発達障害についての試論――不登校・ひきこもり親の会でのテキスト

人は動物の1種であり、現存する動物はすべて進化の途上にあります。人も同じです。進化の途上にあるといっても、時々刻々の変化は見えません。見えるのは子どもが成長する、成人が老化する、負傷が治っていく様子です。これらの変化は生物の進化よりもはるかに速いから見えやすいのです。それらに比べると進化は目立ちませんが、ゆっくりと確実に進んでいます。
ガラパゴスのイグアナの進化は数十年単位で観察され、記録されています(海イグアナと陸イグアナ、混合イグアナ:省略)。
日本人の身長・体型なども、胴長短足からこの数十年に相当スマートになっています。生活する町や商品は昔と比べるとかなりセンスがよくなっています。これらは文化水準に依存しますが、それでも進化を反映しています。
進化はその生物が生息する環境に大きく左右されます。人の場合はその環境に占める社会的・文化的条件が他の動物以上に重要に大きく作用します。

進化は、動物として環境適用に向かって一直線に進むのではありません。いわば手探りでジグザクの経路を通りながら進みます。言い換えるとあるときは不十分で中途半端であり、別のときは行きすぎて調整を必要とします。それらの総体が進化であり、他方では個人差(個体差)が生まれます。
人は大きな歴史的な流れの中で、工業的な生産社会から情報社会に移行する過程にあります。全体として時代に適合する進化に向かいますが地域差、世代差、個人差もともないます。
発達障害といわれるものは、このまだら模様の進化の過程で表われます。いつの時代でもこのような個体差はありましたが、情報社会に移行する時代では身体科学も進歩しており、また個人が尊重される社会環境になっているので、この過程は詳しく観察されます。本人も周囲もいろいろな程度で意識できます。
どの部分がどう変化するのか、変化の様態や速度は一人ひとり違うのですが、ある程度共通する種類に分類されました。一つはアスペルガー症候群(障害)といい、別のものを学習障害といい、さらに注意欠陥・多動性障害といいます。アスペルガー症候群は数年前に自閉症スペクトラムという分け方に収められました。その他たとえば吃音(どもり)やトゥレット症候群も発達障害の1つとして認められています。

ここから発達障害を私自身の経験から話を挟みます。
私が発達障害の1つ、アスペルガー症候群の程度の低いもの(いまではそれは自閉症スペクトラムに入ります)と自覚したのは、10年前のことです。
*アスペルガー症候群と表現するのは私の場合は強すぎる(?)ので、アスペルガー気質としますが、いずれにしても自閉症スペクトラムには入ります。
10年前に臨床心理士のKさんが、アスペルガー症候群の話をしていました。聞いている私はそれが自分の子ども時代の経験に共通していると知りました。子どものなかにいて「超然としている」というのが、なぜか印象的でした。
子ども時代の私は、アスペルガー気質を日常的に表わしていたと思います。小学2年生のとき「変わっている」とか変人と言われていた記憶があります。しかしまた人間関係ではその状態を自分なりに感じて対応していた面もあります。中学生のとき同級生から「タケミくんは公平だ」と言われて気づいたことです。情緒的な好き嫌いがよく理解できなかったのでしょう。嬉しい・悲しいという感じ方も薄かったと思います。そういう感情的情緒的な基準による人との関係ができないので、意識して「公平に」を基準にしたと思います。学級内で弱いとか強いとかよくつかめず、誰にたいしても「公平に」しよう…と。
以下いろいろなエピソードがありますが、省略(または口頭発言)します。

ひきこもりになる人の中心は感覚の鋭さと感受性の並外れた強さが関係しています。そのために対人関係、社会関係に不都合が出ます。大雑把な言い方ですが、ひきこもりはこの置かれた状態における自己存在策、自己防衛策です。
感覚の鋭さと感受性の並外れた強さが、このようにな表現になるのは今日の日本人、特に青少年の置かれた社会的状態によります。このような社会的・文化的環境における対応・反応の1つがひきこもり状態です。
これも進化を模索する過程の一つです。ひきこもりは極端ですが、これほどではないにしても多くの日本人はいろいろな出来事に繊細に反応しています。その成果がセンスのある高度な生活環境の実現です。
日本社会の状態にこれとは別の反応もあります。発達障害的な反応、特にアスペルガー気質の反応がその1つになります。巷にあふれる感情の交錯やいろいろな出来事を感情処断によりやり過ごしていきます。これもまた置かれた状態に対応する過程です。(個人的な実感ではアスペルガー気質は周囲の状況に鈍感か過敏の両極に振れやすい、というのが真相と理解します)。
ここでは社会状態への反応という面から進化を考えましたが、進化を促す理由や進化を表わす姿はそれだけではないようです。
身体面では、重労働不適の人の増大、身長が伸びる、手先が細かい作業に向いている、美男美女が多くなっている…関係ないと思えるものもあるでしょうが必ずしもそうとも言いきれません。
人は社会的に生きるだけではなく、自然的にも生きます。性科学の山本直英先生は説明できない身体表現には生存のための戦略、子孫維持に関係するものがあるといいます。そういう点から見るとなるほどと思えるものはあります。

発達障害の病理学的解剖の献体を希望

以前から死後の献体を考えていました。
70歳を超え、その時期は近づいているかもしれません。それで日本篤志献体協会というところに、発達障害の病理学的解剖の献体できるところがないかの問い合わせを含むお願いをしました。
日本篤志献体協会の篤志解剖全国連合会・事務局からていねいなお返事をいただきました。
それにより手紙で申し込み可能な大学は2校あるとわかりました。
日本篤志献体協会の問い合わせ時に同封した紹介文はこちらです。

〔病理献体希望の自己紹介文〕
http://www.futoko.info/…/%E7%97%85%E7%90%86%E7%8C%AE%E4%BD%…

父親がアスペルガー症候群である場合どう対応すればいいのか(続き)

盆休み期間中の「大人の引きこもりを考える教室」にしては参加者が多くちょっと意外でした。二次会もありまして、20代の3人に相談役の田中登志道先生と私の5人で1時間ほど話しました。
この二次会の途中で、私の宿題になっている先日のカサンドラ症候群の問題を持ち出しました。8月8日のブログ「父親がアスペルガー症候群である場合どう対応すればいいのか」です。
直接の回答ではありませんが、参考になる意見を聞くことができました。
それまでは強気一方と思っていた父親が、「実は仕事が大変でつらい」と言ってきたというのです。母親はここで仕事を辞められたら大変という反応だったのですが、そのとき「つらいということをよく話してくれて嬉しい」という趣旨を返したのです。
父親はこれまで自分の仕事のつらさを家族はわかっていると考えていたらしいのですが、この言葉を聞いて仕事のつらさを話したことがないと気付いたのです。
これによって事態は何も変わってはいないのですが、家族が話せる関係が徐々にできたといいます。
ここで田中先生が傾聴というのを簡単に説明してくれました。ある人の発言の基になっている気持ちに思いを寄せて聞く、ということです。ロジャース法の来談者中心カウンセリングというようです。言葉で誰かを責めている、それに反応して責められる誰かを公平に擁護すればいいのではなく、その発言をする人のつらさや苦しさをまずは受けとめよう、それが傾聴に当たるというわけです。
これらの話は「父親がアスペルガー症候群である場合どう対応すればいいのか」という問いに答えているのではありません。もう一歩、もう二歩進んだところでの対応になるでしょうが、参考にはなると思います。

父親がアスペルガー症候群である場合どう対応すればいいのか

カサンドラ症候群というのを聞きました。
ウィキペデイアでは「アスペルガー症候群の夫または妻と情緒的な相互関係が築けないために配偶者やパートナーに生じる、身体的・精神的症状を表す言葉である。アスペルガー症候群の伴侶を持った配偶者は、コミュニケーションがうまくいかず、わかってもらえないことから自信を失ってしまう。また、世間的には問題なく見えるアスペルガーの伴侶への不満を口にしても、人々から信じてもらえない。その葛藤から精神的、身体的苦痛が生じるという仮説である」と紹介されます。
私が聞いたのは、父親がアスペルガー症候群で、その子どもがさまざまな被害を蒙っているというものです。カサンドラ症候群と同じかどうかはわかりませんが、似た面はあるでしょう。
子ども側からは父親をどうすればいいのか、ある年齢になったら家から離れるしか方法はないのかと言われました。
<父親があまりにも自分勝手で、顔を洗えば周りを水浸しにし、後始末は家族の誰かがしなくてはならない。父親はその問題点をまるでわかっていないし、わかろうともしない。この例はまだいい方でひどいことはいろいろある。家族はどうすればいいのか>。これが質問の主旨です。
どうすれば父親が家族に迷惑をかけなくなるのかの答えはわかりません。父親に注意しても逆に怒られるか対立関係になるだけでしょう。
私に話せるのはそのヒントになることです。アスペルガー症候群を家族なりに理解することです。アスペルガー症候群といっても個人差があります。この父親の場合はどうなのかは家族がいちばんわかるでしょう。
(1)アスペルガー症候群というのは、ある状態であって良し悪しの判断を先行しないで理解することです。アスペルガー症候群の人は、人の好き嫌いで事柄の正邪を判断することが嫌い・苦手で、公平な判断を心がける人が多いと思います。父親のそういう面はどうでしょうか。
(2)人の感情や場の雰囲気を把握するのが苦手というのもアスペルガー症候群の人の特徴といわれます。私の見解では、感情や場の雰囲気がわかるときとわからないときの両極端になりやすいというのがより正しい理解だと思います。そういう面から父親を見てはどうでしょうか。
(3)自分が関心を寄せること以外には無頓着で不干渉なところもアスペルガー症候群の人の特徴ではないでしょうか。もし父親にそういう面があれば悪いことだけではなく、助かる面もあるのではないですか?
質問者は私のこの話に何か感じることがあるようで「参考になります」という感想をもらいました。人は、特に家族などの近しい関係にある人は、非難されることによって改善するのではなく、評価されてそれを起点に他の面もよくしていくものです。そういう視点を取り入れて日常的な関係をつくるのが家族としての対処法ではないでしょうか。その延長に、家から離れる方法もあると思います。
上の3点は、アスペルガー気質を自覚する私が苦手とすることで、自分なりの対処法を話しました。他にも対処法はいくつかありますが個人差がどこまで通用するのかはわかりません。比較的多数のアスペルガー気質の方に共通しそうな代表的なことを話したのです。

発達障害の受け入れ校を探す方はこちらをご覧ください

23日の不登校・ひきこもり親の会に初めて参加された方の子どもさんは発達障害があるといいます。
ある通信制高校に籍を置いていますが、うまくいかないようです。それで受け入れ先の学校を探しています。その日私は法事のため欠席していたのですが、東京近辺にはそういう学校はいくつかあります。
それをいくつかコピーして担当の藤原さんから渡してもらうことにしました。
実は、まだ情報紹介していない学校もいくつかあります(直接に情報を送っていただいたものをサイト上で紹介しています)。お気づきの学校等からの情報提供をお待ちしています。

廃棄物業界現場の報告を聞き意見交流会

ちょうど1か月前の6月18日に『報告と交流「廃棄物業界のよさを踏み台にする」』をお知らせしました。報告のエンジくんは1人でも参加があれば…といっていたのですが、今日18日は私と藤原さんとエンジくんを含めて8名参加です。
午後1時開始なので、12時過ぎに昼食を軽くしようと準備していたら、チャイムが鳴ります。初めて情報センターに来るというHくんが「きょう引きこもりの集まりがあるとみてきました」と登場です。
Cくん、Mくんに続いて報告者のエンジくん。さらにIくん、エンジくんが説明用のYouTube番組(日本環境衛生センターの作品)を映している間にYくんが来たというわけです。
予想外に多い参加者数に驚きましたが、予想以上に準備していたエンジくんの報告がまたよかったです。
「混ぜればゴミ、分ければ資源」になるという資源産業で、“不況感がない”という業界の説明。
資格が不要の軽作業で、扱う商品が“ゴミ”なので、商品の取り扱いに気を使わなくてもいいという職種の説明。
60代が中心の戦力で、40代・50代は若いというのですから、仕事に就いたことがない、長く引きこもっていた人向きにはハードルは確かに低いと思います。
そうは言いつつも不安感のある質問も出てきていろいろ話し合いになり、意見交換できました。
8月にもまた行います。8月9日(火曜日)午後1時30分からです。

斜視の会は4名参加予定

7月3日の斜視の人の集まりを呼びかけました。いまのところ4名が集まります。
先日の呼びかけにより1人から新しく連絡があり参加していただくことになりました。その方は2年前に手術で斜視は矯正しています。斜視もいろいろですので、それらの意見交換をしましょう。
さて、斜視について考えるたびに同時に浮かんでくることがもう1つあります。色覚異常、すなわち色盲・色弱です。実は私には色覚異常があります。小学校時代に簡単な検査でこれはわかりました。私の色覚異常の場合は、日常生活に不便を感じることはありません。これについて以前に書いたものがありますのでそれを紹介しておきます。
今回は斜視の集まりですが、別の機会に該当者がいましたら色覚異常の人の集まりも考えています。斜視も色覚異常も程度によっては日常生活や職業選択の支障になると推測するからです。

斜視の会を改めてお知らせします。7月3日、日曜日午後1時。待ち合わせ場所はJR総武線「錦糸町」北側改札口とします。話し合う場所はその近くで探します。飛び入りでも、事前連絡でも参加を歓迎します。連絡は電話03-5875-3730、メールopen@futoko.info

〔斜弱視の会について=1997年〕
http://www.futoko.info/…/%E6%96%9C%E5%BC%B1%E8%A6%96%E3%81%…

斜視の人がいましたら7月3日に来ませんか

2015年7月4日付のブログ「3人目の斜視の人と出会う」を見て連絡が来ました。
「私も斜視です。ひきこもりや不登校とは違いますが、同じように斜視の方と知り合える機会があったら、といつも思っていました。」
松田武己は斜視でして、斜視を誇りにしたことなどはないですが、困ったこともさほどないです。ですがときたま気になることは発生します。昨年の7月4日にこのブログを書いたのは斜視の人を見つけて連絡先を聞いていたからです。他にもう一人いまして今度連絡のあった人は4人目の斜視の人です。
それで今度連絡のあった人と話す機会をもつことにしました。他の2人にも連絡をします。
全員は集まれないかもしれませんが、2人だけでも話してみようと考えています。
何を話すのかはおおよそ決まっているようなものですが、まずは話を聞いてみたいと思います。
時間は7月3日、日曜日午後1時。待ち合わせ場所はJR総武線「錦糸町」北側改札口とします。話し合う場所はその近くで探します。
斜視の方がいましたら、飛び入りで参加してくださってもいいと思います。でも事前に連絡があるとありがたいです。
気づいたのですが、ブログを書いてからちょうど1年目です。
連絡先TEL:03-5875-3730、FAX:03-5875-3731、メール:open@futoko.info(まつだたけみ)です。

発達障害者のための教室・施設のページを準備

「発達障害生の教室・施設」の情報提供ページをつくるために、情報集めのためのフォーマット用紙を作成しました。
試作品とし、すでに情報提供をしていただいている5つの教室に送りました。現在、紹介している情報をこの試作品用紙に書きなおす形で書き直していただくためです。
興学社高等学院(千葉県松戸市)、発達支援教室ホーミーズ(東京都中野区)、工芸技能学院(東京都日野市)、太陽の村(神奈川県相模原市)、NPO法人発達わんぱく会(千葉県浦安市)です。
この回答を見て、フォーマットの正式版をつくり、一斉に送る予定です。
これまで迷っていたのは、障害者のための特別支援学校・養護学校のなかに含めるかどうかでした。特別支援学校・養護学校にも該当するところはありますが、そういう視点では探さないのが大勢と思えるからです。また(学校だけではなく)施設を加えることにも意味があると思えます。
関心のある人のご意見をお聞かせください。

授業料免除や発達障害への対応情報を集めたい

「かつしか進路フェア2015」(8月1日)には、最終報告ではありませんが2700名が参加したと聞きました。会場のテクノプラザかつしかは冷房が利いているとはいえ、猛暑の中でかなりの暑さです。室外で会場案内をしている人はことさら大変でした。
持って行ったミニパンフ『不登校生のための高等学校』約200部は開始30分でなくなり、部数だけでなく、利用目的や内容面も含めて改善方向が見えました。参加した中学生に手渡したところ「友達に不登校がいるから…」と受け取ってくれた子がいました。
相談コーナーにいたのですが、学費の問題(奨学金や授業料の減免など)の情報を集めるテーマの輪郭が明確になりそうです。
障害者ないしは特別支援学校に関しても貴重な意見を聞くことができました。これは発達障害生の対応情報をどう集めるのかの参考になります。
9月には足立区で規模は300人目標の進路相談会を予定しています。その後で、不登校生を対象にした独自の進路相談会を考えています。