『ひきこもり国語辞典』販売普及のお願い

『ひきこもり国語辞典』が発行されます。書店は3月22日発売ですが、数日前には入手できます。

定価1760円(本体価格1600円)、初版発行部数は5000部です。

私は、『ひきこもり国語辞典』の発行を不登校情報センターに関わってきた人の収入になる機会にしたいと考えています。

(1)4コマ漫画、挿し絵を描いた人に稿料を払います。この支払い対象者と支払額は確定しています。

(2)採用した言葉のオリジナルな提供者には、手元の記録と本人からの申し出により稿料を払います。速報値ですが、オリジナル語の提供者は111人です。オリジナル語の提供者には1冊を献本します。『ひきこもり国語辞典』の中に自分のオリジナル語をさらに見つけて申請してください。

採用の538語のうち163語(30%)はオリジナル語の提供者が不明です。1語につき複数のオリジナル語の提供者がいる場合もあります。調査時点では41語に複数の該当者がいます。

1語当たりの稿料は300円で計算しています。調査時点で1万円になる人もいます。

画料・オリジナル語とも稿料は発行部数1万部まで上記の比例額を支払います。

(3)『ひきこもり国語辞典』を販売した人に販売手数料を払います。

この販売のために出版社からの引き取り原価を本体の70%、1120円にしてもらいました。

定価販売すれば1冊640円(1760円-1120円)の収入になります。

◎ 親の会・家族会や居場所に持ち込んで紹介してください。関心を持って買ってくれる人はかなりいると思います。学校時代の恩師・友人、よく通っている保健所、知り合いや親族に販売しようと考える人がいます。こういう取り組みがおすすめです。

◎販売普及をする人には私からは、初めは3冊ぐらいを送ります。それを繰り返しますが、波に乗れば5冊や10冊の送付もあると思います。案内チラシも同封します。

◎『ひきこもり国語辞典』の作成にかかわらなかった人にも普及販売への参加をお願いします。やってみたいと思う人は連絡をください。

◎販売普及活動は、ひきこもりの理解を広げながら、自己開示、自己表現につながる取り組みでもあります。できる範囲でがんばってチャレンジしてください。

手作り冊子『ひきこもり国語辞典』作成から8年!

2013年4月1日、『ひきこもり国語辞典』を手作り冊子として発行してから8年になります。ついに『ひきこもり国語辞典』を時事通信出版局から出版することになりました。3月末には書店に並びますし、すでに書店やアマゾンで予約注文を受け付けています。

2013年の手作り冊子のあとがきに、こう書きました。

売り上げ等で利益が出れば相応の分配をします。しかし確かに売れる保証はありませんので、当てにしないでください。それでも万一の場合がありますので、このことばの「オリジナリティ」は誰にあるのかを記録しておきます。>

手作り冊子の時期には「売り上げ等で利益」は出ませんでした。しかし、定価400円のところ販売した人には半額の200円を支払うという条件で、積極的に販売を進めました。何度も印刷・製本を繰り返し、推定で900冊近くを売り上げました。

とりわけS.Mくんはその半分を売り歩きました。『ひきこもり国語辞典』が出版されると聞いたある人が「S.Mさんの『ひきこもり国語辞典』が出版されるんですね」と言ったことはこの事情をよく物語ります。

大学の講義の参考に使われ、カウンセラーの心理講座にも使われたと聞いています。家族会からもまとめて注文を受けたこともあります。さらにNHKのEテレから取材を受け、その結果が今回の時事通信出版局から出版につながったのです。まさしくS.Mくんの取り組みに負うものでしょう。

お陰で出版による原稿料を受け取る見通しができました。2013年に半信半疑であった「売り上げ等で利益が出れば相応の分配」が現実的になりました。

編集作業のおおかたを終えたところで、次の販売方法を考えつつ、他方では1つ1つのことばの「オリジナリティ」を確認し分配の準備をしています。この作業は未完成になるしかありませんが、支払いの対象者は少なくとも80人を超えます(作業の途中でもう少し増えます)。

2013年の時点で、ことばの「オリジナリティ」の半分以上はわからなかったし、確定しえないので、これはやむをえません。発行後に「読者はがき」などにより調査を続けます。25年になる不登校情報センターには多くの人が関わってきたのですが、それにしてもこの数は予想以上の多さです。

実は支払額が多くなって、私の持ち出しも覚悟したのです。しかし、発行部数・本体価格、約束した支払い基準額を見ると、そういう事態は避けられそうです。

あとは販売普及活動です。サイト制作と合わせて販売対象を分かりやすく整理しています。これはこれでまた大作業です。