カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


にいがた公的扶助研究会

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > 新潟県 > にいがた公的扶助研究会

にいがた公的扶助研究会

自治体職員ら研究会活動 支援の質向上へ連携
県内で生活保護を担当する自治体職員らが、連携を深め支援の質を高めようと「にいがた公的扶助研究会」を設立し活動している。
定期的に研修会を開くなどして、支援の在り方を考えている。
研究会は新発田市社会福祉課の嘱託職員上村正朗さん(60)が県の生活保護担当だった頃、県内のケースワーカーらに呼び掛けて2009年に設立した。
定期的に事例の検討会やセミナーを開催。
社会福祉協議会や地域包括支援センターの職員らも参加し、生活保護世帯を地域ぐるみで支える仕組みを考えている。
5月の勉強会では、ケースワーカーの経験がある埼玉県立大の長友祐三教授を講師に迎え、低所得者らへの関わり方を学んだ。
全国的に生活保護世帯や低所得者が増加していることを踏まえ、「声を上げられず置き去りにされている人もいる」と指摘し、地域に出向くことの大切さを訴えた。
15年度から始まった生活困窮者自立支援制度では、生活保護に至る前の支援も行うことになった。
長友教授は「ケースワーカーと共に地域を挙げて取り組む必要がある」と話した。
研究会の事務局長を務める上村さんは「ワーカー同士が連携することは良い仕事をするために必要。他地域の取り組みを学び、悩みを共有することでよりよい支援をする機会になっている」と話している。
<県内のケースワーカーの実態調査>
社会福祉法はケースワーカー1人の受け持ち世帯の標準を市部80世帯、郡部65世帯としている。
県立大の小沢薫准教授らが昨年行った調査では、回答者の4割が81世帯以上を担当。
うち約8割は世帯訪問を「計画通りにできていない」とした。3
0代以下が68%、ワーカー歴3年目以下が65%を占めるなど経験の少ない若手が多い職場であることも分かった。
〔◆平成28(2016)年7月13日 新潟日報 朝刊〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス