「ひきこもり大学in下町」は想定を上回る参加数

このエントリーをはてなブックマークに追加
はてなブックマーク - 「ひきこもり大学in下町」は想定を上回る参加数
Facebook にシェア
[`google_buzz` not found]
[`yahoo` not found]
[`livedoor` not found]
[`friendfeed` not found]

9月10日の「ひきこもり大学in下町」は、想定を上回る参加者数になりました。
何よりも企画者のSくんの役割りが大きいと思います。
たぶん「実績を一つ重ねた」と感じているでしょう。
これをどう引き継いでいくのかがこれからになります。
1人の社会運動家(私にはあまりなじみにくい言葉ですが、いい言葉がないので…Sくんがその言葉になじむか?)になっています。
次の第4回「ひきこもり大学in下町」に結び付けたいです。
「ひきこもり大学in下町」はかつしか区民大学の1講座です。
行政として取り組んだ「ひきこもり大学」としてどういう効果や影響が現われるのかも私は注視していきたいです。
少なくとも今回の参加者数には、この面も働いています。
これまで不登校情報センターに関わってきた人がいました。
親の会の関係者は5名はいました。あれっと思う当事者もいました。
アンケートをお願いしましたが、それを書く時間がうまく取れなかったかもしれません。
それでもどんな感想があるのか集計が待ち遠しいです。
神垣さんの講演、ひきこもり当事者の体験発表は、ひきこもりが“救済の対象”というよりも、社会の多様性を示していると語りました。
余談ですが日本遺伝学会が、色覚異常や色盲を「色覚多様性」に呼称を変えるなど用語を改訂しました。
同様に発達障害も「発達の多様性」がいいかもしれません。
ひきこもりもこれらと並んで社会の多様性を示すものになるのでしょう。
私の予想ではひきこもりは、これからの社会をある面で先取りしています。
衝突しやすい社会を静めていく“鎮静圧力・鎮静引力”として作用するのではないか。
もちろん困難が差し迫っている人もいるので、その手厚いカバー・救済も必要です。
後半の「グループディスカッション」は、設定したテーマテーブルとは別にもできました。
それぞれかなり活発に体験の交流や意見交換ができているように見えました。
私が参加した「就業・仕事探し」グループは項を変えて記録します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください