カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


ひきこもり国語辞典・辞書編た行

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索


◎『ひきこもり国語辞典』を出版することになりました。
編集の事情があり、当分このページは取り下げます。

た行

たいいくのじゅぎょう (体育の授業) ⇒削除 運動が苦手なのでその日に体育があるだけで学校を休みたくなります。マラソン大会、運動会などでは本気で休もうと思うし、休んだこともあります。 ◇ 運動・スポーツが苦手なひきこもりの人は多いです。しかし、プロレスリングなどの格闘技、プロ野球やサッカーなどの球技の観戦愛好は別のようです。


たいけんき (体験記)   ◆(趣味創作) ひきこもりや不登校の体験記を発表する人がいます。創作活動の一つといえますが、ひきこもり当事者にとっては心理療法になることもあります。 〔本の出版〕 ひきこもりと周辺事情の体験記を出版した人。不登校情報センターに関係するのは次の四名です。水原香苗『学校なんてやだもんね』、三須かほり『マイペースがいちばん』、桜井愛『いじめとの九年戦争』(いずれも不登校情報センター監修、桐書房)、諸星ノア『ひきこもり セキラララ』(草思社)。


たからくじ (宝くじ) ⇒削除 少ない小遣いのなかから宝くじを買っています。絶対に当たりますように念じながら。多くの人は当たらなくても当然みたいに買うと思いますが、私の場合は貴重な生活費を使うので絶対に当たってほしいと思います。そこが違います。結局は同じとはわかっています。

たいけんき (体験記)   ◆(趣味創作) ひきこもりや不登校の体験記を発表する人がいます。創作活動の一つといえますが、ひきこもり当事者にとっては別の形の心理療法になるものです。 〔本の出版〕 ひきこもりと周辺事情の体験記を出版した人。不登校情報センターに関係するのは次の四名です。水原香苗『学校なんてやだもんね』、三須かほり『マイペースがいちばん』、桜井愛『いじめとの九年戦争』(いずれも不登校情報センター監修、桐書房)、諸星ノア『ひきこもり セキラララ』(草思社)。


つき(月)  カット絵 私は月に影響され振り回されています。満月の日は胸がざわざわして不安定になり、食欲が増して過食になったりします。からだのリズムも新月から満月に向かってゆるむ力が働くため、ピークの満月の日に食欲が出てしまうのは自然といいます。注意しつつコントロールしたいですが、うまくいかないこともあります。

つのがはえる (角が生える)⇒削除 だんだんと怒りが出てくる気分。以前はよく使われていたみたいですが、いまはあまり使われません。しかし、私のなかでは復活しています。思い通りに進まない、止まったままだと頭の片隅から怒りがわいてきます。人が関係すると怒りがその人に向かいます。それが角が生えるです。

てぃーじがた (T字型) ⇒?ですが 思春期から二十歳ぐらいまでの子どもが寝ている母親の布団に潜り込んでくるのはよくあるといいます。でもうちは三十歳を超えた息子です。私(母親)と話しているうちに私のおなかあたりに頭を置いてT字型の姿になって眠りこんでしまいました。ちょっと安らいだ気持ちになったのでしょうね。

てきぱき  流れ作業のある食品製造会社で短期のアルバイトをしました。自分が担当するところにもベルトに載って品ぞろえの順番が回ってきます。とろとろしていたら流れが止まるので、てきぱき動こうと思いました。そこにリーダーから「もっときびきびと!」と声がかかりました。何事にも動作が遅れがちで気にしていますが、てきぱきやきびきびをよく求められます。


でんしゃオタク (電車オタク)  ◆(趣味創作) 電車の写真を集めています。車両の種類などには詳しくなりました。知らない人でも電車の話をしていると聞き耳を立て、情報集めをしています。 ◇ 電車はいろいろな面から関心を持たれます。車両の機械設計図を集める、駅ごとのダイヤ改正表を作成する、山手線を何周も回る、写真を撮るなど。車いすの利用者を想定して地下鉄を含む多数の駅のトイレの所在場所を作成した人もいます。オタクは特定分野に関心をもち、情報集めでも特別な動きをします。対人関係の苦手なひきこもりが得意な分野に精通して社会とつながる一つの方法です。

たいけんき (体験記)   ◆(趣味創作) ひきこもりや不登校の体験記を発表する人がいます。創作活動の一つといえますが、ひきこもり当事者にとっては別の形の心理療法になるものです。 〔本の出版〕 ひきこもりと周辺事情の体験記を出版した人。不登校情報センターに関係するのは次の四名です。水原香苗『学校なんてやだもんね』、三須かほり『マイペースがいちばん』、桜井愛『いじめとの九年戦争』(いずれも不登校情報センター監修、桐書房)、諸星ノア『ひきこもり セキラララ』(草思社)。

ひきこもり国語辞典・辞書編あ行
ひきこもり国語辞典・辞書編か行
ひきこもり国語辞典・辞書編さ行
ひきこもり国語辞典・辞書編た行
ひきこもり国語辞典・辞書編な行
ひきこもり国語辞典・辞書編は行
ひきこもり国語辞典・辞書編ま行
ひきこもり国語辞典・辞書編や行
ひきこもり国語辞典・辞書編ら行
ひきこもり国語辞典・辞書編わ行


ひきこもり国語辞典に戻る

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス