カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


ひきこもりの子ども

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索

ひきこもりの子ども

不登校の息子 身を削って教えてくれた幸せの意味
不登校とひきこもりを経験した息子(25歳)と母親(52歳)。苦しみの末に至った「ある境地」とは。
ひきこもりの子どもを持つ親たちは、どんな思いでいるのでしょうか。
また子どもたちとどのように接しているのでしょうか。
親の立場から「ひきこもり」を考える連載です。
岩手県北上市に住む後藤誠子さん(52歳)の次男(25歳)は、約10年前から断続的に、不登校とひきこもりを経験しました。
一時は親子ともに、死が頭をよぎるほどの苦しみを味わいましたが現在、後藤さんは息子に「あなたのおかげで、お母さんはこんなに楽しいよ」と繰り返し伝えているといいます。
こうした境地に至るまでの経緯を、後藤さんに聞きました。
●高1の夏に突然部活を早退
次男は子どもの頃、かんしゃく持ちでしばしば周囲とぶつかりました。
しかし成長するにつれて、意思や感情をあまり表に出さなくなったといいます。
「怒りを制御できるようになったと思っていたのですが、必要以上に感情を抑えつけていたのかもしれません」と、後藤さんは振り返ります。
彼は高1の夏に突然部活を早退し、その翌日から学校に行けなくなりました。
「部活の顧問が嫌いだ」とこぼすことはありましたが、それ以外に思い当たるきっかけはなく「少しずつつらさが重なり、限界が来たのでは」と、後藤さんは推測します。
本人は後に「高校デビューに失敗した」と話しました。
後藤さんは、自分よりも体の大きな息子を毎朝、引きずるように学校へ連れて行きました。
「私の感覚も正常とは言えず、パジャマ姿で登校させようとしたこともあります」。
本人は抵抗する気力もないのか、ロボットのようにされるままになっていました。
後に心療内科の医師に「ひきこもり当事者の親で、こんなに明るい人は見たことがない」と言われるほど明るい性格の後藤さんですが、当時は「人生は終わった。
この子を殺して自分も死のう」と、包丁を持って次男の枕元に立ったことすらありました。
次男は学校に行けない間、部屋でゲームをしたり、動画を見たり。
そんな弟を見て、優等生だった長男はいら立ちをあらわにしました。
「学校くらい行け」「恥ずかしい」と、馬乗りになって暴力を振るい「俺があいつを殺してやろうか」と後藤さんに言ったこともあります。
「弟が憎いのではなく、彼のことで私が泣いてばかりいるのに怒っていたのでしょう」。
後年、後藤さんが笑顔を取り戻すと兄も少しずつ変わり、再び仲の良い兄弟に戻りました。
●穴あき靴で原宿駅に来た息子 「死ねなくてごめん」と涙
次男は何とか高校を卒業すると、自ら望んで上京し、ギター制作の専門学校へ通い始めました。
¥不登校の間もギターは練習しており、路上ライブや文化祭のステージに立ったこともあったのです。
その年の秋、専門学校の文化祭で楽しそうにたこ焼きを焼く彼の姿を見て、後藤さんは「レールに戻ってくれた。もう大丈夫」と、胸をなでおろしました。
しかし、しばらくすると、突然「学校に行っていない」と本人から連絡が入りました。
¥後藤さんの頭にとっさに浮かんだのは「恥ずかしながら、お金のことでした」。
後藤さんは十数年前に離婚し、女手一つで兄弟を育てました。
苦しい家計をやりくりし、多額の学費と生活費を工面していたのです。
慌てて上京すると、次男はボロボロの服を着て、つま先に穴がパカパカと開いた靴で原宿駅に現れました。
骨と皮ばかりに痩せ、髪も伸び放題の異様な姿でした。
学校に通うよう説得すると、彼は「死ねなくてごめん」と言い、大粒の涙をこぼしました。
そこでようやく「学校やお金という次元の問題ではない」と、後藤さんも悟ります。
後で聞くと、次男は休日返上でギター制作に打ち込んだにもかかわらず、作業が一人だけ大幅に遅れてしまいました。
取り掛かるのに人一倍時間がかかり、細部にこだわって完璧に作ろうとする性格が災いしたのです。
筋金入りの音楽好きばかり集まった学校で、話題について行けず「話が頭の上を通過する」と落ち込みました。
そのうち、死ぬことばかり考えて3日絶食したり、ふらふらと外を歩き回ったりするようになりました。
「学費を工面した親のためにも頑張らなければ、と必死なのに、作業からも話題からも取り残されてしまう。
自分を追い詰め、疲れ果ててしまったのでしょう」。
次男は専門学校を退学し、帰郷。長男はすでに家を出ており、後藤さんとの二人暮らしが始まりました。
●「不安」は自分のエゴだった 子どもと自分を切り離す
次男は当初、アルバイトや自動車免許の取得に前向きで、後藤さんも「まだレールに戻れる」と期待していました。
しかし実際に動き出すことはできず、19歳になった頃から昼夜逆転のひきこもり生活を送るようになります。
後藤さんが「どうして教習所に行かないの?」と聞くと、次男はテーブルの下に潜り込み、頭をがんがんテーブルの裏側に打ち付けました。
最も焦りを募らせていたのは、彼でした。
後藤さんは、ひきこもりの子を持つ親の会や心療内科の家族相談会に通い「問題があるのは、次男ではなく私自身ではないか」という考えにたどり着きます。
彼が「レール」に戻らないのが、なぜ不安なのか……。
気持ちを掘り下げると、世間体を気にして、子どもたちにある程度の地位を得てほしいと願う、自分の「エゴ」が浮かび上がりました。
「自分の汚い、嫌な部分」と向き合うのは、つらい作業でした。
しかし、次男を心配することが、実は感情の押し付けにすぎなかったと気づき「次男と自分を切り離す作業をしよう」と思い立ちます。
後藤さんはまず、好きだった文章を書いてみようと、体験をつづったブログを立ち上げました。
不登校経験や生きづらさを題材にするシンガーソングライター、風見穏香さんの歌に感動し、地元に招いてライブも企画しました。
ライブを宣伝するためラジオ局に行くと「不登校やひきこもりについて発信する番組を作らないか」と誘われ、ラジオ番組のパーソナリティーに。
「笑いのたねプロジェクト」という任意団体をつくり、ひきこもり当事者の「居場所」となる集まりもリアルな場で開くようになりました。
最近は親を対象とした「オンライン相談室」も始めています。
後藤さんの姿は海外メディアにも取材され、世界に発信されました。
「自分の足で歩き始めたとたんに、周りに多くの人が集まり、助けてくれるようになったのです」
●私の笑顔は息子のおかげ 「そのままでいい」苦しむ親へ伝えたい
後藤さんは最近、子どものひきこもりについて苦境を訴える、ある母親からのメールに「そのままで大丈夫ですよ」と返信したといいます。
「私が悩んでいる時、一番言われたかった言葉です。
親が安心し、気持ちに余裕を持つことで、子どもにも少しずつ『生きているだけでいい』というメッセージが伝わり、少しずつ家が明るくなっていきます」
一方、次男もここ数年は夏場、製茶工場でアルバイトとして働き、精神・知的障害者らの通う多機能型事業所に通所しています。
さらに最近は編み物を始め、編みぐるみやバッグなどを販売するようになりました。
ここまで来るには紆余曲折(うよきょくせつ)もありました。
後藤さんが次男に「○○に行ってみない?」と提案しても、「はいはい」と受け流されたり、断られたりしたこともしばしばあります。
それでも「他人なので、彼の気持ちは分からない」と割り切り、役に立ちそうな情報を淡々と伝えています。
後藤さんは、不登校やひきこもり時代のつらい経験も、「あの苦しみがあったからこそ、今の二人がある」と考えています。
「幸せとはお金や学歴、就職先ではなく、心から笑顔でいられることだと、息子が身を削って私に教えてくれました。
そして今、次男の笑顔のおかげで、私も笑顔になれるのです」
〔2020年6/10(水) 日経DUAL取材・文/有馬知子 写真提供/後藤誠子〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス