勧めるのは「できることから始める」

1985年のプラザ合意が、日本にひきこもりが一定の社会層といわれるまで増大した政策的な(特定の意思によって)出発になったと私は考えています。プラザ合意は先進5か国の政治指導者が資本主義世界を存続するために合意したものです。ひきこもりという字句はないし、意識の末端にもなかった、意識外の事態であったことは承知しています。
プラザ合意の結果、日本の円高はすすみ(ドル安)、数年後にバブル経済が崩壊し、企業倒産と日本企業の海外転出が続出しました。日本は就職難と失業時代になり、「就職氷河期」の到来です。この流れの1つの行き先がひきこもりになりました。
この複雑な社会の巨大な動きをプラザ合意だけに負わせるつもりはありません。しかし、事態の推移をプラザ合意抜きにして語ることもできません。ここには説明すべき大きな空白が残っています。今回はこの空白を埋める私が関わった小さな1つを説明します。

私が編集した本に『自分を生かす仕事選び』(坂本鉄平、高校出版、1988年)があります。主に高校生の将来の仕事を考える参考にするため、坂本さんがいろいろな人にインタビューをしてまとめたものです。
手元にその本はなく、どういう意図の企画かは不正確ですが支障はないです。どういう経路でその仕事に就いたのか、その仕事はどういうことをするのか、どういうよさや楽しみがあるのか、自分にとってその仕事はどういう役割をはたすのか、今後の可能性や夢はどういうものか…などをそれぞれに即して聞いたものです。それらのことを「自分を生かす」としてまとめたのです。その理解は読む側の判断にゆだねられます。参考とはそのような意味でしょう。
いまそういう本を出してそれでよかったのかと振り返ってみます。それが間違いとは思えませんが、時代の進歩を十分に予測していたとはいいがたいと思います。いろいろに解釈できるわけで、言いかえるなら自分に都合よく解釈できる、ともいえるでしょう。1つひとつの仕事の内容はともかく、全体を「自分を生かす」という点は違うと感じています。
1990年の前後の数年は、日本社会の産業構造、雇用状態(とりわけ若い世代の就職機会)が大きく変わった境目でした。それもあって「自分を生かす仕事選び」という点に、あえて異議をはさむ人はいないかもしれません。
しかし編集担当者としては敏感に考えます。自分という個人は、大きな社会の中の1人です。社会の大きな動きの中で、この大きな動きを左右することはできません。その面に目を向けていかなくてはならないことが、2000年に入ったころには私にも明らかになりました。
「発生した問題を、個人で取り組めることのみで解釈しようとしていないか」という指摘をある本に見つけました。この人は「できること」から始めるのを基準にし、「できること」を増やしていく方法を提示しています。それは私が不登校情報センターを立ち上げ(1995年)、集まってきた当事者にいつのころからか勧めている方法と同じものです。
その『ゆとり世代はなぜ転職をくり返すのか?』(福島創太・ちくま新書・2017年)には多くの学ぶべき内容があります。そのいくつかをこれから書いていく予定です。
〔ひきこもりパラドクス

教育研究集会に参加

12月19日、人権と民主主義の教育をめざすネットワークの結成集会に参加しました。会場参加は30名余ですが、オンラインで70名ほどの参加があり、全部で100名あまりが参加しました。

教育関係の研究発表会に参加することがほとんど消失していたので、久しぶりにいい刺激になりました。

大学生の活動報告について――大学生協の全国組織である学生委員長の報告が参考になりました。今日的な学生運動ですが、全国組織ではアンケートで意見を集めました。最初のアンケートの回答は6万件です。学生の声からわかった学生の危機を3つにまとめました。2020年のコロナ禍における学生の状態です。

それが暮らしの危機、学びの危機、コミュニティの危機。

集会の最後に「まとめ的発言」をした呼びかけ人の制野俊弘さんは、この3つを、生きさせろ、学ばせろ、つながらせろ、の3つの声であると表現しました。

制野さんの発言で、印象的だったのは「青年は教えられることより、刺激されることを欲する」というゲーテのことばです。ただ制野さんは、ゲーテは少し間違っていて、これは青年だけではなく、全ての人間に通じることだといいます。このあたりの説明はなかなかユーモアがありおもしろかったです。

人生の先輩である教師が身につけた知識を教えても、学生は動かない。刺激が大事だというわけです。集会の終わりに近くなって、私は配布されたアンケートに記入しました。おおよそこういう内容です。

コロナ禍において人と人との関係が少なくなっている。それは子どもや青年だけではなく大人にも同じ状況。しかしひきこもりに関わっている私には、それは1990年代から始まってきたことです。いま世の中で「人のつながりが大事」という声があふれています。この様子は、症状が重くなってから病院を受診する人のようなものです。重くなって受診する人にも回復する人もいるでしょう。社会は多数の人がいますから、人類が死滅することはないでしょう。コロナ禍は平穏状態で生まれていた人のつながりの減少が、重大なものであることを明るみに出しました。その問題を暴露しました。

その症状を回復する試みは各方面から始まるし、強まるでしょう。コロナ禍における人と人とのつながりの減少という事実が、私には新しい刺激になっています。そういう一端に自分の経験を生かしながら参加するつもりです。

前日に古本のブックオフで一冊の本を買いました。『感染症の世界史』という学術性の高い本です(石弘之・角川ソフィア文庫・2017年)。covid-19の始まる前に出版されたもので、定価1080円(税別)ですが、ブックオフで660円。たぶんよく読まれているためなのか、あまり安くなっていなかったです。

自宅のある平井から集会会場のある大塚までの往復の間にこの本を読みつづけました。大塚はかつて働いていた場所でもあります。夕方の帰る時間に、付近を小一時間ほど歩きました。20年ぶりに見る周辺地域は大きく変わっていましたが、よく立ち寄った小さな文房具屋さん、お世話になった印刷所のビルも残っていました。 

Thank you several comments 英文コメントへのお礼

Thank you everyone. Since the “Hikikomori Japanese Dictionary” is a dictionary, it is difficult to make it into a book in English. Each word can be in English, but the whole cannot be structured as a single book. Even so, I’m glad to hear that people in the English culture who understand Japanese are happy. Hikikomori certainly stands out in Japan, but it represents the current situation of people in their respective spiritual cultures in Europe and elsewhere in Asia. I hope it helps you to think about similar withdrawal phenomena in each region of the world. Thank you for your comments and reviews.

みなさん、ありがとうございます。
『ひきこもり国語辞典』は辞書であるだけに、全体を英文にして本にするのは難しいです。1つ1つの言葉は英語にすることはできますが、全体を1冊の構造ができないのです。
それでも日本語が分かる英語文化圏の人からよかったといわれると嬉しいものです。ひきこもりは確かに日本において際立っていますが、ヨーロッパでもアジアの他の国でもそれぞれの精神文化において、現在の人々の状況を表現しています。世界のそれぞれの地域での類似ひきこもり現象を考えるのに役立てば幸いに思います。
いただきましたコメント、レビューに感謝いたします。
*Google翻訳アプリによります

『ひきこもり国語辞典』にコメントー担当編集者への連絡

8日から9日にかけて、ツイッター上に載せた『ひきこもり国語辞典』の書店での動きについてコメントが寄せられています。
初めはたぶん韓国、その後も英語で計5人が6件のコメントを寄せています(下記参照=3・4は同一人)。
もしかしたらまだ続くかもしれません。意味がよくわからないものもあります。
このツイッターに載せた紹介文はいくつかを一緒に「ひきコミWEB版」というブログにまとめていて、そこに集まりました。
どういう技術的な事情があってこのブログにコメントが来たかはよくわかりません。
そのブログのアクセスは通常は1日100回ほどですが、このコメントが載ったら9日は夜11時過ぎに見たら420回になっていました。
先ほど朝の8時過ぎですが140回を超えています。
海外で日本のひきこもりへの関心があるのかもしれないと思いました。もちろん国内に比べたら大したレベルとは思えないですが。
Amazonを見ると、中古品・新品・コレクター商品とアマゾンの在庫状況が載っているのですが、前にコレクター商品に数冊の在庫で載っていました。
その料金が3000円以上なのでどうしてこんなに高いのか考えると海外への販売になるのではないかと思いました。
これは私の推測なので本当ではないかもしれません。
ただ今回のコメントを合わせるとあんがい海外に関心を持つ人がいるのかもと思ったところです。
この人たちに何かを返したいのですが、さっぱり見当がつかないで困りました。何が起きているのでしょうか? 思いつくことがありますか?

*以前にフィンランドのニュース記者やイタリアのテレビの取材を受けたこともあります。
ひきコミWEB版 (futoko.info)5月2日の記事へのコメントです。スペルのミスはそのまま残しました。

1,By 카지노사이트 주소, 2021年12月8日 @ 7:07 AM
It’s going to be ending of mine day, however before finish I am reading
this great article to increase my knowledge.

2,By ASM Evolution Review, 2021年12月8日 @ 9:26 AM
In this module, you’ll be given the factors for choosing a
great provider and an outline of constructing a brand.

3,By film en streaming vf, 2021年12月9日 @ 2:23 AM
I know this web site օffers quality depending posts aand extrɑ data, iss therе any
other web page which offerѕ thesse kinds of data in quality?

4,By film streaming, 2021年12月9日 @ 2:28 AM
Fine way of еxplаіning, and fastisious paragraph to obtain facts
concеrning my presentation ѕᥙbject, which i aam
going to cοnvey in institution of higher education.

5,By sgpool4d.com, 2021年12月9日 @ 3:14 AM
This info is worth everyone’s attention. Where can I find out more?

6,By Caogenshifeng.com, 2021年12月9日 @ 7:53 PM
It’s hard to find knowledgeable people about this topic, however, you seem
like you know what you’re talking about! Thanks