デジタル複合機をリコー社と契約

ムラテックのデジタル複合機(プリント・FAX・コピー・スキャナー)MFX2335の使用が8年目、正確には3月からなので7年7か月です。通常のメンテナンス契約はできず、何かの故障があれば部品・修理代は実費になります。
いちばんの心配はドラムの故障で、これが使えなくなると交換のドラム8万円、修理9千円それに消費税10%ですから、ほぼ10万円を即金で支払わねばなりません。代理店2社から交換機の提案がありましたが、十分に納得できる提案ではありませんでした。いつ故障し、使えなくなるのかわからず危ない状態になっていました。
ここに思わぬ提案が飛び込んできました。リコーからリース5年、月額1.2万円余の高性能デジタル複合機の提案がありました。交換の実機もその会社(営業所)に出向いて確認しました。17日に契約し、月内に搬入の予定です。不安材料を解消できてほっとしています。〔28日〕設置を終えました。

ひきこもりを考える相談会とセシオネット親の会

大人のひきこもりを考える相談会(12日)とセシオネット親の会(19日)を続けて高田馬場で開きました。
大人のひきこもりを考える相談会の参加者は私を入れて4名で、他の3名は男性当事者です。当事者の集まりになるのかもしれません。仕事に就けないとかその気になれないひきこもり的な生活の周辺にいる状況を話しあう場になりました。
セシオネット親の会はお母さん2人と当事者1人、それに主催の私と松村さんを入れて5名です。お母さん2人の子どもは20代の前半です。不登校から始まり10年がすぎ、いずれも大学生や社会人になっています。不登校やひきこもりはおおよそ卒業しています。彼らが生きていくコロナ禍後の社会状況を話す場になりました。
10月も第2土曜日(大人のひきこもりを考える相談会)、第3土曜日(セシオネット親の会)を続けます。2つの会を秋に再開しようとする試みは軌道に乗りそうです。