カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


ひきこもり地域支援センター

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > ひきこもり周辺ニュース > ひきこもりの動き > ひきこもり地域支援センター

ひきこもり地域支援センター

お金で解決はNG…中年ひきこもりの親ができる“初めの一歩”
無理やり引きずり出しても逆効果
76歳の元農水事務次官が先月1日、自宅で44歳の長男を刺殺したニュースを見た瞬間、都内在住のAさん(60代後半)は背筋が凍ったという。
Aさんは都内の一流大を卒業し、メガバンクの役員まで務めた。
40代前半の長男もAさんと同じ大学を卒業後、一流企業に就職できたが、職場の人間関係に馴染めず、わずか2年で辞職し、ひきこもり状態に。
Aさん夫婦と同居している。
Aさんは「息子は暴力を振るうことはありませんが、常にイライラしていて、私らも気が休まらない。
今はまだ私も働いているので金銭的な問題はありませんが、正直お手上げです」と言って肩を落とした。
悩める親につけ込む悪質業者が最近、はびこっているという。
自立支援と称し、ひきこもりの子どもを自宅から無理やり連れ出し、軟禁状態に。
3カ月や半年で数百万円といった法外な料金を請求する――KHJ全国ひきこもり家族会連合会は6月23日、そんな「引き出し屋」と呼ばれる業者の実態把握に乗り出すことを決めた。
とはいえ、追い詰められた親はワラにもすがる思いで、「お金で解決できるなら」(Aさん)などと、冷静な判断ができなくなっている。
「そもそも、ひきこもりは3カ月、半年程度で解決できる問題ではありません。
実態のよく分からない民間業者に頼むのはやめた方がいい」と話すのは、ノンフィクション作家の黒川祥子氏。
不登校やひきこもりの取材を長年行っている黒川氏のアドバイスはこうだ。
「無理やり外に引きずり出すと、親に対する怒りを募らせ、事態がますますこじれます。
それより、まず行政に相談する。親御さんだけでいい。本人を連れて行く必要はありません。
各都道府県に設置されている『ひきこもり地域支援センター』を訪ねてみてください。
地域によって相談員の温度差があるので、必ずしも満足のいく対応をしてもらえない可能性はありますが、いずれにせよ、家族だけで解決するのは困難です。
とにかく外部に相談することが、解決の第一歩になります」
もし同センターの対応が不満だったら、その場で、他にどんな公的な相談窓口があるのかを教えてもらえばいい。
「短期間にお金で何とかなるなんて、あり得ません。
2、3年と長いスパンで見てください。親御さんが“外に出る”ことで意識も変わるし、家庭内の雰囲気も変わっていきます。まずはそこからです」(黒川祥子氏)
世間体というプライドを捨てられるか。“初めの一歩”は親からだ。
〔2019年7/4(木) 日刊ゲンダイDIGITAL〕

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス