自由の森学園を紹介します

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 自由の森学園を紹介します
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

「*埼玉県にある自由の森学園の学校説明会を神戸で開くという連絡を受けました。

「イベント情報」ページに紹介し、その旨を神戸におられる投稿者・同校保護者さんに連絡しました。次のお返事をいただきましたので、紹介させていただきます。――不登校情報センター・松田武己」

さっそくのご手配ありがとうございます。

ご存じかもしれませんが、この学校は、競争原理による点数序列主義の教育を廃し、一人ひとりの子どもたち若者たちが人間らしい人間として成長するための教育を受ける権利を守り、各人の意志を励まし、自由への意志をはぐくみ成長していく場として設立されました。

1985年に当時、明星学園の小中校長だった遠藤豊さんを中心として、数学教育学者遠山啓さんの教育理念に共鳴した教員、保護者と多くの教育関係者、文化人に支えられ創立されました。 

開校当時はずいぶんマスコミにも取り上げられ、話題となり、全国から入学希望者があったそうです。

その後一時期は、こういう言い方をすると語弊があるかもしれませんが、不登校児等こころの問題を抱える子どもたちの受け入れ場所的に評価されていたようで荒れた学校レッテルをはられていた時期もありました。

すべての子どもたちに人間らしい自由な教育を、という創立の理念に立ち、現在は学校としては安定してきている状態ではないかと保護者(長男が高1に在学中)としてはみております。

当方は、幸いにして小学校にて多少のいじめにあった程度で、不登校というわけでなく神戸市内の公立小学校を卒業し、縁あって自由の森学園中学校に進学しました。寮生活を送り、充実した学生生活をいまのところ送っています。

しかしながら、同級生(高校への進学者の半数以上は他中学校からであり中学からの内部進学性は、100人程度です。)とくに高校に進学された方がたには、小中学生の時から問題を抱えておられるかたが非常に多いのが現状のようです。

昨今の非人間的な、競争原理による教育の在り方に疑問を感じておられ、悩んでいらっしゃる保護者、子どもたちが首都圏のみならず関西にも大勢いらっしゃると思います。自由の森学園のように真摯に教員、保護者ともに教育を考え孤軍奮闘している学校があるということを少しでも多くのかたに知っていただきたく、今回のご案内をいたしました。

〔12月10日追記〕関西で自由の森学園高校のような学校がないかという連絡がありました。一応、次のように返事をいたします。

「わかる範囲でお答えしたいのですが、自由の森学園をどのように理解しているのかがわからないと答えにくいところがあります。私の勝手な判断でお答えいたしますので、関心がありましたら直接に訪ねてみるといいでしょう。河内長野市の千代田学院高校はどうでしょうか」

自由の森学園を紹介します” への1件のコメント

  1. 息子が中学三年生です。
    不登校ではありませんが、自由の森学園のような学校を探しています。関西(あるいは西日本)にそのような学校をご存じないでしょうか?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください