新型コロナ・格差拡大などの最近事情ー資本主義史(4)

ここで少し脱線して、水野和夫(法政大学教授)さんが「週刊エコノミストOnline」に発表している最近の事情を紹介します。タイトルは「経済再生のため企業の内部留保463兆円を今こそ放出すべきだ」です。


もはや国家は国民の生命・財産を守ってくれない?「コロナとの共生」──。新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を前に、100年に1度の危機を乗り越えようという訴えかけに、私は疑問を感じている。2008年のリーマン・ショックや11年の東日本大震災でも、そう喧伝(けんでん)されたが、2~3年もすれば元に戻った。

◇ペストが崩した教会権威仮に14世紀のペスト以来の大変革期を迎えたという認識なら理解できる。それまで絶対的な権威で地域の秩序を構築していた教会が、ペストの前に何ら有効な解決手段を打ち出せず、死者が多いあまり葬儀さえできない実態をさらけだした。これが後のルターによる宗教改革につながり、現在まで続く国民国家の形成への一大転機になった。

14世紀の教会に当たるのが、現在の国民国家だ。全米で広がる抗議デモは国民国家への不満や怒りで、教会を倒した宗教改革とも言える。白人警察官による黒人男性の暴行・死亡事件はそのきっかけに過ぎない。国民国家における資本主義を極めた米国で、貧富の差は臨界点を超え、コロナで医療分野でも富める者は救われ、貧しい者は切り捨てられる状況に米国民は、「もはや国家は国民の生命・財産を守ってくれない」と、国民国家に反旗を翻したのだ。

日本でも為政者は安全な場所から「コロナとの共生」と、国民に訴えるが、テレワークがままならないサービス業などの従事者は感染リスクにさらされたままである。休業要請をするだけで補償がないのだから、生活のためにやむを得ず、感染リスクが高い最前線に追いやられているのだ。

日本でも「国家は国民を守ってくれない」という不満は日に日に増している。「企業は株主だけでなく、従業員や取引先、地域社会といったさまざまな利害関係者を重視しなければならない」と、最近になって言い始めた。であれば、積み上げた内部留保463兆円(19年3月)で、国民生活を支援する時だ。私の試算では463兆円のうち、生産性向上や低金利による利益が132兆円となる。これは本来、支払われるべき賃金や利子に該当するから、未曽有の危機の今、国民に還元すべきだ。また、内部留保は200兆円あれば、十分だから残りの131兆円は、休業要請に応じた小売業などの補償に使えばいい。

これを見ても現代のひきこもりに直接に結び付く話は読み取れないと思うでしょうが、長期的に見れば矛盾はないのです。14世紀のペストの感染は封建的な生産関係の変革につながりました。この度の新型コロナウイルスの感染拡大は資本主義自体の変革につながる背景事情があります。水野さんの本ではその背景事情を詳しく説明してくれます。

絵物語『トラウマ人生を好転させたい』発行予定

とおふじさおりさんの絵物語『トラウマ人生を好転させたい』の原稿版下が送られてきました。A5版68ページの大作です。あゆみ書店から手作り本として発行することにしています。出版に必要ないくつかの技術的な問題があったので、それを整理すれば、近々発行にこぎつけられるでしょう。
彼女の実話に基づく絵物語で、内容はひきこもり経験者と類似します。
今年の始め、新型コロナウィルスの動きが始まる前のころにとおふじさおりさんと会い決めていたことです。イラストレーターとしての作品見本に活用できればいいです。

多摩地域での小中学生への訪問支援員を急募!


子どもの貧困ネットワークのメーリングリストによる連絡です。
〇      〇     〇
NPO法人文化学習協同ネットワークより【急募】のお知らせです。
多摩地域を中心に、数市で生活困窮者支援法関連の事業を受託しております。
◎小中学生のお宅に訪問する訪問支援員を探しています。
私たちは、三鷹市と近隣自治体で、子どもたちとその家庭の学習支援と生活支援、若者たちの就労支援と生活支援を行っています。
自治体と連携して『ひとり親家庭への訪問型の学習支援・生活支援』行っています。
周りの人たち(社会)とつながることの難しい家庭にとっては、子どもたちへの学習支援と同時に、訪問で保護者と関わることが大切な機会になっています。
その訪問支援員を募集しています。
対象が女子なので、このような支援に関わってもらえる女性を探しています。
こうしたお仕事に興味がある方、連絡よろしくお願いいたします。
条件:1回の訪問が2時間で報告含め3時間勤務です(時給1200円~)
認定NPO法人文化学習協同ネットワーク  0422−47−8706
担当  広瀬、佐々木 にご連絡ください。

1970年代以降―資本主義史(3)


〽ひきこもり 平成時代とまるかぶり
ある人が自分を省みての川柳です。平成時代は1989年から2019年までの30年余です。不登校情報センターにかかわる人の多くはまさにこの時期の不登校やひきこもりの経験者です。ひきこもりが社会問題に取り上げられたのは平成の後半、2000年ごろからです。
なぜ彼ら彼女らはひきこもりになったのか? ほぼ全員が気付いたらそうしていたのです。社会の変化をキャッチした反応でしょう。彼ら彼女らはほぼ1970年以降の生まれです。そしてこの時期に資本主義は歴史的な変化を迎えていました。
私は以前に、どなたかの意見に納得して、1970年を日本が高度産業社会に到達した年と書いたことがあります。到達したということは、そこから新しい展開が始まったということでもあります。1970年代初めに資本主義に何があったのでしょうか?
日本の高度産業社会の到達について、水野さんの『資本主義の終焉と歴史の危機』では次の指摘があります。
「資本主義は1970年代半ばを境に「実質投資空間」のなかで利潤を上げることができなくなった」、「たとえば、日本の交易条件が大きく改善したのは…、1955年から72年までです」。1人あたり粗鋼消費量のピークは73年度0.834t、「鉄の消費量は近代化のバロメーターで…(これ以降の)40年にわたって、日本の内なる空間で需要が飽和点に達している証拠です。…大量生産・大量消費社会が1970年代半ばにピークを迎えたことになります」(106p)。他にもいくつかの例を挙げています。
資本主義の新しい展開とはなにか? 前回「金Goldと紙幣Money(ドル)の結びつきが切り離されます。実物経済と流通する通貨量が離れていきます」と書いた点です。これはニクソン・ショックと言われ1971年のことです。かつて1ドル=360円と固定していたドルと円の交換相場は変動制になりました。最近では1ドル=108円とか毎日、毎時間変化しています。これが実体経済と離れたマネーゲームの世界をつくり、資本主義の虚構性を深めています。
これ以上の詳しい説明は避けましょう。この時代の変化を感じるのは、日常的に通貨の為替相場を扱う人たち、それが経済活動に影響するの見つめている人たち、そして「政界や実業界で実権を握る人」でしょう。

他方では生物的な感覚で雰囲気をするどくキャッチする人たちがいます。その人たちが思春期を迎えた1980年代から不登校やひきこもりとして、社会状態のゆきづまりの危険信号を発し始めたのです。 「近代システムの弊害を見えるがゆえに」、いや皮膚で感じるがゆえにでしょう。
政界や実業界で実権を握る人はこの虚構社会にしがみつき、ひきこもりはこの社会から距離をとる。まさに「倒錯日本」と言えるのです。
〽ひきこもり 平成時代とまるかぶり Thank Heaven! と叫びたい気持ちです。

利子率2%未満の長期化―資本主義史(2)

  現在の資本主義はどのようになっているのか、そしてこの社会のリーダーともいえる政界や実業界で実権を握る人たちは、なぜ「近代引きこもり症候群の人たち」と言えるのでしょうか?
水野和夫さんの『資本主義の終焉と歴史の危機』は経済史を見直すことによって詳しく論証しています。資本とは利潤を求める動きであり、2%未満では縮小になります。今回はその視点から概略説明します。
14世紀の中頃、イタリアのジェノヴァなど地中海世界に発生したのが利子付きの資本、商業資本です。当時のジェノヴァの利子率は8%です。
その後、資本主義はヨーロッパに広がり、植民地主義としてアジア、アメリカ大陸、アフリカ大陸に広がりました。地理的・物理的空間の拡大です。中心地は交易による動きですが、拡大先地域では強奪的、暴力的でした。
18世紀にイギリスに産業革命がおこり、産業資本主義が生まれました。18世紀末のイギリスの永久国債(利子率)は3%です。19世紀末の帝国主義の時代を経て、地球という物理的な空間は資本主義の下に置かれました。世界大戦、疫病、植民地の独立などを経ながら1970年代まではほぼこの状態(利子率3~6%)が続きます。
1970年代前半の利子率は、日本10年国債11.7%(1974年)、イギリス14.2%(1974年)、アメリカ13.9%(1981%)が示しています。14世紀の資本主義の発生以来の最高水準です。(中心外の高利貸し資本は除外しているはずです)
ところが最高を迎えた70年代に急激な利子率の低下が起きます。この資本主義の危機に劇的な延命策が生まれました。電子・金融空間の拡大です(地理的・物理的空間の拡大の余地は限られていたので)。金Goldと紙幣Money(ドル)の結びつきが切り離されます。実物経済と流通する通貨量が離れていきます。
IMF(国際通貨基金)の2013年の推計では、実物経済の規模は74.2兆ドルにたいして、流通通貨量は140兆ドルといいます。通貨の流通速度が秒速で世界の金融市場を駆け巡るので、実物経済と通貨量はこの10倍の開きがあるといいます。
いまや通貨は金融市場では過剰に流通しています。通貨量が多いと物価が上がるはずです。ところがそうはならない。日本以外でも産業振興(積極財政という)として政府は予算支出を、流通通貨を増やし続けています。しかし、物価は上がらず、資産価格が増えるし(バブルの発生条件)、利子率は低下したまま下げられないレベルになっています。
日本の安倍内閣は2%物価上昇を目標にしているが達成しない。日本銀行はマイナス金利を提供しているが借り手がいない。大手の資本は設備投資をしないし内部留保を増えていく。これは日本だけではない。
それなのに「政界や実業界で実権を握って」いる人たちは、産業振興=GDPの拡大を目標にしている。著者はそういう人を地理的にも電子空間的にも閉ざされた世界にいる「近代引きこもり症候群の人たち」と称するわけです。
ま~、こう聞いたからと言ってなかなかわかりづらいでしょう。この説明を違う角度から繰り返し見ていきます。今回はここまで。

似顔絵が送られてきました

松田武己の似顔絵が送られてきました。
以前にNHKの放送に出たときの映像を参考に描いてくれたそうです。
描いてくれた人は、大雨が降る地域に住む人で、郵便に投函するのも大変だったようです。
実物よりもいい感じの似顔絵なので、気恥しいのですが『ひきこもり国語辞典』に使いたいと思います。
日常はいろいろ大変なようなのです。
似顔絵作品集や「似顔絵描きます」の取り組みは生活が落ち着いてから考えてもらおうと思いました。

実際に引きこもっている若い人―資本主義史(1)

経済史に関する新書本を読みました。著者は水野和夫、『資本主義の終焉と歴史の危機』(2014年、集英社新書)です。そこにおもしろい記述がありました。「近代引きこもり症候群の人たちが政界や実業界で実権を握って、近代システムの弊害を見えるがゆえに実際に引きこもっている若い人に、なにを内向きな考え方をしているのだと、非難しているのが日本です。まさに「倒錯日本」です」(129P)。

これは正しい見解だと思います。引きこもっている若い人は、近代システムの弊害を見える人たちと言っています。その通りです。言語表現はしていませんが、心身と生活において表現をしています。

それでは弊害を起こしている「近代システム」とは何でしょうか。水野和夫さんの著書に導かれて、いくぶんは私の感想も加えながら紹介していきます。数回に分けなくてはなりません。

「近代システムは、先進国に限られた話とはいえ、中間層をつくり上げる仕組みとしては最適なものでした。中間層が、民主主義と資本主義を支持することで近代システムは成り立っていました」(90P)、「資本主義の発展によって多くの国民が中産階級化する点で、資本主義と民主主義はセカンドベストと言われながらも支持されて」(81P)きたからです。この状況が、1970年代以降に行き詰まり、変質してきたのです。

水野和夫さんはこの様子を14世紀に始まる資本主義の成長・発展・変化のなかで、論証しているのがこの本です。「実際に引きこもっている若い人」たちは、現代になって表れたこの行き詰まりを心身状態と生活において表わしているのです。新たな視点からのひきこもり論かもしれません。

現在の資本主義はどのようになっているのか、そしてこの社会のリーダーともいえる政界や実業界で実権を握る人たちは、なぜ「近代引きこもり症候群の人たち」と言えるのでしょうか? 次回はそれを紹介しましょう。

いいものを見ました

商店街に続く路上に三輪車に乗った3、4歳の男の子が泣き顔でいます。
どうしたのかな? と思いながら見ていると、
突然、「パパなんて、だいっ~っきらいだ!」と思いっきり叫んでいる。
声をかけた方を振り返ると、30代ぐらいの男性が、苦笑いしながら立ち止まっています。
この人がパパのようです。
男の子はまた何かを叫んでいます。
よほどパパに言いたいことがあるのでしょう。
パパは男の子に少し近づくけれども、距離はあまり縮まりません。
三輪車は少し動きパパに近づきますが、3メートルほど離れたところでストップ。
ともに譲らない男と男のいい勝負です。
いい親子の関係だと思いました。
路上で、公衆の面前で小さい子がパパに抗議をする。
そうしても大丈夫だという前提がこの父と子の間にはあるみたいです。
江戸川区はそれでも子どもの数が多いという。
いいものを見せてもらいました。

編集補助の仕事で確認できたこと

『ひきこもり国語事典』に掲載予定の約600語があります。当事者の経験に合わせて感想を寄せていただく編集補助をお願いしました。結局1人がこれに挑戦し、A4版用紙に119枚、484語(1枚平均に4語)について感想を書いてくれました。

約600語のうち484語とは80%に、共感・共鳴、自分の体験からの補足、わかりづらいという指摘、なかには自分のエピソードから独自の見出し語をつくるものも出ました。この感想集だけで1つの作品と言えるほどです。これにより『ひきこもり国語辞典』の持つ可能性をいくつかわかった気がします。

(1)ひきこもり当事者は、自分だけと思い込んでいる体験が、そうではなくいろいろな人に生まれていること。体験の相対化とともに、自分が特殊ではないとを理解できる。

(2)否定的と思われている自分の状態から、進める方法や手がかりを見つける可能性があること。

(3)言い換えれば、体験者のいろいろな状況と照らし合わせれば、癒しと回復の効果を得られるかもしれないことです。カウンセリング的効果とも言えそうです。

会報の7月号を発行

会報「ひきこもり周辺だより」7月1日号を発行しました。
今月号はエッセイ「『ひきこもり国語辞典』は予想を超えた意味がある」という、冗漫な、あまり関心を持たれないようなテーマだけになりました。こういうのもあるのでご勘弁ください、みたいな気分です。
目立つのは7月11日に大人のひきこもり相談会を高田馬場で開くことです。参加者がどうなるのかは全く予測できませんが、東京の真ん中所に住む人や多摩地域の人に近くなったことです。