カスタム検索(不登校情報センターの全サイト内から検索)

 
Clip to Evernote  Twitterボタン  AtomFeed  このエントリーをはてなブックマークに追加  


オバマケア代替案

提供: 不登校ウィキ・WikiFutoko | 不登校情報センター
移動: 案内, 検索
Icon-path.jpg メインページ > アメリカ > オバマケア代替案

オバマケア代替案

所在地 アメリカ

米上院共和党のオバマケア代替法案、党保守派4人が反対表明
「最も裕福な層への巨額の富の移転だ」-オバマ前大統領
米上院共和党指導部は22日、党内の穏健派と保守派の双方を取り込むことを狙った医療保険制度改革法(オバマケア)代替法案を公表したが、4人の党保守派の上院議員が直ちに反対を表明した。
ポール議員(ケンタッキー)は同日、クルーズ議員(テキサス)とジョンソン議員(ウィスコンシン)、リー議員(ユタ)と共にグループとして行動し、同法案の修正を求めて交渉する考えを表明した。
民主党が全員一致で反対していることから、共和党議員の造反が2人より多くなれば、上院通過は危うくなる。
「討議草案」として提示された同法案には、「保険取引所」を安定化させるために4年間で500億ドル(約5兆5600億円)の予算が盛り込まれ、保険会社を引き留める方法として、過去に共和党が批判した仕組みに依存する内容となっている。
富裕層や医薬品メーカー、保険会社の税負担を軽減する措置が盛り込まれるなど、下院で先月可決された法案との類似点も多い。
上院案ではメディケイド(低所得者向け医療保険制度)対象の縮小を下院案よりも緩やかにしているが、いずれの案も同制度の下での無制限の支給を打ち切る。
上院案では市場安定化資金として今後2年間で年150億ドル、2020年と21年にはそれぞれ100億ドルを充てる。
この資金はコスト負担補助金とは別に充当される。コスト負担補助金は19年まで延長される。
マコネル院内総務は上院本会議での採決を来週実施したい考え 共和党のマコネル上院院内総務(ケンタッキー)は、上院本会議での法案採決を来週実施したい考えを示している。
上院共和党ナンバー2のコーニン院内幹事(テキサス)は、党指導部が29日から修正条項の採決を行い、その翌日の午前に最終案の採決を行いたい考えだと述べた。
しかし来週の採決実施は共和党指導部にとってリスクを伴う。
ジョンソン議員は22日に記者団に対し、「賛成を決めるのに必要な情報をどうすれば1週間で得られるのか理解できない」と語った。
トランプ大統領は22日、上院共和党案は思いやりのある「素晴らしいものになるだろう」とホワイトハウスでコメントした。
一方、オバマ前大統領はフェイスブックで、同案は「ヘルスケア法案ではない。中間層と貧困家庭から最も裕福な層への巨額の富の移転だ」と批判。
小幅修正だけでは、共和党案の「中核にある根本的な低劣さは変えられない」と述べた。
〔ブルームバーグ 2017年6月23日〕

米上院共和党、オバマケア改廃案公表 保守派反発で先行き不透明
[ワシントン 22日 ロイター] - 米共和党の上院指導部は22日、医療保険制度改革(オバマケア)の改廃案を公表した。
富裕層向けの課税を撤廃する一方、コスト削減に向け、貧困層向けの支援を削減する。
草案は共和党のマコネル上院院内総務を中心に指導部が策定。すでに可決済みの下院案の骨組みをおおむね踏襲しているが、複数の主要項目で異なる内容となっている。
上院案では、オバマケアの原資となっていた富裕層向けの純投資所得税を廃止する。
共和党はこの富裕層向けの税をかねてから攻撃の標的としていた。
またオバマケアに盛り込まれているメディケイド(低所得者向け公的医療保険)拡大を2021─24年の3年で段階的に縮小し、2025年以降は下院案を上回る削減を実施する。
州がメディケイド対象者の一部に働くことを義務付けることも認める。
だが、上院案の発表後、ランド・ポール上院議員ら共和党保守派4人は「賛成票を投じる用意は整っていない」とする声明を発表。
ポール議員は「草案はオバマケアを撤廃していない」などとして、現在の形では賛成できないとの立場を表明した。
オバマケアの問題点の修正は支持するものの、撤廃には応じない構えの野党・民主党指導部も即座に法案を批判した。
共和党保守派4人の支持が得られなかったことで、法案の行方は不透明だ。
民主党は共和党から3人の造反者を確保するだけで、廃案に持ち込むことができる。
〔ロイター 2017年06月23日〕

米下院、オバマケア代替法案を可決-共和党は僅差で面目を取り戻す
米下院共和党は4日、同党がまとめた医療保険制度改革(オバマケア)代替法案を217対213の僅差で可決させた。
同法が制定されれば数百万人が医療保険を失うとの報告が出ており、上院では同法案がこのままの形で通過する可能性はほとんどない。下院の採決では共和党議員の20人が反対し、賛成した民主党議員はいなかった。
ロイ・ブラント議員(ミズーリ州)ら複数の上院共和党議員は、単に下院を通過した法案を取り上げるのではなく、上院独自の代替案をまとめると述べた。
トランプ大統領はホワイトハウスのローズガーデンで、「保険料は下がり始めるだろう」と述べ、オバマケアは「死んだも同然だ」と話した。
ライアン下院議長は保険会社が一部の州でオバマケアからの撤退を決定していることに言及し、「住民が購入できる医療保険がない州で、オバマケアは何を保護するというのか」と発言。
「この破綻した法律、失敗した実験を葬り去ることができるようになった」と話した。
過去数週間、全米各地で開かれたタウンホール形式の集会では、共和党案が通れば医療保険を失うとの懸念を抱いた有権者から議員が厳しく追及され、共和党の穏健派は同法案の支持に二の足を踏んでいた。
オバマケアが柱としていた個人への医療保険加入義務づけ、さらには従業員への医療保険提供を大半の企業に義務づける措置を代替法案は撤廃する。
メディケイド(低所得者向け医療保険)拡大が抑制され、オバマケアの財源を担っていた富裕層や保険会社、医薬品メーカーには1兆ドル相当の税負担軽減になる。
共和党は同法が制定されれば、市場原理に基づいた制度により、医療保険の適応範囲に関する判断で国民の裁量の幅が拡大すると主張する。
オバマケアでの補助金をやめて、年齢や所得に応じた税控除に置き換える。
〔ブルームバーグ 2017年5月5日〕 

【ワシントン時事】トランプ米大統領が、医療保険制度改革(オバマケア)の撤廃・代替法案の下院通過に執念を見せたのは、発足から100日を経ても政治実績がない自身のメンツを保つためだ。
制度導入に伴う財政試算などは後回しで、実現性に疑問符が付く「ギャンブル」(ウォール・ストリート・ジャーナル紙)と受け止められている。
トランプ大統領は3月、真っ先に立法化を目指したオバマケア代替法案の採決に失敗。
政権運営能力を問う声が一段と強まった。
支持率が歴史的な低さにとどまる中、事態打開へ新たな代替案の早期採決にこだわった。
政権と共和党執行部は法案通過を優先し、党内反対派に妥協。
既往症を持つ人が保険に入れなくなる恐れがある仕組みや、その反発を抑えるために80億ドルの援助措置を含めるなど、法案はさまざまな要求を継ぎはぎした「パッチワーク」(米メディア)になった。
中立機関の議会予算局(CBO)は3月、当初の代替法案について、10年後に無保険者が2400万人増えるといった影響を試算した。
だが政権は今回、CBOの新たな試算を待たず、来週の下院休会前の採決を議会に迫った。
トランプ氏は「素晴らしい勝利だ」と初めての政治的な実績を強調。
「次は税制改革をやり遂げる」と述べ、政策運営に弾みをつける意欲を示した。
だが、下院通過ありきで、財源など多くの課題を素通りしたかに見える法案の先行きは見通せない。(2017/05/05-08:31)
〔時事ドットコムニュース 2017/5月5日(金)〕 

オバマケア代替法案、米下院を通過 マーケティングを仕組化して会社・組織・人を変えていく
残業を最小に!時間管理が「うまい組織」は、ここに気をつけている!追加プロジェクトにも余裕の対応?
米下院が医療保険制度改革法(オバマケア)の代替法案を賛成多数で可決した
ワシントン(CNN) 米下院は4日、オバマ前政権下で成立した医療保険制度改革法(オバマケア)の代替法案を賛成多数で可決した。オバマケアの内容を骨抜きにして、医療保険制度を大幅に刷新する内容。
同法案は今後上院に送られるが、与党共和党の内部では保守派と中道派の間で激しい対立が続いており、成立までには難航が予想される。
ホワイトハウスで共和党議員とともに姿を現したトランプ大統領は、代替法案の成立に自信を示し、オバマケアは「実質的に死んだ」と発言。代替法案について「これは素晴らしいプランだ。もっと良くなると思う。これでオバマケアを撤廃し、入れ替える」と語った。
下院の採決では共和党議員のうち217人が賛成し、20人が反対に回った。野党民主党は全員が反対票を投じた。
〔CNN 2017.05.05〕 

オバマケア代替案、無保険者2400万人増 予算局が試算
クラウド会計ソフトが、いま使われている--パッケージからクラウドに移行した方がいい理由はこれだ!
共和党の代替案によって無保険者が2400万人増加するとの試算が発表された=CNNMoney/Healthcare.gov (CNN) 米議会予算局(CBO)は13日、オバマ前大統領の医療保険制度改革(オバマケア)の代替案として与党・共和党が発表した法案が実際に施行された場合、保険に加入していない国民の数は2026年までに2400万人増えるとの試算結果を発表した。
CBOは連邦議会の付属機関で、中立の立場から議会にさまざまな情報を提供している。
オバマケアが国民皆保険を目指して医療保険への個人加入を義務付けたのに対し、共和党は保険料の高騰などを理由にその撤廃を主張。今月6日に代替案を発表していた。
CBOが上下両院合同租税委員会とともに出した試算結果によると、共和党の代替案ではメディケイド(低所得者層向け医療保険制度)の加入者が18年までに500万人、26年までに1400万人減少する。オバマケアによるメディケイドの拡大措置が段階的に停止されるためだ。
個人保険の加入者は18年までに600万人減少するものの、26年には200万人減まで持ち直す見通し。
これは、雇用主に従業員への医療保険提供を義務付けているオバマケアが廃止されることによって、多くの企業が保険の提供を打ち切り、個人保険に頼る人が増えると考えられるためだ。
結果として、26年の時点で医療保険に加入していない国民は、現行のオバマケアを続けるなら推定2800万人とされるのに対し、共和党案では5200万人に上る見通しだという。
CBOは一方で、共和党案を採用した場合、今後10年間で連邦政府の財政赤字を3370億ドル(約39兆円)削減できるとの見方を示した。
個人保険の保険料は18~19年にいったん最大で2割上がるもののその後は下がり始め、26年には現行より平均1割ほど下がっていると予想される。
ただ、保険料の負担がかえって大きくなるケースもある。
一例として、64歳で年間所得2万6500ドルの人が26年に支払う年間の保険料を計算してみよう。
オバマケアなら補助金が支給されて1700ドルで済むのに対し、共和党案では1万4600ドルに跳ね上がる。
一方、オバマケアで補助金対象にならない高所得層は年齢にかかわらず、共和党案のほうが負担が軽くなる。
〔CNN 2017.03.15〕 

2月27日、トランプ米大統領(写真)は、ホワイトハウスで大手保険会社と会談し、医療保険制度改革(オバマケア)の代替案への円滑な移行に向け、業界の支援を要請した。
24日撮影(2017年 ロイター/Jonathan Ernst)
トランプ米大統領は27日、ホワイトハウスで大手保険会社と会談し、医療保険制度改革(オバマケア)の代替案への円滑な移行に向け、業界の支援を要請した。
大統領は「米国民をオバマケアから救うために共に取り組まなければならない」とし、さらなる競争を生み出し価格を著しく引き下げることが必要だと述べた。
「新たな案への円滑な移行を確実にするため」トム・プライス厚生長官に保険会社と協力するよう指示したことも明らかにした。
会合にはユナイテッドヘルス、アンセム、エトナなどが出席。
出席者には、オバマケアの医療保険取引所に参加している会社に加え、オバマケアの個人向け保険事業の大半、またはすべてから撤退した企業も含まれた。
個人向け保険市場の競争を増やしコストを抑制するには、保険会社の参加が必要。
トランプ大統領はオバマケアの代替案に関して詳細をまだ明らかにしていないが、会合では、医療貯蓄口座の拡大などが含まれると述べたほか、各州が一段の柔軟性を持つことを望むとした。
*写真を差し替えます。
〔ニューヨーク 2月27日 ロイター〕 

個人用ツール
名前空間
変種
操作
案内
地域
不登校情報センター
イベント情報
学校・教育団体
相談・支援・公共機関
学校・支援団体の解説
情報・広告の掲載
体験者・当事者
ショップ
タグの索引
仕事ガイド
ページの説明と構造
ツールボックス