付いた境遇の誰かにとって、何らかの寄り添いになれたらと思います。

 

(5)得意なこと、自分の性格、特別な体験など:
自己開示をすることにあまり抵抗がなく、誰とでも仲良くなれる性格をしています。
コミュニケーション能力は比較的高いという評価を誰からも受けます。
カウンセラーの勉強をしていると書きましたが、しかし問題を解決するのはあくまでご本人であり、自分はそのお手伝いをするに留まる存在であると考えています。

●文通番号-0427114 手紙の友達は必要です。

千珠(ちず)[北海道札幌市、34歳(1980年1月30日生まれ)、女性]

 
◇好きなこと:絵を描くこと、曲を聴くこと、3DSゲーム、カラオケに行くこと。

◇嫌いなこと:人見知りするので、初めて行く場所は嫌いかも。でも、その日に限って気分がいいと行く気にはなるかも。

◇好きな食べ物:すきやき、お好み焼き、たこ焼き、そばやき(おそばを焼く)、やきうどん、シチュー、ヨーグルト、三方六、ドリア、コーンフレークなど。

◇嫌いな食べ物:カリフラワー、すじこ、いくら、サバ(モサモサする)。

◇身長:170cmくらい

◇体重:71kgくらい

 

初めまして。北海道に転居しました、父と母と私で。

ちょっと何だかサビしいです。週に2~3回は寝こけてしまうぐらい暇です。

病気もだんだん治りかけて来て、今までの「熱性てんかん」がうそみたい。

あともう少し!

それと糖尿病が見つかり、四苦八苦しています。

腕がなくなったり足がなくなったりするのもイヤなので、当初92kgくらいだったけれど、1年半(?)で、71.0kgになりました。

約20㎏も減りました。

今では糖尿病の可能性も少なくなり、凄く嬉しい限りです。

でも、やはり週2~3回は寝こけてしまうので、手紙の友達は必要かな?

道内の友達は未だにいないので、手紙のありとりならできますよ。

もし良ければ、よろしくお願いします。

 

☆ ☆ ☆

WordPress Themes