社会的弱者の援助制度を掲載

社会的弱者の援助制度(試案)をエッセイページに掲載しました。
これは『ひきこもり国語辞典』の作成過程で必要になると思い、関係者に働きかける提案としてまとめたものです。ひきこもりへの公的・民間の支援が難しいと思う中で、発想の転換をアピールするねらいです。提案としては未完成ですが発想は生かせないでしょうか。
援助とは当事者の負担になるものではなく、直接の利益になるものにしなくてはなりません。そうでなければ、わざわざ相談に行っても(条件のいい一部の人を除いて)何の役にも立たない経験をするばかり、という事態は変わらないでしょう。
この提案は頻繁に更新する予定であり、掲載したものは第2版にあたります。
http://urx.blue/UrGz

大人のひきこもり相談会は1月12日(日)

正月休みに会報も発行しました。 1月の大人のひきこもり相談会は1月12日(日)13:00~15:00 会場は江戸川区平井コミュニティ会館(地図は12月号に)。参加費は500円、当事者は無料。事前連絡をいただけるとありがたいです。

『ひきこもり国語辞典』を「ひきこもり理解のテキスト」にできると考え、26語を紹介しました。いくつか紹介します。本の発行は4月以降です(550語掲載予定)。

家庭内ミニ事件3語から。 ◎ 親の逃げ出し:不安感でイラついていたとき母から説教され、家の中で切れました。手を出すつもりはなかったのですが怒りが表れていたのでしょう。親は危険を感じたみたいで、その日のうちに家を出ていきました。前にもあったのでそのうち帰ると思ったのですが、どこかに部屋を借りたみたいです。そのあと自分の預金通帳にお金が振り込まれるようになり、実質一人生活です。通販を利用して買い物をしています。ときどき親からの差し入れも届きます。親は離れて様子を見ているようです。

からだの反応4語から。◎ 敏感:「敏感!」と怒られたことがあります。自宅の横がごみの回収置き場になっています。そこに近くの方が毎回ごみを置くのですが、処理の悪い方がいて袋からこぼれ出ているのです。何度か重なったのであるとき、ちゃんとするように頼んだら「敏感!」と怒られました。確かに臭いに敏感なのですが、それで怒られるとは思いませんでした。

就職や仕事に関する6語から。 ◎ 面接:仕事に就くとか、バイトに就くときの高い壁が面接です。仕事はできそうなものを選んでいるのですが、面接の壁はかなり高いです。「これまで何をしていたんですか」と聞かれると答えに窮します。その予感があり面接自体に恐怖感さえ持ちます。自分のこれまでの貧しい人生が暴露される場です。それに公式の場が苦手というのもあります。面接を受けながら感じるのは落ちたら落ち込むだろう、受かったら怖いだろう。そういう予感です。

こういう見出し語も。 ◎ 元ひきこもり:ひきこもりを経験した人で、就職したり社会的に活動をする人がいます。そういう人が相変わらずひきこもりを自称するのがつらいです。私はひきこもったままです。しかし、家族や周辺の人は「ひきこもりだからといっても働ける人もいるでしょ」と言って、そういう例を持ち出してプレッシャーをかけてきます。現在ひきこもりと元ひきこもりを分けてください。 〔註〕 不登校情報センターはこの趣旨の要望を何度か受けています。ひきこもり経験者の多くは仕事に就いた後も生きづらさを持ちながら生活を続けています。これを分ける境目はなく、複雑につき要望に応えられません。ひきこもりの理解を広げ社会的なプレッシャーを少なくする対応しかわかりません。

この他に愛情希求が感じられる振る舞い2語、居場所の様子3語、異性との付き合いや結婚が4語、ひきこもりの状態3語。

会報の申し込みは年12回で1500円。郵便為替か郵便振替をお使いください。 郵便振替口座=00150-5-578534 口座名=進路就職研究会

みなさん、あけましておめでとうございます。

 たいへん遅い新年のあいさつです。 正月休み明けの1月6日に『ひきこもり国語辞典』の原稿を出版社に渡すために年を挟んで作業を続けました。 ようやく本文の全体をまとめました。 そのうちの半分をメールで送信します。 残り半分も明日もう一度読み返した後、メール送信にします。 まえがき、その他の付属文はそのあとになります。

体重は1.7Kg減って58.8Kgでした。 疲れていますが、充実しています。いい本になりそうです。 不登校情報センターに関わってくれた多くの人に深く感謝したいです。 見出し語550語(速報値)、挿絵50点、4コマ漫画31点になります。 この画料・原稿料を支払うことで、感謝の気持ちを表したいと思います。 発行は4月以降の新年度です。 本年もよろしくお願いいたします。

朝の外出

 この2、3日、朝起きたらパソコンの前で仕事をして、パンと牛乳か紅茶の朝食をとり、そのまま作業に戻る。年末休みに入り、自分には関係はないけれどもそれに合わせて、朝起きが遅くなり、外食をやめてみたのですが、いまいち調子がよくないです。 朝は一度外出するのがよさそうです。朝食をドトールか喫茶に行っていたのが、生活か体調かどちらかのリズムをつくるのによいのです。 正月期間もそうなりそうです。

『ひきこもり国語辞典』は500語以上・4コマ漫画30点

  辞典としての特色は、ひきこもり当事者との直接のかかわりによる会話や振る舞いとその説明をしています。このような会話や振る舞いとその説明が先にあって見出しを付けたものです。見出し語にそって内容を定義的に説明する国語辞典、用語辞典とは異なります。

身体的な症状、社会的な状況、心理的な気持ちが個人の状況に即して具体的に表現されます。ひきこもり全体を病気とは考えませんが、うつ症状に加え不眠症、摂食障害、アトピー性皮膚炎、過敏性大腸症候群などの症状をもつ人もいます。そういう診断名はつけていません(当事者が言うこともあります)。 このような症状、状態、気持ちが言動にどう表れるか。この辞典にはそれが表現されます。それぞれの人の状態をみる参考の1つになります。医療上の診断の参考、社会的な状態判定の参考、心理的な判断や見立ての参考になるかもしれません。それら全体を含めて一人ひとりの様子を理解していただく参考になればいいと思います。 しかしまた、ひきこもりが社会問題になる現状においては個人の問題として解消できません。その背景にある人間関係や社会のゆがみを考える素材になることも確かです。

私は監修者として、本書をまとめました。接点・関わりのあるひきこもり当事者の言動から採取しました。私の役割は相談者や支援者というよりも、居場所の設定者です。そこでのフィールドワークとしての言動の採取と理解しています。当事者のことばにある支援者やカウンセラーはほとんどの場合は監修者の私ではありません。といっても場面によっては監修者自身が、見出し語の中に姿を現わさざるを得ないこともあります。一部には監修者の訪問活動にかかわるものもあります。 最大限、ひきこもり当事者のことばにしています。会話はときとしてその場にいないと理解できないこともあるので補足をします。また一人の言動ではなく複数の人の様子を合せて表現したものもあります。そのような編集作業は入っています。 掲載している事例には、現在も進行中のもの、すでになくなっていること、一時的でときどき表れることなどが混在しています。

〔参照語〕を設定し見出し語を相互に見やすくします。参照語は同じ要因による異なる表れ方、関連を思わせる言動などを挙げました。 掲載の見出し語は500語以上、4コマ漫画は30点、挿絵多数です。 来春発行予定。

4コマ漫画の締め切りは年明けまで

  今年もあと10日あまりになりました。今日20日は家の裏側壁のペンキ塗りをしました。素人作業の初体験です。なんとかできました。

『不登校・中退からのリスタ』の本が完成し、明日あたり到着します。予定より1月遅れですが年内発行にこぎつけました。

一方、『ひきこもり国語辞典』の編集作業も最終版です。お願い中の4コマ漫画が数点届きました。 見出し語はたぶん440語以上になります。それを読み直し、ときには書き直しています。基準は当事者視点で書くことです。当事者を側から見て書いたものを当事者の視点で書き直します。もともと当事者視点のものが多いのです。それでも不十分なものがあります。 体験者自身ではありませんから、限界もあります。しかし作り話はいけません。いろいろな人の実例を記憶からよびさましていくのです。意外なほど参考になることはあります。どうしてもうまく書けないものは外す予定です。

担当編集者が年末まで他のことで忙しく、手を付けられないといいますから原稿は年明けに渡します。

そういうわけで4コマ漫画の締め切りも年明けまで到着を待ちます。 情報センターは1月8日から再開します。とはいえ正月期間に特別の予定はありません。どう暮らすかはなりゆき任せです。年末がゆったりと、けど充実しますように。

情報本『不登校・中退からのリスタ』を発行

 『リスタ』(正式には不登校・中退をスタートラインにするスクールガイド リスタ)の書名で「不登校・中退者のためのスクールガイド」を発行することができました。(東京学参発行)。

担当編集者に次の反省メールを送りました。 <今回のデータ集めを総括する作業が抜けていました。いま思いつくのは次の3点。

(1) 目標を千校・スクールとしていたのに600校・スクールにとどまった。 各スクールの実情(特に情報提供になかったスクール)がかなり顕著に表れています。 その点を具体的に示すものが手元にあるのでそれを生かし見えるようにすること。

(2) 不登校に対応するサポート校・フリースクール、学習塾にチェーン店化が進んでいる。 この点はリスタにも表れていますが、水面下の全体状況を示してもいい。

(3)ネット情報時代における情報本(情報紙)の役割⇒発売後にむしろ現れる?

すぐには書けないのですが、「リスタ」発行の特別ページをつくり、少しずつ発表しようと考えました。 車の運転を2人でするのは危険と考え、すぐに編集をお任せにしたのですが(任せたこと自体はいいと思いますが)、もう少しやりようはあった、そうすれば反省点にも早く気付いたと思います。>

『ひきこもり国語辞典』の原稿

 年末までに『ひきこもり国語辞典』の原稿をまとめます。いろいろな言動を辞書に載せる言葉にまとめるのです。それと関係するはずですがこのところ朝の目覚めのころは毎日のように、これまでのことが浮かんできます。情景を浮かべ、頭の中で文章を考えてみます。うまくはいかないのですがそういうのが次つぎに湧き出てきます。引き出しに入れておいたものが思いもしないタイミングで出てくる感じです。起きてからいざ書き出そうとすると、何だったのかがわかりません。

そこで多くの言葉を復元するのではなく、1つだけでもいいと試してみました。それからは少しずつ文章に残すことができています。見出し語はもう400語をかなり超えました。この調子はいつまで続くのか?

枕元にメモ用紙を置いてみたりもしたのですが、そうすると覚醒しすぎて情景が浮かんでこなくてダメですね。

会報『ひきこもり周辺だより』12月号を発行

 会報『ひきこもり周辺だより』12月号(第32号)を発行し、12月1日にはほぼ発送が終わりました。 今月のエッセイは「時代の変化と世代間ギャップ(断絶)」です。

12月の大人のひきこもり相談会 12月8日(日)16:00~18:00 会場は江戸川区平井コミュニティ会館(地図参照)。参加費は500円、当事者は無料。事前連絡をいただけるとありがたいです。 11月の相談会にはアンケートの基づく話を聞かせていただいた人がいます。12月もアンケートに答えていただいた方に話を聞かせていただきます(交通費1000円まで支払います)。連絡のうえお願いいたします。  

『不登校・中退者のためのスクールガイド』としてこの春から編集作業をしてきたガイド本は『不登校・中退をスタートにするスクールガイド リスタ』の書名で発行します。年内にできる予定です。B5版300ページで価格は2000円+税です。発行は東京学参。 ◎この本の発行のためにいただいた学校・スクールの情報をサイト内にも転載する作業を始めました。この本の普及・宣伝をします。普及・宣伝とあわせて掲載できなかったフリースクール等への情報提供の依頼、教育委員会・教育相談室・適応指導教室(教育支援センター)への案内とそれぞれからの情報提供依頼も始めます。 この普及・宣伝と情報提供依頼の取り組みはかなりの作業量です。

  『ひきこもり国語辞典』が出版になります。これを有効に生かしていくためにいくつかの提案を受け、また私からも提案を考えています。そのうちの2点を紹介します。

(1)ネットでの展開について申し出を受けました。不登校情報センターのサイトは大きくその中に『ひきこもり国語辞典』またはその周辺事情のページ群をつくるのは十分に可能です。サイトはウィキシステムを使っていますので日常の運用は簡単です。基盤をつくったのはよくわかった人ですが基盤の更新は遅れていて問題が出るかもしれません。 活用していただくのは歓迎ですし、サイト制作を強力にサポートしていただく面が生まれればありがたいです。技術的に低い状態をカバーし、引き揚げていただくことにつながると思います。 ネット制作関係者と別に打ち合わせが必要ですが、次の点も考えます。 私の不得手であるSNSの活用やYouTubeなど動画に結びつけることが可能であれば実現に向かいたいところです。 時事通信社のサイトにひきこもり関係の内容をつくる案があるのかもしれません。可能な形でそれに協力したいと考えました。

(2)『ひきこもり国語辞典』を発行した後、それを普及・宣伝して行くために当事者が参加できる方法も検討中です。 これを学習テキストとして、その気になる当事者を講師役の1人とする仕組みをつくりたいです。講師はたぶん(理想的には)3人組でカウンセラー・行政にかかわる担当者とともに動いていく仕組みです。 本の販売になれば売り上げ手数料を基準により支払える形にします。

会報を希望者には切手100円お送りいただければ送付いたします。 〒132-0035 東京都江戸川区平井3丁目10-4  不登校情報センター 松田武己

銭湯にある水風呂

 銭湯に行ったところいつもは誰もいない水風呂に小さな子が入って動き回っています。 隣の風呂にはお父さんがいて見ているようです。 気になって水風呂に手を入れてみたら、この時は心持ちぬるく感じました。 「すごいですね」とお父さんに声を掛けたら、笑っています。 その子に「何年生?」聞くと、「2年生!」と元気です。

からだが温まった後でもう一度水風呂に手を入れるとちょっとヒヤッとしました。 帰りに番台できくと、井戸水をそのまま使い、14、5度らしいです。 この親子はよくきて子どもは水風呂を使っているとか。 お父さんが帰りがけに「おやすみなさい」と声をかけてくれました。 こういうのを確かめたくとなるのが私の性分ですね。